青の祓魔師 第16話「賭」

しえみがやったことって、以前、燐がクロにやったことと同じですよね。しかし、クロでも怖かったけど、クロどころじゃないもんな。しえみは度胸があるのか、何も考えていないのか…。とりあえず、燐がどうしてこうなっているのか、この時点ではわかってなかったわけですよね? 上手くいったから良かったけど…。ていうか、クロはどこにいるんだろう?

現パラディン登場。シュラの上司でもあるらしい。なのに、あんまり従おうとしてないシュラが何気に良かった。問い詰められても「ちげーよ」とか、のらりくらり答えてるところが何か好きでした。

雪男はみんなに燐のことを正直に話しました。どうなることかとヒヤヒヤ。でも、子猫ちゃん以外はわりと反発してないんですね。その子猫ちゃんも1回言っただけみたいな。もっと葛藤や対立があると思ったんだけど。特に勝呂は青い夜のせいでひどい幼少期を過ごしてきたわけで。内心は葛藤してたのかなぁ。しえみは受け入れること以外考えてなさそうだけど、他の人の立場がわからなくてもやもやする。悩みつつ流されてるんだろうか。燐を前にしたら反発が出てきたりしそうな気も。

燐の持っていた刀はもともと勝呂のところにあったものらしい。どうして燐が持っているのか不思議に思わなかったのかな。相当すごい刀だってことは知ってたんですよね??

このねーちゃんが刀鍛冶…?? 勝呂の幼なじみなんですね。なんだこの緊張感のなさ(笑)。プロポーズって小さい子供のころの話だと思うけど、それにしても、勝呂がそんな簡単にプロポーズしちゃうなんてビックリだぜ。何気に楽しい幼少期を送ってたんじゃないか(笑)。彼女まだ若いみたいだけど、親とか師匠みたいな人はいないんだろうか。もう完全に独り立ちしているの? 名前も受け継いだの? なんかどうも若すぎて納得がいかないというか。末裔であっても、彼女が倶利伽羅を作ったわけじゃないんだし、経験豊富な人にやってほしいような気が…。彼女がものすごく天才とかいうなら仕方ないけど。

お寺で精神攻撃。これも悪魔なのか。雪男は「兄さんを守るために強くなる」のですね。勝呂はやばいかな、と思ったけど意外と大丈夫でした。サタンの息子がサタンをぶっ倒す理由を聞きたいって…うん、確かにそこは気になるだろうけど。育ての父を殺されてる…ってのはまだ知らないんだっけ。

メフィスト、何かを仕掛けているみたいですね。何を考えているのかわからない奴だけど(言っていることが真実とは思えない)、これで彼の狙いが少しは見えるかな。いや、そう簡単にはわからないかな。

細かいことでごめんなさいだけど、メフィストたちの方と、雪男たちの方の、時間の流れ方に違和感を覚えてしまった。京都で刀鍛冶に会って、説明して、お寺に取りに行って、戻ってきて…という間、メフィストたちの方はほとんど進んでいない気がして。何時間かは経ってると思うんだけど、ずっと同じような話を繰り返していたのかなぁ。査問ってそういうもんか。

うーん、なんか上手くいえないけど、今までと急に流れが変わった気がして戸惑う。今まではテンポが良くて、まとまりも良かったのに…。アニメオリジナルになったからかどうかはわからないけど。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )

「東京ラビリンス」第16話・親子

「今まで師匠と何してたわけ?」
 若干の怒りを含んだぶっきらぼうな口調。
 剛三の書斎へ向かう途中、並んで歩く遥に、澪は何の前置きもなくそう尋ねられた。一瞬、きょとんとしたものの、すぐに言わんとすることを理解する。後ろで手を組み合わせてくすっと笑うと、少し前屈みになり、長い黒髪をさらりと揺らしながら彼を覗き込んだ。
「遥だって三者面談のあとごはん食べに行ったじゃない」
「僕はごはんだけで、その日のうちに帰ってきたけどね」
 遥はツンと答えるが、澪は目を輝かせて無遠慮に踏み込んでいく。
「ね、ごはんのとき、師匠と二人でどんな話をしたの?」
「内緒」
「男どうしの話って聞いたけど……」
「ノーコメント」
「ちょっとだけでも」
「言わない」
 遥の態度は、悠人以上に取り付く島もなかった。当てが外れて、澪は拗ねたように口をとがらせる。
「じゃあ、私も答えない」
「いいよ、別に」
 自分から訊いたにもかかわらず、もう興味をなくしたかのように、彼は涼しい顔でそう受け流した。これでは澪の方が困ってしまう。募る悔しさに眉をひそめながらも、ぼそりと小声で言い訳をする。
「ホテルのプールで泳いだだけだからね」
「一晩中?」
「まさか。もちろん部屋には泊まったけど……」
 三者面談が終わったあと、埠頭で海を見てから食事に行き、その後ホテルのスイミングプールで泳いだ。久しぶりに悠人と50mのタイムを競って、何度挑戦しても勝てなかったけれど、一時でも面倒なことを忘れられて凄く楽しかった。いい気分転換になったと思う。
 そして、夜はそのホテルに泊まったが、やましいことなど何ひとつない。
 子供の頃はよく一緒に寝ていたし、今も泊まりがけで下見に行ったりしている。結婚の話が出てからは、さすがに多少は意識もするが、何もしないという彼の言葉を信じているし、これまで実際に何も起こっていない。そんなことは遥も知っているはずなのに、今日に限って何を気にしているのか、澪にはわからなかった。
「師匠と結婚することに決めたの?」
「……そんなの、まだわからないよ」
 単刀直入に不躾なことを訊かれ、澪は少しムッとする。それでも遥は容赦なかった。
「早く決めなよ。これじゃ二股だよ」
「二股って……師匠とは、別に……」
 澪には二股を掛けているつもりなど微塵もない。それだけに、遥の言葉には軽く衝撃を受けた。きっぱりと否定すべきだったが、口から出た言葉は、なぜか自信のなさそうなたどたどしいものだった。
 彼は前を向いたまま付言する。
「それに、先延ばしにすればするほど傷つくことになるから」
 澪は小さく首を傾げた。
「誠一が?」
「二人とも」
 先延ばしにすることで誠一の傷が深くなるのは、何となく理解できなくもないが、澪の傷も深くなるというのはどういうことだろうか――その理由が掴めず悩んでいると、遥はふと思い出したように尋ねる。
「それよりテレビは見た?」
「えっ? テレビ?」
 澪はさらりと黒髪を揺らして振り向き、ぱちくりと瞬きをした。

「怪盗ファントムが狙っている『ある少女の肖像』について教えてください」
 最前列の若い女性レポーターが、パイプ椅子から立ち上がって尋ねた。
 すると、この会見の主役と思われる恰幅のいい男性が、フラッシュを浴びながら、勝ち誇ったような不敵な笑みを浮かべて答える。
「『ある少女の肖像』は、天野俊郎が元華族に依頼されて手がけた肖像画で、描かれている少女は、橘財閥会長の亡くなった妻だと聞いている。これまで世間にはあまり知られていない作品だ。しかし、彼の他作品と比較すると圧倒的に価値は低く、なぜファントムが欲するのかはわからない」
 今度は後方の男性リポーターから声が上がる。
「その絵を見せていただけませんか?」
「残念ながらご容赦いただきたい。怪盗ファントムに盗みのヒントを与えることになりかねませんからな。無事に守りきれたときは、何らかの形でみなさんに披露することをお約束しよう」
 別の男性リポーターが手を上げて立ち上がる。
「ファントム対策はすでにお考えでしょうか」
「丁重な予告状をいただいたのだ。こちらも真正面から相対したいと思う」
 そう答えて一呼吸おくと、まっすぐに前を見据えた。
「見ているか怪盗ファントム。扉は開けておく。二階応接室にて、この内藤自らが肖像画とともにお迎えしよう」
 会場にどよめきが起こり、目のくらむような無数のフラッシュが焚かれた。その中心に座る男性は、せり出した腹を見せつけるようにふんぞり返りながら、いかにも満足そうに口の端を上げていた。

 パチン――。
 打ち合わせ机に設置されたテレビの電源が切られた。
 録画映像を見ていた澪たち怪盗ファントムの面々は、黒くなった画面から目を離し、どことなく重たい空気に包まれながら机の中央に向き直る。
「今朝の予告状を見た内藤からの返答だ」
 剛三は眉間に皺を刻んだ。
「わざわざ自社にマスコミを呼び集めて会見したらしい。良い話題作りになると思ったのだろう。メディアを利用して成り上がってきた内藤らしい下品なやり口だ。あのような輩の手元に、一秒たりとも瑞穂の肖像画を置いておきたくはない」
 苛立ちを露わにしてそう言うと、ギリギリと奥歯を噛みしめ、握りつぶさんばかりにリモコンを握りしめる。無言の空間に、張りつめた軋み音が響いた。

 会見をしていた男性は、内藤茂という実業家である。
 これまで何かと剛三に対抗意識を燃やしていたようだが、当の剛三は歯牙にも掛けず、さまざまなちょっかいも動じることなく黙殺してきた。しかし、瑞穂の肖像画を手に入れたなどと言われては無視できない。面会したいという内藤の要求を、不本意ながらも、初めて受け入れることになったのだ。
 事前に調査したところ、その肖像画はどうやら本物らしいことが判明した。剛三は存在すら知らなかったが、瑞穂が嫁ぐ前、彼女の父が馴染みの画家に描かせたもののようだ。最愛の娘の姿を手元に残しておきたかったのだろう。所有者である瑞穂の父が亡くなったあと、長きにわたり行方不明だったが、最近、天野俊郎の未公開作品としてひっそりと市場に現れ、それを内藤が150万円で購入したのである。
 剛三は買い取らせてほしいと頭を下げたが、内藤は応じなかった。しかし――。
「飽きたら無料でお譲りしますよ。ただし、傷だらけになっているかもしれませんがね」
 あからさまな挑発口調で言う。
 内藤はそれだけのために瑞穂の肖像画を手に入れたのだろう。無視され続けたことに対する復讐だったのかもしれない。だが、剛三からすれば逆恨みもいいところだ。このような横暴を許せるはずもなく、絵画関係ということもあり、怪盗ファントムに肖像画を救出させようと決めたのである。

「しかし、予想外の行動で計画が狂ってしまったな……」
 剛三は眉間の皺を深くする。
「でも、扉を開けて待っていてくれるなら楽ですよね」
「バカもん! 真に受ける奴があるかっ!!」
 場を和ませようとした澪の言葉も、苛立っている彼には通じず、思いきり怒鳴り返されてしまった。遥は溜息を落としながら頬杖をつき、悠人は声を立てずに苦笑している。が、篤史だけは険しい表情を崩さなかった。
「現時点での問題は三つ」
 おもむろにそう言って、三本の指を立てる。
「一つ目、俺らが警備員として潜入することは不可能になった。内藤は警備会社に依頼するつもりはないらしい。万が一、これから依頼することがあったとしても、直前では準備のための時間が足りないからな」
 当初の計画では、篤史が警備員の一人に成り済ますことになっていたが、さすがに警備員を雇わないのではどうしようもない。ただ、この件については事前に想定済みのはずである。何の愛着も持っていない、たかだか150万円の絵のことで、あの内藤が警備など頼みはしないだろう――と、先日の打ち合わせで剛三に指摘され、別案を考えておくよう言われていたのだ。
 篤史は眉を寄せて、言葉を継ぐ。
「二つ目、警備システムが利用できなくなった。内部監視や陽動作戦に、内藤邸の警備システムをハッキングして使う予定だったが、あの会見以降、どういうわけかすべての警備システムが切られている」
 このことは悠人も遥も初耳だったようで、ハッと目を見張った。
 澪は小首を傾げながら尋ねる。
「それって、こっちの計画が読まれてるってこと?」
「過去の事件から推考した可能性はあるだろうな」
 篤史は淡々と答えた。それから、小さく溜息をついて続ける。
「三つ目、仕掛けた盗聴器やカメラも一つ残らず見つけられて外された。今は内藤邸の様子を知る術はない。つまり、計画はまっさらな白紙に戻ったってことだ」
 これまでずっと冷静に述べていたが、最後だけ少し投げやりな口調になった。準備がすべて水の泡になったのだから無理もない。今回は悠人が別件で忙しかったため、篤史が中心となって進めており、それゆえ悔しさもいっそう大きいのだろう。
 しかし、悔しいだけですむ話ではない。
 予告時間が刻々と近づいてきているのに、ここにきて白紙状態など、いったいどうするつもりなのだろうか。いっそ中止にしてくれた方がありがたいが、怪盗ファントムのイメージを考えれば、そう簡単に予告を撤回するわけにもいかないはずだ。澪は眉をひそめ、八つ当たりぎみに口をとがらせる。
「私的なことにファントムを利用するからバチが当たったんですよ」
「なんだとッ!!」
 剛三はクワッと目を見開き、筋張った両こぶしを激しく机に叩きつけた。
「おまえは瑞穂が陵辱されてもいいというのか?!」
「陵辱って、そんな大袈裟な……」
 凄まじい勢いで噛みつかれ、澪は困惑ぎみに身をのけぞらせる。
 悠人は小さく微笑んだ。
「確かに、今回の件は私情を挟んでいるが、絵の尊厳を守るという理念には反していないよ」
 言われてみれば、この案件が今までで一番理念に叶っているのかもしれない。浅はかな目的のために傷つけられる絵画を救い出す――それは、所有者でも作者でもなく、絵そのものの尊厳を守ることに他ならないのだから。もっとも、剛三は瑞穂の肖像画を取り返すことしか考えていないようだが。
「今から計画を練り直しても、その準備をする時間がない」
 篤史は机の上で手を組みながら言う。
「外部からのサポートが難しいこの状況では、怪盗ファントムにすべてを任せて、正面突破で絵を奪ってきてもらうしかないと思う。内藤には秘書兼ボディガードの屈強な男が二人、常に付き従っているそうだが……澪、おまえやれそうか?」
「私は反対です」
 尋ねられた澪を差し置いて、悠人が声を上げた。そのまま毅然と続ける。
「澪には荷が重すぎる。今回は、全面的に遥に任せた方がいいでしょう」
「私、やります」
 澪は手を上げて言った。
 やりたいと思ったわけではない。けれど、体が反射的に動いていた。遥の方がすべての能力において上であることは認めており、反感などは持っていないが、なぜかこのときばかりは大きく気持ちがざわついたのだ。
 振り向いた悠人の表情は厳しかった。
「これは失敗が許されない。意地は捨てて考えるんだ」
「……大丈夫です。必ずやり遂げますから」
 まるで心を見透したかのような彼の言葉に、澪は少し当惑したが、ゆっくりと右手を握りしめながらそう断言した。そして、小さく息を吸い込んで顔を上げると、にっこりと力強く笑ってみせた。

 その日の夜――。
 澪は近くのビルからハンググライダーで飛び立つと、緩やかに弧を描きながら、内藤邸の正面玄関前にすっと静かに降り立った。門の外側には数多くの野次馬やマスコミが集まっており、歓声とも野次ともつかない声を上げて騒々しく盛り上がっている。対照的に、敷地内には警備員も警察も見当たらず、不気味なくらいに静まりかえっていた。
 玄関の扉は、宣言通り大きく開け放たれていた。
 こういうわかりやすいパフォーマンスをすれば、マスコミが食いつき話題になる。そういう計算もあるのだろう。昔から過剰な売名行為でのし上がってきた人物らしく、剛三は彼のそういうところを嫌悪しているようだった。
 澪はハンググライダーをその場に置き、用心しながら玄関へと足を踏み入れた。
『セカンド、二階へ上が……』
「副司令?」
 イヤホンから聞こえていた悠人の声が、途中で雑音に呑み込まれた。妨害電波で通信を阻害されたようだ。事前にそういう可能性もあるとは聞かされていたが、実際に連絡が取れなくなるとやはり不安になる。が、前に進むしかない。
 正面には、待ち構えるように幅広な階段があった。
 罠がないか確認しながら、澪は一歩ずつ慎重に足を進めていく。屋敷に響くのは自分の足音だけで、あたりに人の気配は感じられない。本当に警備は頼まなかったようだ。
 階段を上りきると、すぐ目の前が応接室である。飾り彫りが施された木製の扉――澪はその前に立ち、ごくりと唾を飲む。一瞬、ドアノブに触れることに躊躇したが、この扉を開かなければ始まらない。覚悟を決めると、白い手袋をはめた手で、両開きの扉をゆっくりと押し開いた。

「ようこそ、怪盗のお嬢さん」
 広い部屋の奥に内藤が立っていた。その両側には、いかにも屈強そうなスーツ姿の男性二人が付き従っている。篤史が言っていた秘書兼ボディガードのようだ。
「君が欲しがっているのは、この絵かな」
 そう言って、内藤は肖像画を前に掲げて見せつけた。額装されていない剥き出しのキャンバスを、素手で無造作に掴んでいる。そこからは絵に対する敬意など欠片も感じられなかった。澪は顎を引き、仮面の下でキュッと下唇を噛みしめる。
 内藤は口もとを斜めにした。
「私にとっては何の価値もないものだが、君にとってはそうでもないのだろう?」
 彼の右手には金色の四角い何かが握られていた。親指で蓋を跳ね上げ、何かをカチッと押すと、薄青色の炎が現れる。どうやらライターのようだ。その炎で、彼は無言のまま肖像画の下方をあぶり始めた。キャンバスの縁が茶色く変色し、焦げくさい匂いが広がる――。
 ハッタリじゃない、本当に燃やしてる!!
 澪は大きく息を呑み、はじかれたように内藤に向かって突進する。が、部屋の中ほどまで来たとき――。
「……っ?!」
 足もとがすくわれ、体が宙に浮き、視界が大きく反転した。一瞬、何が起こったのかわからなかったが、あたりを見まわしてすぐに理解した。内藤の仕掛けた罠にかかり、網に絡め取られ、天井から吊されているのだと。もがいても思うように動けない。体は腰から二つ折りになっており、下手すると自分の膝で仮面を打ちつけてしまいそうだ。めくれているスカートを直すこともできない。端から見たら、とんでもなくはしたない格好になっていることだろう。
 内藤がゆったりと近づいてきた。
「まさか、これほど簡単に捕らえられるとはな。他にもいくつか罠を準備してあったが、少々買い被りすぎだったのかもしれん」
 吊された怪盗ファントムを見上げながら、顎に手を添え、いかにも愉しそうに声を弾ませる。そして、残虐な笑みを瞳に宿すと、粘り気のある眼差しをいやらしく這わせていく。澪の全身にゾクリと悪寒が走った。
「一部では性別不明と言われているが」
「……っ!!」
 内藤の無骨な指が、網越しに澪の太腿に触れた。口から飛び出しそうになった悲鳴を何とか呑み込む。しかし、それで終わりではなかった。ゆっくりともったいつけるように、もしくはじっくりと味わうように、太腿をなぞりながら付け根の方へと這わせていく。澪は涙目で唇を噛みしめながら、身をよじり、見つからないよう密かに内ポケットを探った。
「女で間違いないようだな」
 ひどく下卑た声が耳に届く。
「すぐに警察に引き渡すのは惜しい。顔はまだわからんが、体はなかなか良さそうだからな。少し楽しませてもらってからでも遅くはないだろう。拘束具も用意して……」
 シュゥゥゥウッ――。
 澪は内ポケットから取り出した催涙スプレーを、内藤の顔面に噴射した。
「うぐぁあああぁ!!!」
 至近距離で直撃を受けた内藤は、悲鳴を上げて倒れ込み、絨毯の上で目を押さえてのたうちまわる。
 後方に控えていたボディガード二人は、この失態に青ざめ、大慌てで主のもとへ駆け出した。しかし、澪が一人にスプレーを吹きかけると、彼は呻き声を上げ、目を押さえながら膝から崩れ落ちた。もう一人は距離を取って足を止め、身構えながらジリジリと回り込むように横歩きする。澪はその彼に噴射口を向けたまま、もう片方の手でナイフを取り出し、網に少しずつ切れ目を入れていく。思いのほか頑丈だったため、くぐれる大きさになるまで数分かかったが、なんとか無事に脱出することができた。
 しかし、まだ仕事が残っている。
 ボディガードをスプレーで牽制しつつ、足もとの内藤を避けながら、無造作に投げ出された肖像画へにじり寄っていく。これを持ち帰らないわけにはいかないのだ。しかし、あと少しで手が届こうかというとき――。
 ガンッ!!
 後頭部に衝撃が走った。前のめりに倒れ込んだ澪の上に、男が馬乗りになり、背中側で腕を押さえて動きを封じる。
「おまえ、目は大丈夫なのか?」
「浴びた量が少なかったからな」
 頭上で言葉が交わされる。
 澪を押さえ込んでいるのは、催涙スプレーを浴びせたボディガードのようだ。どうにかして逃れようともがいてみるが、相手の方が格段に体格が良く、おまけに武術の心得もあるようで、まったくもってビクともしない。殴られた後頭部が熱く、視界がグラグラと揺れてきた。
「よくやった」
 内藤は苦しげに目を押さえながら、体を起こそうとする。
「まだマスクは外すなよ。素顔は私が曝いてやる」
「こいつは危険です。すぐに警察を呼んだ方が……」
「冗談ではない。ここまでのことをやられたんだ。たっぷりと仕返しせねば気が済まん。そして、マスコミを集めて大々的に晒してやる。警察に引き渡すのはそのあとだ」
 そう言いながら、片手で目を覆ったまま立ち上がる。よろける彼の体を、手の空いているボディガードが支えた。内藤の目はまだ見えていないと思われる。だが、回復するのも時間の問題だろう。
 このままでは、何もかもがおしまいに――。
 頭の中で警鐘が鳴り響くものの、体は動かず、目の焦点も合わなくなってきた。仮面の内側に汗が伝う。それでも歯を食いしばり意識を保とうとしていた、そのとき。
 バサバサッ――。
 派手に風を切るような音を立て、黒い何かが視界を横切っていく。しかし、それが何か考えるより前に、澪の意識はすっと闇に沈んでいった。

 大人たちの話し声が聞こえる。
 会話の内容はわからないが、優しくて穏やかな声、心地よく響くリズム。
 ゆったりと波に揺られているようで、何だかとても懐かしい。
 けれど、それは次第に遠ざかっていく。
 どうして?
 お願い、私を置いていかないで、私をひとりにしないで――。

「澪、気がついた?」
「お母さま……?」
 無意識に伸ばした手の向こうに、並んで見下ろしている悠人と美咲の顔が見えた。少し離れたところには遥もいる。状況の掴めない澪は、混乱した頭であたりを見まわしながら体を起こした。ここは、自分の部屋に間違いない。怪盗ファントムの赤いシャツを身につけたまま、ボタンを上から三つほど外され、いつも使っているこのベッドに寝かされていたようだ。確か、内藤邸でボディガードに取り押さえられて、それから――。
「えっと、私、どうして……?」
「師匠が助けてくれたんだよ」
 遥が答える。
「やっぱり澪一人に任せるのは不安だからって、先代ファントムの格好でこっそり乗り込んで行ってね。澪が上手くやれてたら出番はなかったはずなんだけど」
 気絶する寸前に目の前を横切った黒いものは、マントを翻した悠人だったようだ。あらためてその姿を見てみたいと思ったが、もういちど着てほしいなど、今は頼める状況でも雰囲気でもない。遠慮がちに悠人を見上げて首をすくめる。
「あの、すみませんでした」
「この程度で済んで良かったよ」
 悠人は微笑んだ。
「肖像画は……?」
「ちゃんと盗んできたよ」
 その答えに、澪はほっと胸を撫で下ろす。そして、隣の美咲に視線を移した。
「お母さまはどうして?」
「澪が心配だからに決まってるでしょう? これでも母親ですからね。悠人さんから連絡をもらって飛んできたわよ」
 確かに、白衣こそ着てなかったものの、仕事用のスーツを身につけたままである。髪も、いつも研究所でしているように、後ろでひとつに束ねているだけだった。
「大地は出張中で、すぐには戻ってこられないの。ごめんなさいね」
「ううん」
 こんなことで大事な仕事が駄目になっては、かえって申し訳が立たない。会えないことに寂しさを感じるものの、そこまでの贅沢を言うつもりはなかった。美咲が心配して帰ってきてくれたこと、そして母親だからと言ってくれたこと、それだけで十分である。
 ふと、美咲は思い出したように言う。
「そうそう、さっき石川さんに診てもらってね。すぐに意識が戻ったら問題はないだろうけど、頭を打ってるから、念のため設備の整った病院で検査してもらった方がいいって」
「うん、そうする……石川さんは?」
「先に研究所に戻ってもらったわ」
 やはり、研究が相当忙しいということだろう。澪は薄く微笑む。
「ありがとうございます、って石川さんに伝えてください」
「ええ、必ず伝えておくわ」
 美咲は笑顔で答えた。普段は凛とした姿を見せている彼女の、こういう無邪気な表情は、娘の澪から見ても可愛らしいと思う。小柄で女性らしくて、愛くるしくて、それでいて頭も良くて――自分には足りないものばかりで羨ましくなる。
「寝ていなくて大丈夫か?」
 ぼんやり考えごとをしていると、不意に悠人が割り込んできた。覗き込まれた顔の近さに動揺しつつも、澪はこくりと頷く。無理をしているわけではない。殴られた後頭部に若干の痛みは残っているが、それ以外はもう何ともなかった。
 しかし、美咲は腰に手を当て、まるで子供のように口をとがらせる。
「悠人さん、少しは反省してます? ファントムをやるなとは言わないけれど、あまり危険なことはさせないでほしいわ。決めているのはお父さまなんでしょうけど……でも、せめてもっと気をつけてあげてね」
「肝に銘じておきます」
 悠人は体を起こしながらそう言うと、含みのある視線を澪に流す。
「僕だって未来の妻は大事にしたいからね」
「ちょっと、なに勝手なこと言って……!」
 澪は頬を染めてあたふたした。二人きりのときならまだしも、今は母親も一緒だというのに――。
 しかし。
「あら、悠人さんとの結婚、もう決めたんじゃないの?」
 美咲は拍子抜けするくらい軽く言った。おそらく悠人から聞かされていたのだろう。この様子からすると反対ではなさそうだ。以前にも勧めるようなことを言っていたので、驚きはしないが、だんだんと外堀を埋められているようで怖くなる。
「まだ、決めたわけじゃ……」
「今の彼氏、刑事ですってね」
「うん……」
 そこまで知っていたことにはさすがに驚いた。しかし、どう反応すればいいのかわからず、複雑な表情で、縋るように白いシーツをぎゅっと握りしめる。
「すべてを捨てる覚悟があるなら、貫き通しなさい」
「……えっ?」
 澪は怪訝に顔を上げた。
「本当に彼のことが好きなら、本当に彼と結婚したいなら、諦める前にまだできることはあるはずよ。でも、覚悟がないのなら、悠人さんと結婚した方が幸せになれると思うわ。最終的に決断を下すのは、澪、あなた自身だということを覚えておきなさい」
 美咲は澪を見据えて言った。
 確かに理想論としてはもっともな話である。しかし、いくら好きな人と一緒になるためとはいえ、他のすべてを捨てるなど、現実的には不可能ではないだろうか。結局のところ選択肢は一つしかない気がする。
「美咲、あまり煽らないでくれるか」
 悠人は苦笑しながら言う。
 美咲は束ねた黒髪を揺らして振り返ると、悪戯っぽい笑みを浮かべた。
「あら、自信がないの?」
「澪を不幸にしたくないだけだよ」
 少し押されぎみに悠人は答えた。誤魔化すように、大きく顔をそむけて話題を変える。
「そうだ、澪も元気になったことだし、剛三さんのところへ行こうか」
「うん」
 澪は頷き、急いで胸元のボタンを留める。プリーツスカートのフックも外されていたので、布団から出る前にそれも留めた。剛三にも篤史にも心配を掛けただろうし、早く元気になったことを知らせなければと思う。
「美咲もだよ」
「えっ?」
 研究所に戻ろうとしていたのか、ハンドバッグを手に取った美咲は、きょとんとして悠人に振り向いた。不思議そうに瞬きをする。しかし、悠人は何も答えず、ただにっこりと満面の笑みを浮かべていた。

「あら、これもしかしてお母さま?」
「だから美咲を呼んだんだよ」
 執務机に置かれた瑞穂の肖像画を目にすると、美咲はパッと顔を輝かせ、少女のように愛らしく声を弾ませた。その様子を、悠人が後ろからあたたかい眼差しで見守っている。
「私にも見せて」
 隣から、澪はひょっこりと顔を出した。描かれた瑞穂を見ようと思ったのだが、肖像画そのものよりも、つい隅の焼け焦げに目がいってしまう。ライターであぶられるシーンが脳裏によみがえってきた。
「やっぱり、少し焦げちゃってるね」
「これくらいで済んで良かったわい」
 剛三は椅子の背もたれに身を預けながら、溜息まじりに答えた。
「絵の価値がわからぬ奴は本当にやっかいだな。そもそも保管方が悪かったようで、埃や汚れがこびりつき、かなり傷もついている。少し修復をした方がいいだろうな。そのあとは、額に入れてここに飾っておくつもりだ」
 澪は頷いた。
 そして、あらためて肖像画に目を落とす。絵の中の祖母は、今の澪よりも少し若いくらいに見える。まだあどけなさが残っていたが、表情は凛としており、可愛らしさの中にも気品漂う美しさがあった。
「瑞穂おばあさま、きれい」
「うむ。本当に美しくて、慎ましやかで、気品のある娘であった。なぜ、この品の良さが受け継がれなかったのか……」
 剛三は気難しそうに眉を寄せると、腕を組みながら、じとりと観察するような視線を澪に流す。それだけで、彼の言いたいことは十分すぎるほど理解できた。
「どうせ私は上品じゃないですっ」
 澪はやけっぱちにそう言って、口をとがらせる。と、背後から抑えた笑い声が聞こえた。
「澪は現代的なだけだよ」
「それ、フォローになってます?」
 そう言って眉をひそめて振り返り、悠人を睨む。どうも論点がずれている気がするが、いくら詰め寄っても、彼はただニコニコするだけで答えようとしない。
「美咲、そんな顔をするでない」
 ふと、宥めるような剛三の声が聞こえた。澪たちはつられて目を向ける。
「何もおまえが責任を感じることはないのだからな」
「誤解ですわ。少し他のことを考えていただけです」
「なら良いが……」
 にっこりと答える美咲とは対照的に、剛三は釈然としない様子だった。
「もしかして、何か困ったことでもあるのか?」
「誰だって多少の困難は抱えているでしょう?」
「……美咲、もっと私たちを頼っても良いのだぞ」
 剛三はもの言いたげに美咲を見据えた。おそらく研究所の不正資金提供という事実を受けての言葉だろう。もっとも、美咲が関与しているかわからないし、そうであったとしても、この曖昧な言い方では伝わっていないかもしれない。
「お父さまには十分に良くしていただきました」
 美咲は小さく微笑む。しかし、剛三の表情はいっそう険しくなった。
「私はおまえの父親だ。遠慮はいらん」
「では、ひとつだけお願いいたします」
「うむ」
 手を組んで次の言葉を待つ剛三に、美咲はくすっと笑って言う。
「澪と遥に、あまり危険なことをさせないでくださいね」
 剛三は大きく目を見開いた。そして、眉を寄せて渋い顔になると、めずらしく困惑を露わにした口調で言い返す。
「そうではなく、おまえ自身のことで……」
「私は二人の母親です」
 美咲は彼の発言を遮り、凛然と言った。
「……今後は気をつけよう」
 ようやく観念したのか、剛三は溜息まじりにそう答える。
 美咲は振り返って満面の笑みを見せた。澪もつられて笑顔を返す。だが、あの剛三が美咲に言いくるめられてしまった事実には驚きを隠せない。そもそも、たじろいだ姿を晒すことからして信じがたい。いつもの強引な態度はどこへいったのだろうか。
 血は繋がってなくても、おじいさまにとっては娘ってことなのかな――。
 そう思うと、澪の頬は自然と緩んだ。
 二人が形だけの親子でないと感じられたことが無性に嬉しく、そして、少し羨ましかった。


…続きは「東京ラビリンス」でご覧ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「絶叫手術室(後編)」

被害者は自殺か事故で亡くなったような流れになっていたけど、コナンの指摘で殺害された可能性が出てきました。園子が行き当たりばったりの推理をしまくってます(笑)。でも、おかげでヒントになりそうなことがいろいろ聞き出せたみたい。

鑑識の人がちょっと気になった。今まで出てきたことあったっけ。ちょっと渋めのワイルド系(?)な感じ。やたら存在感があるんですが。なんとなく臨場(ドラマの…)を思い出してしまったよ。

コナンはベッドの下やら何やらでいろいろわかってきた様子。このメンツだったらやはり園子が探偵役になりますね。眠らされて記憶がなくても、たいして疑問にも思わず調子を合わせてくれる貴重な人材です(笑)。

被害者がもがいているように見えたのは、ベッドの下から別人が足を出してばたつかせていたらしい。なるほどー。ベッドの作りがスカスカですからね。それはいいんだけど、犯人は小五郎ではなく最初から蘭を連れてくるつもりだったとか…まじか? 小五郎に娘がいるって有名なんですかね。確かに名探偵ではこんなこと通じないと思うだろうけどさ。でも、蘭から声を掛けたから上手くいったけど、無視したらどうするつもりだったんですかね。自分から話しかけたりとか?

一ヶ月前に自殺していた彼。自殺は自殺だったみたいです。けど、それを止めないどころか、ビデオに撮っておいてくれなんて言った彼女が、犯人はどうしても許せなかったと。だからって同じ目に遭わせて殺してやろうとか…普通、ただの友達でそこまで思わないよなぁ。なんか、よほど深い仲だったのかと勘ぐってしまう(爆)。

小五郎、108つの袋の話はまだ続いてた! これだけしゃべれるってのもすごいな。ずっと聞いてる人はいるのかなぁ?

次回はキッド! ってか、8月はキッド月間でしたね。楽しみです。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン 工藤新一への挑戦状 #4

小五郎は相変わらず通常運転。結婚パーティも事件後もハッスルしまくり。いつものことながら、大丈夫か? このおっさん(笑)。新一は小五郎に呼びつけられて巻き込まれてますが、蘭のいないところ、それも事件現場でまで罰ゲームを続けてるのは律儀なのかバカなのか…。事件の方はかなり無理があるんじゃ。唇にカレーがついたりなんかしたら、パーティの主役なんだし、人前に出る前にうがいするなり拭くなり嘗めるなりするよね。それに、そのあとで飲み食いもしているだろうし…そば粉なんて残ってるかな。残ってたとしてもごく微量だと思うんだけど、それで死んじゃうって、よほどアレルギーがひどかったんですかね。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・蒼姫

蒼姫。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・蒼姫

蒼姫。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青の祓魔師 第15話「やさしい事」

勝呂と燐の顔が近い! いや、それどころじゃない状況なんだけど、なんか「おおう」と思ってしまったですよ。それにしても、勝呂って男気があって友情に厚くて良い奴ですよね。短気なのが玉に瑕だけど。そして他のみんなも優しい…。良い仲間たちだなぁ。

聖水ってそんなタンクに入れてたら、なんとなくありがたみがない…。身を守るために聖水をかけてるけど、燐だけには聖水をかけられない。そりゃみんな不思議に思いますよね。どういう言い訳するのかと思ったら、シュラに聖水アレルギーということにされてしまった…というか、間違ってない気がする。むしろそのまんまだよね。聖水アレルギーって時点で悪魔ってばれないか? みんなは納得したんだろうか。

しえみがアマイモンの言いなりに。僕のお嫁さんにしようって…! 唇を噛み千切ってあげましょうってのがやりたかっただけかな。目玉をひとついただこうとか…なかなか趣味が悪い(って人間基準だけど)。せっかくしえみ可愛いのにもったいない。ていうか、聖水ってアマイモンには全然効かないの?? しえみもかけられてたはずだけど。

アマイモンの…ブロッコリー?!

ああ、燐がみんなの前で炎を出してしまったよ! その力でアマイモンも圧倒。すごい…と思ったら完全に飲まれてしまったんですね。ううむ…こんな姿をみんなに見られたら完全にドン引きですよね。大丈夫なんですかね。もしサタンの息子なんて知られたら…特に勝呂は受け入れてくれるのかどうか…。受け入れるどころか敵認定なんじゃ…。

Twitter情報だと、これからアニメオリジナル展開らしい。ハガレンのように原作とは別で決着をつけるつもりなのかな。でも、それにしては話数が足りない気がする。なんか中途半端に終わりそうな気がするんだよなぁ。ちょっと不安。第二期前提っていうのならわかるけど…っていうか、第二期があるのなら原作通りにやればいいよなぁ。とりあえずアニメが終わるまでは原作を我慢するけど…そのあとで買おうかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

名探偵コナン「絶叫手術室(前編)」

米花大学の学園祭。何気にクオリティが高いし可愛い子も多い。いったい何だろうと思ったら、小五郎が講演に呼ばれていたのですね。小五郎の母校だったとか。何学科だったんだろう? 芸術学科とかなんとか、けっこう個性的な学科もあるみたいだし気になります。

園子と蘭がロンドン話。新一に告白されたことは隠さず報告しましたね。うんうん、それでこそ親友だぜ。すぐそばに本人がいるってのがアレだけど(笑)。でも、確かにちゃんと蘭からも言っておいた方がいい気はするな。たとえわかりきったことだとしても。新一だって何だかんだいっても聞きたいだろうし。

蘭は成り行きでお化け屋敷のゾンビの出来映えを確認することに。蘭ってお化けとか苦手なのに…。最初は入るの嫌がってましたが、園子に言いくるめられて結局入ることに。中では蘭も園子も驚きまくり。空手は発動されていないようで良かったです(笑)。確かにクオリティは高いんだよな。遊園地のお化け屋敷はあんなに怖くないし…ってか、遊園地は機械仕掛けのが多いし。やっぱり機械じゃなくて人間がやってるのが怖いよな。

そして手術室。これは怖い…! めちゃくちゃ怖い!! もう完璧にホラー映画じゃないですか!! …と思ったら、ゾンビ役の彼女が亡くなってました。コナンの見立てでは青酸系の毒物らしい。切羽詰まって完璧に子供であることを忘れていますね。ごまかし方はいつもどおり(笑)。アーモンドの話は、何年か前に探偵学園Qのアニメ(だったかな…?)で聞いてビックリした記憶があります。そのときまで香ばしいにおいだと思ってました。

最初は服毒自殺かと思われたけど、どうやら殺害されたようです。1ヶ月前の仲間の自殺に何か秘密があって、この事件の動機になっているんでしょうね。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コクリコ坂から

「コクリコ坂から」観てきました。期待していなかったのですが意外とまともでした(という言い方もひどいけど)。薄味だけど手堅くオーソドックスに作っている印象。ゲド戦記では宮崎駿をなぞって大きいことをやろうとしたけど中身がすっからかんというか力量のなさを露呈してしまっただけ、みたいな感じだったけど、それと比べると全然好印象です。

テーマ曲をはじめとした音楽が良かったです。手嶌葵の歌は映画の雰囲気に合っていますね。他の挿入歌や曲も素敵でした。

ただ、主役二人の声にはやはり納得がいかない部分が。ほとんど棒読みだしなぁ。「ああ、タレントがやってるんだなぁ」と現実に引き戻されてしまう。だからかな、映画に入り込んで見られないのは。長澤まさみは良いところもあるんだけど、たまにすごく下手なときがある。岡田准一の方は、基本的にキャラと声質が合っていない気がするんだ。

以下ネタバレありです。どうしても気になったのでちょっとだけ。

ふたりは戸籍上では実の兄妹のままですよね? 大丈夫なんですかね…?? それがすごく気になってしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )
« 前ページ