かりんとう日記

禁煙支援専門医の私的生活

ささやかな幸せ

2016年10月12日 08時32分10秒 | 気になる人々

なんだか急に寒くなった。

特に仕事場の部屋は、病院内のほかのどの場所よりも寒く感じる。

とにかくあるものを着たり、膝にかけたりして寒さをしのいだ。

 

だから今日は晴れていても、タイツをはいた。

今期初のタイツ登場!

 

この時期、毎年、放射線技師科の学生4名が実習に来ている。

約二ヵ月半という長い期間だ。

彼らと接触するのは、放射線を使う気管支鏡検査のときや、実習半ばに行う喫煙防止・禁煙治療の講義。

 

学生をいじくる、いや、指導するのは好きだから、いろいろと彼らと話をする。

 

昨日はうれしいことがあった。

 

医師、看護師、放射線技師が一緒に行っている気管支鏡検査を見学中の学生を指導しているとき、チーム医療について話が及んだ。

 

『専門性を深めるっていうこともすごく大事なんだけど、あまりにも専門性重視でいくと、こういうチーム医療の現場では気をつけないと落とし穴ができちゃうからね。ほら、小学生のとき、掃除の仕方で教わらなかった?』

 

これで、「ああ!」とすぐ反応した女子学生がいた。

 

「廊下の拭き掃除・・・ですね」

『そうそう! 1組の廊下はこの線まで、この線からむこうは2組、ではなくて、すこし境界をはみ出して拭くんだよって教わったよね! チーム医療もそういうことが大事だから』

 

こういう同じ感覚、同じ価値観を持った相手と出会えると、人生楽しい。

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サリーに捧ぐ「亡き王女のた... | トップ | ナースコールと柿の帯留 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。