Cellologue

チェロとの対話、チェロローグへようこそ!
趣味のチェロはもちろん、コーギー、ジープ、廃城など、お楽しみに!

ベルトー VS サンマルティーニ

2017年05月04日 | 音楽について
冒頭から結論を書くことになるが、すでに知られた事実であるのでお許しを願いたい。実は、「サンマルティーニのチェロ・ソナタト長調」はサンマルティーニの作品ではなかった。

発端は、イギリスの古楽雑誌、『アーリー・ミュージック』(1989年8月号)に発表されたジェーン・アダス〔発音不詳〕(Jane Adas)の論文「いとも名高きベルトー」〔意訳〕("Le célèbre Berteau") だった。この中で、当時、有名人だった伝説のチェリスト、マルタン・ベルトーについて、また、彼の作品の印刷譜の書誌的な研究結果が論じられた。
それによれば、1748年にパリで刊行されたマルティーノと作曲者表示のあるソナタ集(作品1)が、いわゆるサンマルティーニのソナタ・ト長調を含む作品集のオリジナルであるという。この初版本は、フランス国立図書館に2部、大英図書館とボローニャ市立音楽図書館に1部づつ遺されている。
このソナタ集は、その後だいぶ経った1772年に第2版が出版され、この時は晴れて本名、マルティーノ(マルタン)・ベルトーが表示された。初版に変名を表示したのは、作曲者の出版を巡る経済的な諸事情があったことによるらしい。

初版出版から160年以上が過ぎた1911年、ひとりの人物がこの楽譜を「発見」した。アルフレッド・モファット(Alfred Edward Moffat, 1863-1950)は、古い音楽を発掘することに情熱を傾けていた音楽家であったが、この表紙から作曲者をサンマルティーニに結び付けてしまった。音楽史の知識が仇となったのかも知れない。致命的だったのは、彼が第2版を見ることがなかったということだ。モファットが第2版のベルトーの名前を見ていれば、彼がサンマルティーニの作品としてこのチェロ・ソナタを出版することはなかったかも知れない。

モファットは発見と同時に、この作品1の第3番、ト長調をサンマルティーニ作曲として出版した(1911年)のだが、悪いことに、彼はオリジナルに手を入れて書き直したり、第2楽章の重音を全廃し、第4楽章自体を省略してしまった。モファットの肩を持つわけではないが、これはこの時代としては致し方ないことのように思う。
しかし、楽譜は広がり、3年後の1914(大正3)年には早くも録音が行われ、レコードが発売された。その後もいくつかの録音が続き、演奏会でも取り上げられるようになり、しだいに「サンマルティーニのチェロ・ソナタト長調」はチェリストのレパートリーとして定着していく。偽装サンマルティーニの独り歩きが始まったのである。そして、それ以降は、ご存知のとおりである。

ベルトーとして、ピリオド楽器で演奏している動画です。演奏は、ラ・プティット・バンドのロナン・ケルノア。好演だと思います。第3楽章まで。
Ronan Kernoa: Berteau: Sonata terza


ベルトー VS サンマルティーニ
ベルトー VS サンマルティーニ(続)
ベルトー VS サンマルティーニ(付録)
ベルトー VS サンマルティーニ(ディスコグラフィー1)
ベルトー VS サンマルティーニ(ディスコグラフィー2)
ベルトー VS サンマルティーニ(ディスコグラフィー3)
ベルトー VS サンマルティーニ(ディスコグラフィー4)
ベルトー VS サンマルティーニ(エピローグ)
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麗しの五月 | トップ | ベルトー VS サンマルティー... »

コメントを投稿

音楽について」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL