Cellologue

チェロとの対話、チェロローグへようこそ!
趣味のチェロはもちろん、コーギー、ジープ、廃城など、お楽しみに!

2016シーズンの薪搬入

2016年11月05日 | 薪ストーブ
 今日、今シーズン分の薪がトラックで到着した。いつものように2トン。3人がかりでトラックから下し、置き場に積み上げた。すべて手作業。3人で30分で終了した。昨シーズンの薪が場所塞ぎなのが心配だったが、いつもどおりの場所に収まった。

 今回は、焚き付けの廃材も余っていたのだが、うち、3袋が日光によると思われる劣化でボロボロになってしまった。破れて廃材がこぼれそうで、実際、あっけなくこぼれてしまった。想定外である。今夏の日差しが特に強かったのか、製品の性能なのか、化学変化なのかは分らないが、どうしようもないので、別の袋に入れ替えるしかなかった。ついてだから、小さく割ってから詰め替えた。この作業で半日かかった。おかげで、せっかくの小春日和の好日が肉体労働で終わってしまった。いやはや。

 ともあれ、今回は昨年より3週間ほど遅くなったが、余った薪は多いし、寒さもまだなのでまずまずのタイミングだ。早く寒くならないかな(笑)。

 写真は、今年の薪の表情(上)。
 劣化してボロボロ状態の袋(下)。製品の性格上、丈夫なはずはないのだが、今まではこんなことはなかった。端材がこぼれる以上に袋の細かい破片が飛散するので困った。こんなこともあるのだ。



 Nikon D7100/AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G, AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR II
 
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オットテール | トップ | 秋の日のヴィオロンチェロの溜息 »

コメントを投稿

薪ストーブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL