かりんとう日記

禁煙支援専門医の私的生活

セカンドオピニオン

2016年10月19日 19時15分24秒 | 気になる人々

職場の病院に寄付したワタシのピアノ。

いつでもコンサートでお披露目できるように、調律をしてもらっておこうと、ネット広告に出ていた斡旋会社に電話した。

ほどなく市内の河合楽器から連絡があり、とりあえず「無料見積もり」をしてもらうことに。

約束した日時にやってきたのは、30代とおぼしき女性。

ピアノのなかから取り出した古いカードを見たら、最後に調律したのはなんと昭和52年という記録。

ひととおり眺めての診断は、「ここでの作業はできません。古い弦は切れる可能性がありますから、責任持てません。浜松の工場に運んで、弦を全部交換し、ハンマーのフェルト部分も交換が必要です。」

 

「(どんな人が演奏するにしても)とても弾ける状態ではありませんね。あとで見積書を郵送しますが、だいたい30万くらいかかります。買い替えしてもいいくらいじゃないですか?電子ピアノにでもしたらどうですか?」

 

ショックったらない。

運搬や初回調律費などの初期費用は全部自分もちという条件で、病院に寄付を許してもらった(?)ような状況である。

まさかそこまでは想定していなかった。

 

けれど、ここであきらめてはいけない。

 

買い替えろだって?

ネエさん、そんなに簡単に言うもんじゃないぜ。

アタシの気持ち、ぜんぜんわかってないね!

 

で、セカンドオピニオンを受けることにした。

電話をしたのは、ネット上での評価が高い昭和楽器。

仲介会社などに安易に電話せず、最初からリサーチすればよかった。

 

まず電話に出たのが元気なおばちゃん。

会社は隣県であるけれど、「はーい、無料見積もりですね~!行きますよー!担当の者から連絡させますから~♪」

30分くらいで担当の人から折り返し電話。

こんどは、いかにもこの道50年って感じのおじさん。

電話口の感じがこれまたいいから、ついつい傷心のアタシはKAWAIのおねえちゃんに言われたことを報告し、おじさんに訴えた。

 

「うちはね、お客さんの要望になるべくあわせますよ。10年以上たった調律は割高にはなりますけどね、工場に運ぶなんてことはしませんから。弦が切れるかもって?ガハハハ(笑)めったにそんなことないし、私は慎重にやりますから。YAMAHAさんだったらね、まだまだ大丈夫ですよ」

 

これだけで、だいぶ気が楽になった。

もちろん、昭和のおじさんには、見ていただくことにした。

 

がんばれアタシ!

がんばれ、アタシのピアノ!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 龍紋 | トップ | 訃報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。