らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・サイファ

サイファ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ベイマックス

2016年12月27日
ベイマックス。録画してあったのを見ました。ストーリーも絵も良くできているなという印象。ただ、お手本のようにセオリーどおりに作られているからか、俯瞰というか冷静に分析しながら見てしまってました。決して面白くないわけじゃないんだけど、心が揺さぶられなくて物語に入り込めなかった感じ。これ日本の宣伝ではマシュマロボディの癒し的な部分を全面に出していたけど、本国ではヒーローものっぽい感じの宣伝だったんだよね。そしてそっちのほうが正確に内容を表している気がする。ディズニーの日本向け宣伝は日本人受けを意識しすぎてずれてる。カールじいさん然り。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケート ソングCOLLECTION

2016年12月27日
Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケート ソングCOLLECTION。買いました。やっぱり勇利のSPとFSがいちばん好きかな。愛について~Eros~とYuri on ICE。ユリオのFSも好き。JJのは嫌でも印象に残る(笑)。JJガールズのコーラスはないけども、脳内で勝手に補完されてしまう。オタベックのはSP・FSどちらも勇ましくて個性的。ユリオのエキシビションってあったっけ? どこで使われてたかちょっと思い出せない…。ユリオの趣味なんだろうなというメタルっぽい曲でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

イーグル・アイ

2016年12月22日
イーグル・アイ。録画してあったのを見ました。意思を持った人工知能が独善的な論理で暴走する話。というのが中盤くらいにならないとわからないので、序盤は何が起こってるのかわからずモヤモヤしながら見てました。それがわかったあたりから面白くなってきます。ジェリーが選ばれたのはイーサンと双子だったからだけど、レイチェルが選ばれたのはどうしてだろう。単に利用しやすかったから? 子供の存在も含めて。ジェリーは自分を犠牲にして国を護ったのか…とせつなくなってたら、なんか生きてた(笑)。死んでた方が物語的には良かった気がするけど、まあハッピーエンドの方がアメリカらしいかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドクターY ~外科医・加地秀樹~

2016年12月17日
ドクターY ~外科医・加地秀樹~。ドクターXのスピンオフ。最初のナレーターで大笑い。出オチ感がすごい…と思ったけど、ちゃんとドラマ本編も面白かったです。ドクターXだと未知子と比べてしまうからアレだけど、加地もそれなりに優秀なドクターなんだな。謝礼大好きなのはいかがかと思うが(笑)、青臭い理想を語るだけで患者を助けられない医者よりは数倍マシ。ただ情報は共有しておかないとねと思う。確信はなくても虫垂癌かもしれないということを伝えておけば、勝手に執刀しなかっただろうし。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

甘やかしてあげる~副社長とナイショの同居生活!?~

2016年12月14日
甘やかしてあげる~副社長とナイショの同居生活!?~。買ったのではなくプレゼント企画でいただきました。TL本は買ったことなくて手にするのもこれが初めてです。けっこうきわどい挿絵が多いんですね。まさかそんなシーンの挿絵があるとは思わず、外で読んでいたわたしは「ひえっ?!」となりました(笑)。ストーリーは、恋愛物にありがちなすれ違いとかはあんまりなくて、ほのぼの甘ラブが大半。ラストのほうちょこっとだけそういう要素はあるけど、えげつなくはない。嫌な気分になることなく最後まで楽しく読めました。文章も読みやすいのでサクッと読めます。糖分補給したいときにおすすめ!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

進撃の巨人(21)限定版

2016年12月10日
進撃の巨人(21)限定版 (2016/12/09)。エルヴィンはまだ生きてると思ったけど、さすがにアルミンはもう死んでると思ってました。あれでまだ息があったとは…。巨人化の力を手に入れなければ死んでしまう状況で、でもそれはひとつだけしかない。まあ私情に走ってしまうのも致し方ないよね。若ければなおのこと。エレンとミカサの場合は性格的なものもあるし。状況を考えればエルヴィンしかありえないけど、ストーリー的にいえばアルミンになりそうな…と思ったら、やっぱりアルミンか。最終的にその選択をしたのはリヴァイ。アルミンを生かすべきと考えたわけではなく、エルヴィンをここで休ませてやりたかったから。要するに私情で選んだってことだよね。多分いちばん冷静だったのはハンジ。でもリヴァイが情に流されやすいわけじゃなく、それだけ彼にとってエルヴィンが特別なんだなと。地下室にあったのは三冊の本。グリシャが書き記したもののようです。グリシャが生まれ育った壁外の話。エルディアとマーレのどちらの歴史が真実か、あるいはどちらも違うのかはまだわからない。獣の巨人はグリシャの息子ということですかね。つまりエレンの腹違いの兄…あの父親の被害者だとか、洗脳されているとか言ってましたね。彼には彼の言い分があるようで。どうして「楽園」に来ることになったのかも気になるところ。特典の小説のほうはまだ読んでいません。これから読んでいきます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

知りすぎていた男

2016年11月27日
知りすぎていた男。録画してあったのを見ました。1956年の映画。サスペンスのわりに緩やかに進行するけど、これはこれでわかりやすくて面白かったです。マッケンナ一家は大迷惑もいいところだな。勝手に疑われて、勝手に重大な情報を託されて、そのせいで息子が誘拐されて。政治家が暗殺されるから警告を、ってただの医師にそんなことを託すなよと思う。あとその政治家の名前くらい言ってくれないと。アンブローズ・チャペルって仲間の名前かと思ったら敵の巣窟じゃないか…。まあ話している途中で亡くなってしまったので仕方ないけど。コンサート中にシンバルの音のところで、というのは他の映画でも見たけど、これが元ネタだったのかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明智警部の事件簿 (5)

2016年11月26日
明智警部の事件簿 (5) (2016/11/17)。完結でした。ちゃんと伏線も回収してきれいに終わってくれました。もう誰の助けも求めない、ってちょっと寂しいし悲しいけど…。ずっとそう思ってきたのならそれでいいけど、巻き込んでしまったことを後悔して、そういう結論に達したというのがせつない。小林君だけじゃなくみんなまっすぐで、いいチームみたいになってきて、明智も居心地よく感じていたみたいなのに。だからこそ自分が許せなかったのも。これまで人に頼ることをしなかったのに、柄にもなく頼った結果がこれという。気持ちはわからないでもないけどね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

金田一少年の事件簿R (11)

2016年11月26日
金田一少年の事件簿R (11) (2016/11/17)。まあ顔がわからない状態という場合、たいていは別人だもんね。ミステリやサスペンスの場合。DNA鑑定はすり替えられないように目の前で取らないと駄目だよね。警察ならそうするけど自主的に調べるときはそこまでしないか。しかし入れ替わりとか人間関係とかややこしすぎて、読んでるときは納得してるんだけど、あとで考えようと思うと混乱する。鏡花が怪しげだったのに関係なかったのか? と思ったら、めっちゃ悪女でした…はじめちゃんの推理は当たってるのかな? だとしたら、蒼葉のことはあんまり大事に思ってなかったのかな。そんな危険な白蛇をそうとは知らせずに預けてたなんてさ。噛まれたら死んじゃうのわかってるわけだし…死んでもいいと思ってたのかな。蒼葉が不憫。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

追跡者

2016年11月24日
追跡者。録画してあったのを見ました。逃亡者のスピンオフになるのかな。ジェラード連邦保安官を主役にした話。なんだけど、わりと逃亡者側の視点で描かれているので、ジェラードが主役なのかどうか微妙な感じ。個人的には逃亡者のほうが断然面白かったです。追跡者は序盤でだいたい話が読めちゃうからな。逃亡劇もいまいち面白みに欠ける。まあそれなりには楽しめるんだけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年11月22日
卍。録画してあったのを見ました。1964年の映画。人妻が同性愛に走る倒錯的な官能劇…ということなんだけど、そういう倒錯とか官能とかいう感じは全然しなかった。光子は最初のほうは小悪魔的で惹かれるのもわかるんだけど、途中からだらしなくてわがままなだけに見えてきた。それでもふたりが執着し続けるのがわからない。人の気持ちなんて理屈じゃないんだろうけど、見ている側としてはモヤッとする。殺されるんじゃないかと思いつつも離れられないって…意地になってるだけかな。光子が何を考えているのか最後までわからなかった。彼女は何をしようとしていたの? 彼女の気持ちはどこにあったの? 実は何か大変なことを企んでるんじゃ…と思ってたけど、あっさり心中してしまったし、その心中の真相もわからないままだし。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

逃亡者

2016年11月20日
逃亡者。録画してあったのを見ました。たぶんこれまで3回くらい見ているはずなのに、結末が思い出せなかった。めっちゃはっきりと憶えてるシーンもあるんだけどね。病院に潜入してなりゆきで男の子を助けるところとか。で、あらためて最後まで見てみて、友人が不正をしているのはわかったけど、なんで妻を殺したのかいまいち釈然としない。妻を殺して主人公を陥れるんじゃなく、主人公を殺したほうが早いんじゃ。妻の最後の電話もどういうことなんだっけ。うーん、わたし何か見逃したのか聞き逃したのか…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

陰謀のセオリー

2016年11月17日
陰謀のセオリー。録画してあったのを見ました。話が半分くらいしかわかってないかも。もう一度見ればわかるのかもしれないけど、まあいいや。最初のほう、主人公は陰謀論に取り憑かれた頭のいかれたストーカーにしか見えなかったけど、だいたいそのまんまだった(笑)。自分を殺しに来るというのは陰謀でなく事実だったけど、実際に頭はちょっとおかしくされていたし、悪意はないにしろ一目惚れでずっと見守ってたわけだし。敵側が違法な人体実験的なことをして人を暗殺者に仕立て上げてた…というのはわかったけど、何の組織なんだろ。FBIかCIAかと思ってたけど違うみたいな??
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ