Cellologue

チェロとの対話、チェロローグへようこそ!
趣味のチェロはもちろん、コーギー、ジープ、廃城など、お楽しみに!

アトリ

2017年04月02日 | 身近な自然
今日はアトリを見ていた。
たまの日曜日なのに急用が入り昼間の時間が潰れてしまった。予定していた練習時間もなくなり、夕方になってから汚れたジープの窓掃除をしていた。その時、見知らぬ小鳥が飛来、すぐ近くの藪に入った。鳥までは5メートルくらい。すぐに野鳥観察モードに入ったが、見たことのない種だ。大きさはスズメ大。黒い頭にわき腹と羽根のオレンジ色が目立つ鮮やかな体。ジョウビタキでもないしカワラヒワでもない。ましてや、アカハラでもない。

持つ手を雑巾から 幸い胸ポケットに入っていたiPhoneに持ち変えカメラモードにした。野鳥が逃げないようにだるまさんが転んだ方式で微速前進。だが、駐車場の網目フェンスが邪魔をしてピントが鳥に合わない。もろにオートフォーカスの限界にはまったか、と思いながらも証拠として撮影強行。その間、鳥君の方も枝にとどまってくれていたので、数カット撮影できた。

後で図鑑を調べてみるとアトリ(アトリ類)だった。それほど珍しい鳥ではないらしいが、私は初めて遭遇した。頭が黒いからオス、一足早い夏羽のようだ。これも季節の移ろいだろう。偶然とはいえ、目の保養になったし確認できた鳥の種類が一種増えた。長生きはするものだ(笑)。

写真はiPhoneの画像をトリミングしたもの。無理に拡大しているので汚い画像になってしまったし、小さくて識別が難しいが、メモ的には使える。条件が悪くてもとにかくメモ代わりに1、2枚撮っておくことだ。蛇足だが、こういう場合は、ドライブレコーダーよろしく動画撮影する方が今風だし、ベターだったかも知れない。

iPhone5s
『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPhoneが教える季節の変化(と... | トップ | 音の春 »

コメントを投稿

身近な自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL