鬼。。。

そんなわけでちょっとだけ余裕が。
というか、もう、何したっておんなじだ~ね。
あきらめもついたぜ。
どうでもいいや、どうでも(笑

しかし、まだ若いやつらは人生をあきらめてるわけじゃない。
M1達は就職活動開始です。
今は好景気だからね。
この時期にちゃんとやればちゃんと就職できます。

で、先日、はりきって説明会にでようとして、ジジィに休みをもらいに行ったM1の話。

M1「あのジジィ、最悪だ…。」

なにをいまさら(笑
で、今度は何があったのよ?

「あのジジィ、おまえはドクターに行くんだからそんなものに行く必要はないって言うんです。」

…おまえ、ドクターに行くの?

「行くわけないじゃないですか。
あんなのにいくのはあほなやつだけです。
いったって就職が悪くなるだけじゃないですか。」

…orz
おまえ、なにげに毒吐いてるけど…。

「そういうこと行ったら、あのジジィ、普段は技術者は馬鹿がなる職業だ見た稲子というくせに、ドクター卒業してから技術者になればいいとかっていいだすんですよ。」

…orz
いたい…いたい。。。。。。。。

「そんの、学費と時間の無駄じゃないですか。
奴隷のように扱われたあげく、就職は自分で何とかしろって言うなら今、なんとかしますよ。」

………
お前らは鬼か…。
コメント ( 23 ) | Trackback ( 3 )

はい、しゅう~りょう~。

というわけで、教授にD論のゲラ渡して着ました。

まぁ、見ないだろうけどね(笑
ぎりぎりまでwww

うちの学部だと
博士論文は3月終了の場合、
10月1週目ゲラ提出
10月~3週までさらし
四週目ぐらいに副査によるテスト
11月2周目予稿提出
12月1週目までさらし
12月2周目に公開審査会
1月2周目に本稿提出およびさらし
2月2週目に認定会
3月2週目にD号授与

さらしというのはそのまんまで、会議室に原稿と要旨がならび、学内の人間は誰でも見れる。
まぁ…文句を行ってきたという話は聞いたことがないが。

この認定方法というのは各大学どころか各学部によってもだいぶ違うようだ。
要旨発表会というのがあるところもあるらしい。(二回も発表すると言うことか?)

どうなるんやろうな、俺(笑
…まぁ…ゲラ渡したといったところで実験はしてるんだけどw
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

必要のない人材

博士課程51年ぶり定員減 国立大、受け皿不足背景
2006年 8月30日 (水) 18:51
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060830/20060830a4810.html(共同)

 文部科学省は30日、国立大の来年度入学定員を公表した。1956年度から増加を続けていた大学院・博士課程の定員が本年度より118人少ない1万4282人となり、51年ぶりに減少に転じた。

文科省は「博士クラスの人材は企業など社会の受け皿が不足しており、大学側が需要に合った定員見直しを進めていることの表れ」とみており、減少傾向は今後も続く見通しだ。

文科省によると、国立大の博士課程入学定員は56年度の2304人から年々増え続け、96年度には1万人を突破。2003年度以降は年100人前後の「微増」が続いていた。
---------------------------------------------------------------


……
………
まぁ、別にいいんだけどさ。
逆に言うと、今まで社会が要求してない人材を育ててきましたってことだろ?



まぁ、これからもそうなんだろうけど。
社会に要求されない人材を生み出す大学…。
しかも博士課程…
二十後半にもなって社会に必要でないって言われる身になれ…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

評価

「給料返せ」…独「教授採点サイト」に猛反発 (産経新聞)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/16726/
【ベルリン=黒沢潤】ドイツの大学生が担当教授を採点した内容を誰でも閲覧できるインターネットのサイトが独教育界で物議を醸している。賛辞とともに辛口評価も書き込まれ、政府系データ保護機関が運営方法の変更を迫る事態に発展している。

 このサイトでは、国内2万4600人の教授の指導法や公平さ、学生へのサポート、教材の良しあしなどが5段階で評価され、授業のコメントも掲載されている。今月中旬には200万件のアクセスがあり機能が一時パンクするほどの人気だ。

 「授業内容が無味乾燥ではなく、興味深い」「誰にでも推薦できる」。高得点の教授には賛辞が並ぶが、低得点の教授には「あの教授の授業に出席するのは悲劇だ」「肌の色(人種)で学生を差別する」「給料を返還すべきだ」などの辛口コメントが目立つ。

 評価は、教授の実名とともに公開されているだけに、低評価を受けた教授たちは猛反発し、サイトの閉鎖を求めている。

 行きすぎた書き込みもあり、政府系データ保護機関は運営者にネット上で評価を公開する際に教授の許可を得るなどの条件を受け入れるよう要求した。今月末までに従わない場合、サイトの閉鎖や最高25万ユーロ(約3750万円)の罰金を科す事態もあり得る。

 ドイツの大学はこれまで原則無料だったが、近い将来、有料となるのは確実なだけに、学生は教授の質に敏感だ。サイトの趣旨に賛同し、手弁当で学生側の相談に乗るブレーメンの弁護士、ラムベアト・グロスコプフ氏(52)は「教授は公人であり、評価を受けて当然」と話すのだが…。
----------------------------------------------------


まぁね、評価されるほうからすれば余計な事なんだろうけどね。
でも個人的中傷以外は基本的に認められるべきだと思うけどね。
許可を得た教授だけってのは無理だろw

実は、うちの教授は2chに書き込まれた事があるんだけどね、
「とても専門知識があるとは思えない」
とか。
「授業と関係ないことをしゃべって講義時間をオーバーするのはやめてくれ」
とか。

で、ばれて犯人探しをしろとかほざいてたけど…。
……。

最近は授業評価というのがうちの大学にも導入されてるわけだけど、まぁ、みんな適当に書くのか、「まぁまぁ」「おおむね良好」みたいなとこに○するわけ。
それはそれでいいんだけど…。
たまに「良くない」とかってところに○してるやつを見ると激怒してね。
またまた犯人探ししろとかほざいたり。
そのアンケートを次の講義の時にみんなの前で破いたり。
ちょっと常軌を逸している…。

こういう教授の存在が許されてるってことのほうが中傷よりはよっぽど重要な問題だと思うけど。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 7 )

生きてます…

みなさ~ん!!
生きてますか~~?

わたし?
う~ん…。
生きてる死体?

まぁ、どうでもいいですね。
どうでも(笑

それよりぷ~たろのほうが現実味を帯びてきたぜw
ポスドクになる気は失せてるからな(笑
まぁ、どうでもいいかw

それより、いまさらですが、亀田ですね。。。
正確には亀田父。
普段、挑発してるのに自分が挑発されると「殺すぞ」とほざくあたり、知能の高さを物語っています。
それをわざわざ朝にテレビで言うんだからステキです。
きっと彼らは殴り合いをテレビで見せたいだけなんですよ。
ボクシングはしてないんです。

そこを間違えると変な誤解が生まれますね。。。
ボクシングは頭を使う、クレバーなスポーツですよ?

大学では頭を使わずに、ジジィのいうことをうんうんって言ってれば学位はとれます。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 2 )
« 前ページ