かりんとう日記

禁煙支援専門医の私的生活

音楽会で流す涙

2017年01月25日 20時49分54秒 | おんがく

やっぱり、本番直前までバタバタと落ち着かなかった。

患者さんたちが会場に集まり、そろそろ入場しようかという時になって病棟からの電話に対応せねばならなかったりで、全然余裕がないまま本番開始。


前回のコンサートは夏だったし、フラの伴奏で歌もうたったけれど、今回はテンションが全然違った。

以下にプログラム

ルビンスタイン作曲「メロディ」(クラリネットトリオ)
M.W作曲「情動」(ピアノソロ)
エルガー作曲「愛の挨拶」(チェロとピアノ)
カーペンターズ「青春の輝き」(クラとピアノ)
ラヴェル作曲「ボレロ」(クラリネットトリオ)
「明日があるさ」(クラリネットトリオ)


ピアノソロや「青春の輝き」の時は、脇で聴いていたのだけれど、自分が子供の頃に弾いていたピアノがまた音楽を奏でているのがすごく感慨深く、思わず泣けてきてしまった。
思わずホロリどころの話ではなく、クラのOさんの演奏中ほぼ号泣。


あとで聞いたら、患者さんや職員の多くも、もらい泣き(?)してたそう。

涙の理由は人それぞれだろうけれど、音楽に心揺るがされて涙を流すって、すごくありがたい出来事だ。

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 波乱 | トップ | モチベーション »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おんがく」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL