Cellologue

チェロとの対話、チェロローグへようこそ!
趣味のチェロはもちろん、コーギー、ジープ、廃城など、お楽しみに!

音の春

2017年04月05日 | 身近な自然
鳥つながり、です。

最近、お天気キャスターなどが、光の春、音の春という言葉を使うようになった。以前から使っていたのかも知れないが、私にはなじみがない言葉だった。
日本起源の言葉なのか、外国語の直訳なのか詳しいことは知らないが、光の春が先にやってきて、続いて音の春らしい。暗い冬から明るい日が差して雪解けのせせらぎが歌い、鳥も啼き始めるという情景の描写らしいことは分った。
ここのところ、十分に明るく、暖かい。今朝は、青空をバックに梢でシジュウカラが歌っていた。当に音の春の到来を実感した。まもなくヒバリも歌いだすことだろう。沈黙の春より、うるさいくらいの春がよい。

そうそう、ウグイスの初鳴きは既に先月聞いていた。初鳴きとは言うが、正確には初聞きであろう。まだたどたどしい囀りだった。たどたどしいとは言え、人間のスケールを当てはめてはならないだろうと思う。鳥は鳥で、別に練習をしてうまくなろうと思っているのかどうか分らないではないか。練習しても全然うまくならないチェロ弾きも、いるのだし。
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アトリ | トップ | 花冷え »

コメントを投稿

身近な自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL