らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「東京ラビリンス」番外編・いつか恋になる - 思いがけない少女

 ガシャッ――。
 南野誠一はさきほど殴られた左腕に痛みを感じながらも、先輩の岩松警部補が地面に取り押さえた男の両手首に、ひとつずつ確実に手錠をかけた。暴れていた男の体からようやく力が抜ける。
「3月21日14時18分、公務執行妨害の現行犯で逮捕だ」
 岩松警部補が乱暴に男の細腕を掴んで立たせ、腕時計を見ながら言う。
「濡れ衣だ! 俺はやってねぇ!」
「話は取り調べのときにな」
 そっけなく受け流しつつも油断する様子は微塵もない。決して逃がさないとばかりにがっちりと腕を掴み、体を寄せて塀に押しつけ、いくつもあるブルゾンのポケットを探り始める。武器になるようなものがないか確認しているのだ。ただでさえ屈強な体躯の岩松警部補にそこまでされては、手錠をかけられた細身の男にもはや逃げるすべはないだろう。

 この男は、数年前の殺人事件で指名手配されていた容疑者である。
 別件で岩松警部補とともに聞き込みにまわっていた誠一が、通りかかったコンビニ店内にいたこの男に気付き、尾行して寂れた路地裏に入ったところで声をかけた。その途端に誠一を殴り飛ばして逃走しようとした男を、岩松警部補が取り押さえ、とりあえず公務執行妨害の現行犯で逮捕した――というのが事の次第だ。
 誠一は子供のころから映像や画像を記憶するのを得意としていた。文字や図形は駄目だが、顔や服装は一目で細かいところまで覚えられるのだ。警察官になってからは特別指名手配犯の顔をすべて頭に叩き込んだ。それが六年目にして初めて役に立ったのだから、自覚はなかったが浮かれていたのかもしれない。

 トゥルルルルル、トゥルルルルル――。
 ふいに岩松警部補の携帯電話が鳴った。まだブルゾンのポケットを探っている途中だったが、男を誠一に預けると、背を向けてその場から離れながら電話に出る。相手はどうやら捜査一課長のようだ。聞き込みの件に加え、指名手配の男を現行犯逮捕したことも報告している。
 誠一は岩松警部補の方に若干気を取られながらも、男の腕を押さえつけてポケットを探ろうとする。ブルゾンはほぼ岩松警部補が確認したはずなので、前屈みになってジーンズに手を伸ばした。自覚はなかったがあまりにも軽率に。そのとき――。
 ドゴッ!!
 突如下腹を蹴りつけられて後ろに吹っ飛び、とっさに受け身を取りながら地面に倒れ込んだ。アスファルトの上で下腹を押さえながら背中を丸め、くぐもった呻き声を上げる。
「南野?! おい待てコラッ!!!」
 岩松警部補はすぐさまこの事態に気付いてくれた。倒れた誠一には駆け寄らず、ためらうことなく逃走する男の方を追う。当然だ。刑事としてこんな危ない男を逃がすわけにはいかない。誠一も痛みに顔をゆがめつつあとを追って駆け出した。
 足は岩松警部補より誠一の方が速い。いつしか先行していた彼を追い越し、男との距離も徐々に縮まっていく。手錠をかけられたままでは走りづらいのだろう。再び取り押さえられるのも時間の問題と思われた。しかし――通りに出ると、男はジーンズのポケットからナイフを取り出して振りかざした。
「チキショーッ!!!」
 前方を歩いていた黒髪の少女に狙いを定めたように、両手でナイフを振り上げたまま突進していく。むきだしの刃がキラリと光った。
「逃げろーーーっ!!」
 誠一があらん限りの声で叫ぶと、ナイフに気付いた周囲の人々から悲鳴が上がり、振り向いた少女は声もなく目を見開いた。足が竦んだのか逃げる気配はない。男はすぐ目前まで迫っていた。もう間に合わない――視界が絶望に塗りつぶされるかと思った、その瞬間。
 ズドン!!
 男の体が宙を一回転して背中から地面に叩きつけられた。少女が腕を取って投げたのだ。すぐさま手首を叩いてナイフを落とし、それを素早く蹴り飛ばして男から遠ざける。瞬く間の出来事だった。そのあまりにも鮮やかな一連の行動に、誠一は唖然として思わず足を止めてしまう。
「え、何なの?」
 少女は男の喉元を押さえて組み敷いたまま、両手を繋ぐ手錠を見て困惑する。
 誠一はハッと我にかえり弾かれたように駆け出した。
「すみません! 大丈夫ですか?!」
 少女のまえに勢いよくひざまずいて顔を覗き込むと、彼女はすこし驚いた様子でこくりと頷いた。遅れて来た岩松警部補は息をきらせつつ警察手帳を見せ、少女に礼を言いながら男の身柄を引き受ける。男は意識こそ失っていないものの、ぐったりとして立つのが精一杯という感じだ。抵抗する力はもう残っていないだろう。

 しばらくして、応援に来た警察官たちに男を連行してもらった。静かに遠ざかるパトカーを見てほっと一息つく。まわりの野次馬もすぐに霧散するように消えていった。
「それじゃあ、私、もう行きますね」
「待ってください」
 誠一があわてて呼び止めると、帰ろうとしていた少女はきょとんと小首を傾げる。長い黒髪がさらりと揺れた。
「すみません、調書の作成にご協力いただきたいのですが」
「それって何をすればいいんですか?」
「警視庁の方で事件について話を聞かせていただければと」
「警視庁?! 今から行くんですか?」
「都合がつかないようでしたら後日でも構いませんが」
「今からで大丈夫です」
 彼女は笑顔でそう答えてくれた。
 こちらの失態で危険な目に遭わせたうえ、さらに時間を取らせるなど心苦しく思う。だが、それでも調書の作成には協力してもらわなければならないし、おそらく未成年であろう彼女の保護者にも連絡しなければならない。
「本当に申し訳ありません」
「そんなに気にしないでください」
 本来はこちらが気遣わなければならないのに、年若い少女に逆に気遣われるなど、大人としてどうなのかと情けなくなる。しかしながら、今の誠一には謝罪以外にできることは何もなかった。

 彼女には、誠一の運転する車で警視庁まで来てもらった。
 空いている会議室に通していちばん奥の席を勧め、その斜め向かいに岩松警部補と誠一が座る。数席離れたところには生活安全課の女性警察官もいる。対象が女性なので念のため同席してもらったのだ。調書のための聞き取りは誠一と岩松警部補が行うことになっている。
「じゃあ、まず名前を教えてくれるかい?」
「橘です」
 岩松警部補が尋ねると、彼女は凛とした声で名乗って学生証を差し出した。それは、誠一でも名前を知っている有名な学校のものだった。中等部とあるので中学生だろうか。今より若干あどけない顔写真の横には「橘 澪」と氏名が書いてある。
「タチバナ……ミオ、ちゃん?」
「レイって読みます」
 彼女は岩松警部補の読み方をそう訂正し、よく間違われますけど、と言いそえて軽く肩をすくめる。確かに「澪」はミオと読むのが一般的かもしれない。だがレイと読んでももちろん当て字ではない。岩松警部補もふむと頷く。
「なるほどレイちゃんか、いい名前だな」
「私も気に入ってます」
 彼女は嬉しそうにそう言い、エヘッと笑った。
 現場でも思ったが、あらためてじっくり観察してみてもやはりかわいい。まず顔が驚くほど小さい。肌は透けるように白くすべらかで、ぱっちりとした目は漆黒の瞳が印象的、鼻は小ぶりながらすっと筋が通っており、小さな薄紅色の唇はやわらかそうに見える。背中の中ほどまである黒髪は絹のように艶やかだ。身長は成人女性の平均よりやや高いくらいだろうか。頭は小さく、手足は長く、細身ですらりとしている。といってもファッションモデルのようなギスギスした痩せ方ではなく、全体的にしなやかで適度にやわらかそうな感じさえする。
 ひとことでいえば美少女だ。それもテレビや雑誌でさえめったにお目にかかれないレベルの。こんな子が、まさかナイフで襲いくる男を冷静に投げて取り押さえるなど、この目で見なければとても信じられなかっただろう。
「中等部ってことは中学生? 年はいくつ?」
「15歳です。中学はこのまえ卒業しました」
「じゃあ、四月からは高校生になるんだ?」
「はい!」
 黙ってすました顔をしていればもっと年上に見えるかもしれないが、素直な表情や口調はやはり年相応の中学生といった感じだ。それまで黙って岩松警部補に任せていた誠一は、話が途切れたところを見計らい、用意していた紙と鉛筆を彼女の方へ差し出した。
「澪ちゃん、これに住所、氏名、電話番号を書いてくれる?」
「はい」
 岩松警部補につられて「澪ちゃん」と呼んでしまったが、彼女は特に気にする様子もなく鉛筆をとった。しばらく黙々と記入したあと紙と鉛筆をまとめて誠一に戻す。そこにはくせのない読みやすい字で、住所、氏名、電話番号がきちんと書かれていた。
「ありがとう、ご両親に連絡したいんだけど家にいるかな?」
「えっ、どうして?」
「澪ちゃんを巻き込んだことを説明する義務があるんだよ」
 彼女の顔が曇った。まるで両親に連絡されることに不都合があるかのように。しばらく逡巡すると、ふっと何かあきらめたような曖昧な微笑を浮かべて口をひらく。
「両親はほとんど家に帰ってきません」
「お仕事?」
「はい。でも家には執事の櫻井がいるので、電話して事情を話してもらえれば、両親か祖父に話がいくと思います。本当はこのくらいのことでお父さまやお母さまの仕事を邪魔したくないんですけど、義務なら仕方ないですもんね」
 ――執事?
 その非日常的な単語にそこはかとなく嫌な予感が湧き上がる。岩松警部補も同じ気持ちだったのだろう。ちらりと物言いたげな視線を誠一に向けると、すぐに住所の書かれた紙を手にとり立ち上がった。
「南野、おまえは澪ちゃんから事件の話を聞いといてくれ」
「はい」
 ちょっと待っててな、と彼女の頭にぽんと大きな手を置いてそう言い、岩松警部補は静まりかえった会議室をあとにする。何でもないふうをよそおっているが、おそらく内心は動揺していることだろう。誠一と同じように――。

 事件の話といっても、一瞬の出来事だったので彼女から聞けることはそう多くない。
 一通り聞き終わると、人なつこい彼女に誘導されて何となく雑談の流れになった。彼女は刑事や警察のことに興味があるらしく、刑事ドラマでの描写は本当なのか、どうやって捜査して逮捕するのか、事件のないときは何をしているのかなど、目を輝かせてあれやこれやと尋ねてきた。答えられる範囲のことは答えたが、離れたところに座っている女性警察官のあきれたような咎めるような視線が痛い。はしゃぐ女子中学生に笑顔で応じたのがいけなかったのだろうか。別に浮かれているわけでも下心があるわけでもないんだけどな、と胸の内で独りごちる。
 そのとき、カチャッと扉が開いて岩松警部補が顔を覗かせた。彼は会議室には入ってこず、無言のまま戸口で顎をしゃくって誠一を呼びつける。誠一は緊張しながらも顔には出さずに立ち上がり、すこし待っててねと彼女に言い置くと、女性警察官にあとを頼んで会議室を出た。
「あの子、どえらいところの御令嬢だったぞ」
 人通りのない会議室前の廊下で、岩松警部補は疲れたように小さく吐息を落とし、くしゃりと頭をかきながらそう前置きした。予想していたことなので驚きはしなかったが、やはり緊張は高まる。固唾をのむ誠一に、彼はちらりと視線を流して静かに口をひらいた。
「彼女の祖父は橘財閥会長の橘剛三氏、母親は天才科学者の橘美咲女史だ」
「…………」
 想像をはるかに超える名前に、声も出ない。
 橘剛三は、その方面に疎い誠一でも名前を知っている財界の大物である。警察庁の幹部と懇意にしているとも聞いている。そして、橘美咲は次期ノーベル賞候補と噂されているほどの人物だ。研究者としては異例の若さで成果を上げている。橘剛三の娘ということもあり大きな話題になっていた。
 もちろん逮捕した犯人に逃げられるなど大失態であり、そのせいで少女を危険にさらしたのも事実なので、相応の処分を受ける覚悟はしていた。しかし、もはや相応の処分ではすまない事態になってきた――誠一は顔をこわばらせてうつむく。その頬にはついと一筋の汗が伝った。


…本編・他の番外編・これまでのお話は「東京ラビリンス」でご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・遥

遥。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「招き三毛猫の事件(後編)」

少年探偵団。みんないろいろ持ち歩いてるなぁ。元太の絆創膏はわからないでもないけど、毛糸とかクリップとか…。鞄は持ってないのでわざわざポケットに入れてきたんだよな。あ、毛糸はあやとり用かな?

佐藤刑事のマットレスは高級品でふかふか…高木刑事はうっかり口をすべらせすぎですね。捜査一課でもたびたびこんな失言やっちゃってるんでしょうか。みんな怒りに打ち震えてるんじゃないかな(笑)。灰原に与太話とばっさり斬られてたのには笑ったけど。乳繰り合ってるとかも言ってましたね。けっこう手厳しいというかすごく不機嫌そう。あれか、リア充爆発しろ的な?

そして目暮警部には「寝ぼけてるの?」と言い放ちましたよ。うわぁ。猫には優しいけど大人にはほんと厳しいな。しかし、子供たちに頼りきりで察しも悪いとなると、毒舌のひとつでも吐きたくなりますね。今回の刑事たちはほんと何の役にも立ってない。

前回のおばあさんはちゃんと自分のところの猫を見つけていたんですね。コナンのアドバイスが効いたのかな?

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・沙耶

沙耶。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・遥

遥。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「招き三毛猫の事件(前編)」

喫茶店ポアロの三毛猫の話。そういえば存在を忘れかけてたけど、安室はまだポアロでバイトしてたんですね。正体バレてるのに悠長な…というか、かえって不気味ですよねぇ。コナンも手をこまねいているしかないのかな。ほぼ毎日(?)バーボンが下にいるんだから落ち着かないだろうね。

喫茶ポアロが雑誌の取材を受けて三毛猫の大尉の写真も掲載されたけど、それを見て飼い主という人物が3人も現れました。でもコナンにとってはさほど難しくない事件。灰原には表情だけで見抜かれてます(笑)。ひとりは稀少なオスの三毛猫を手に入れようと、ひとりは預かったネコを逃がしたからその代わりにと、もうひとりが本当の飼い主。

フリーターがあの三毛猫をオスだと思ったのは大尉くんと書いてあったからってだけ? 大雑把だな。そしてまたたびとかせこい手を…。女性はなぁ…気持ちはわからないでもないけど、飼い主には速攻でばれると思うよ。いい大人なんだからその場しのぎにもならないことをしないで、きちんと正直に話して謝ろうぜ。その前に見つかってくれればいいんだけどね。

英理は「あの怖いおばさん」…子供は容赦ない(笑)。そんな言い方されたら娘としてはちょっと複雑だよね。たとえ本当のことだとしても。いや、でも子供たちにそんな怖いところ見せてたっけ。小五郎に対しては怖い態度をとってたりするけど。雰囲気がきついってのはあるか。

安室はさすがというか小五郎の扱い方をよく心得ていますな。黒の組織ともなれば、沖野ヨーコサマーライブのプレミアシートのチケットくらいたやすく手に入れられるんだろうな。でも、小五郎ならヨーコちゃん本人から招待してもらえるんじゃ。さすがにプレミアシートは無理なのかな。

前編って書いてあったのに解決しちゃったような…と思ってたら、飼い主の人が何か事件に遭ったのか。猫アレルギーらしいけどそれも絡んでくるのかな。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「東京ラビリンス」番外編・ボーダーライン - ネクタイ

「おはよう、佐藤くん」
 始業間際に登校した佐藤隼人は、自分の席に着こうとして隣から声をかけられた。振り向くと、クラスメイトの橘澪がこちらを見上げながらにっこりと笑っていた。びっくりして心臓が口から飛び出しそうになる。これまで話したこともない彼女にいきなり笑顔で挨拶されたのだ。それもアイドルなど比べものにならないくらいの美少女なのだから、女子にあまり免疫のない佐藤がうろたえるのも無理はない。しかし、彼女の席はここではないはずなのにどうして――。
「ちょっと事情があって、遥と席を替わることになったんだ。今日からよろしくね」
「あ、うん……こちらこそ」
 心臓が壊れそうなほどドキドキしながら、どうにか返事をして席に着く。
 ふと前を見ると、もともと彼女が使っていた中ほどの席には、きのうまで佐藤の隣にいた遥が座っていた。彼は澪の双子の兄である。さすがというか双子だけあってそっくりで、男子とは思えないほどきれいな顔をしているが、それでも男子なのでときめくことはなかった。せいぜい見とれるくらいである。
 事情があって席を替わったと彼女は言っていたが、どんな事情なのだろう。言葉を濁しているということは、知られたくないのかもしれない。もしかしたら自分に関係があるのではないか。とても気になるが詮索するだけの度胸はなかった。

 事情は、聞かずともすぐにわかった。
 きのうまで彼女の隣に座っていた山田という男子が右腕を骨折しているのだが、遥がその面倒を見ているのである。そうするために山田の隣に席を替えてもらったということだろう。これまで二人が親しくしていた印象はないので不思議だったが、今はつきっきりでかいがいしく世話を焼いている。給食まで食べさせてあげるくらいだ。自分が知らなかっただけでもともと親友なのかもしれない。
 それにしても、遥がこれほどまで積極的に他人の面倒を見るとは意外だった。決して冷血なわけでも陰気なわけでもなく、必要があれば普通に話をするが、基本的に無駄なおしゃべりはせず、ほとんど表情を変えることもなく、いつもどこか近寄りがたい雰囲気を醸し出していた。整った繊細な顔がなおさらそう感じさせるのだろう。
 そのミステリアスな横顔を隣からひそかに盗み見るのが、佐藤は好きだった。単純に顔がきれいだからというだけである。いわゆる目の保養だ。彼が男子であることはわかっているので変な気持ちはなかった。しかし、今は彼とそっくりのとてもきれいな顔をした女子が隣にいる――。

「じゃあ、毎日埼玉から通ってきてるの?」
「うん」
「すごい! 時間もかかるし大変だよね?」
「でも、僕がこの学校に行きたかったから」
「えらいなぁ、ちゃんと自分で決めたんだ」
「そんなこと……」
「私なんかおじいさまの言いなりだもん」
 澪は給食の牛乳を手に持ったまま、エヘッと笑う。
 彼女が隣に来て三日目。最初のうちはガチガチに緊張していたが、彼女が人なつこく話しかけてくれるので、だいぶ普通に話せるようになっていた。特に給食中はとりとめのない話をすることが多く、そのささやかな時間がとても楽しくて嬉しくて待ち遠しい。
 もちろん、彼女の行動に特別な意味がないことはわかっている。男子も女子も関係なくフレンドリーに接する性格なのだろう。ほかの男子とも気軽にしゃべっているのをよく見かけるし、それに――男子のネクタイを締め直していたことさえあるのだから。
 その相手は先日まで澪の隣に座っていた山田である。彼のネクタイがゆるんでいることに澪が気付いて、締め直してあげたという感じだった。異性と話をするだけでからかわれるような小学校に通っていた佐藤にとって、その光景は衝撃だった。見てはいけないものを見た気がして、思わず物陰に隠れてしまったくらいだ。
 もしかしたら付き合っているのではないかと思ったりもしたが、そういうわけでもなさそうだった。ただ単に席が隣だから親しくしているだけのように見えた。現に、今は新たに席が隣になった佐藤と親しく話をしている。あのころの山田と同じように。
 だとしたら、自分にもチャンスはあるんじゃ――。
 隣でパンをちぎりながら食べている澪の横顔を見ながら、ごくりと唾をのむ。あのすらりとした白い指が首元に触れ、小さくて色白できれいな顔が至近距離に来て、大きな漆黒の瞳をじっと向けられる――想像しただけで体が熱くなる。無意識にネクタイの結び目に手をかけると、紅潮した顔を隠すようにうつむいた。

 その様子を、遥が冷たい横目を流して見ていたことに、佐藤は気付いていなかった。

 翌日、ほんのすこしだけネクタイをゆるめて登校した。
 もちろんそんなにうまくいくとは思っていない。けれど、こっそりと期待するくらいは許されるだろう。もし本当にそうなったらと考えるだけで興奮する。心を躍らせながら、いつもより軽い足取りで教室に向かっていると――。
「うわっ!」
 いきなり横から腕をとられて男子トイレに連れ込まれた。わけもわからず、すぐ横の壁にドンと乱暴に押しつけられる。目の前にいたのは無表情の遥だった。
「え、なに……ぐぇっ!」
 無言でネクタイを力いっぱい締め上げられ、首まで絞まった。それでも彼の手は緩まない。ミチミチとネクタイが嫌な音を立てる。女の子のように細くてきれいな手からは想像もつかない馬鹿力だ。声も出せないまま意識が遠のきかける――と、ふっと力が緩んだ。ゲホッとむせ、ゼイゼイと荒い息で酸素を吸い込む。
「ネクタイ、ゆるんでたよ」
 彼はそう言って、何事もなかったかのようにネクタイの結び目を解いて締め直した。すらりとした白い指が首元に触れ、小さくて色白できれいな顔が至近距離に来て、大きな漆黒の瞳をじっと向けられる――望んだ光景だが、望んだ相手ではない。いったい何が起こっているのか理解できず、ただ頭が真っ白になる。
「ねぇ、どうしてネクタイゆるんでたの?」
 近すぎる距離で、遥はすこし背の高い佐藤をじっと見つめたまま尋ねる。何を考えているのか表情からは読み取れない。きれいな白い手はいまだネクタイに添えられている。佐藤はドクドクと激しく鼓動が暴れるのを感じながら、目をそらした。
「そんなの、知らない……」
「ネクタイがゆるんでるなんて初めてだよね」
「たまたまだよ……今日、寝坊したから……」
「そう、これからは気をつけてね」
 遥は淡々とそう言い、手にしていたオレンジ色のネクタイをブレザーの中におさめた。そして呆然と立ちつくしたままの佐藤を残し、素知らぬ顔で男子トイレをあとにしようとする。しかし、扉に手をかけたところでふいと振り向くと、挑発的な目で佐藤を見つめ、小さなくちびるをかすかに弧の形にする。
「ゆるんでたら、また僕が締め直してあげる」
 その声には、残忍な愉悦のようなものが含まれていた。
 佐藤はゾクリと身震いする。彼が扉を開閉して出て行くあいだも、足の震えが止まらなかった。多分、すべて知られていたのだ。佐藤がどういうつもりでネクタイをゆるめていたのかも、澪に対してどういう気持ちを抱いていたのかも。これは、間違いなく警告だ――。
 始業のチャイムが聞こえたが、しばらくのあいだそこから動くことができなかった。


…本編・他の番外編・これまでのお話は「東京ラビリンス」でご覧ください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ