らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Deep Clear

Deep Clear (「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」特別番外編)。読み終わりました。一時はどこを探してもなくて、手に入らないかと思ったけど、これ読めて本当に良かった。こどちゃ好きな人にはぜひ読んでほしいと思う。キャラは成長しているんだけど(紗南26歳だ)、性格とか良い意味で変わってなくて、あたたかくてじんわりくるお話でした。直澄くんの短編はせつないです…!

以下ネタバレありです。

表紙のイラストを見た感じで、紗南は珠里と同じくらいか少し上かな? と思ってたんですが、26歳と知ってビックリ。落ち着いているからか珠里の方が年上に見えるくらいです。でも、可愛いというだけじゃなく美人さんになっていてまぶしかったな。最初に珠里にあいさつしたときの紗南が特に。バカやってるときはいつもの紗南ちゃんだけど(笑)。でも、本当に良い意味でまっすぐなままの紗南ちゃんで安心したし、すごく嬉しかったです。

ていうか、羽山と結婚していたのにも驚きましたよ。いろいろあっただけにこの事実だけで何かじんときちゃった…けど、そんな場合でもない(笑)。いきなり浮気調査だもんな。そんなわけないと思ってはいるんだけど、自分たち(読者)はこどちゃ終了からのことは知らないわけで、少し不安になってしまうわけさー。浮気はないにしても誤解される何かがあったんじゃないかとか…。

でも、紗南が妊娠しているとわかって、理由もだいたい想像がつきましたよ。別居まで? とは思ったけど…。

しかし、26歳羽山にビックリした! 男になってる…! 少年だった頃のしか知らなくて、何となく想像もあまりつかなかったんですよね。なのに…誰このイケメン状態(笑)。それに羽山って髪を伸ばすイメージがなかったのに結ぶほど伸びてて(長髪というほどでもないけど)、そこも驚いた一因だったわけですが、紗南ちゃんに散髪してもらってたけど別居中だから伸びちゃったというわけなのですね。でも冷静に見てみるとあまり変わってないかも。髪型のせいで雰囲気違って見えたけど、顔は昔の面影があるというかわりとそのままというか。

やっぱり紗南と別居の原因はトラウマだったのか。心配ならそばについててやらないと! と思うんだけど、どうしても出産をやめさせたいから意固地になってるのかな。というか、単純に怖いのか。自分でもどうしようもないくらいに。でも「因果応報がここで来る!」にはちょっと笑ってしまった。笑っちゃ悪いんだけども。自分もすごくマイナス思考なので羽山の気持ちはわからなくもないし。

紗南が珠里に「無理して変わらなくてもいい」といったところでは、本当にボロ泣きしてしまったよ。何だかね、自分のことも認めてもらえてような気がして。自分はもうとっくに諦めていたし開き直ってるはずなんだけど、それでもやっぱり人に認めてもらいたい気持ちはあるんだろうな。そういうふうに言ってくれる人ってめったにいないから…いや、私に言ってくれたわけではないんですが(笑)。

珠里は命の恩人! 病院の先生が読みやすくて無駄に大変でしたけど(笑)。でも、表情に出やすい先生とかだと珠里でなくても不安になりそうだなー。紗南は出産のときでもいつもの紗南のまんま!

その後のパーティ(?)で懐かしい面々がそろっていましたね! もっとじっくり見たかったよ~。でも、何よりみんな今でもまだ友達なのが嬉しいです。羽山は髪を切った方が断然好きだな!

Misty Blueの方は直澄くんの話。直澄くんはわりと少年っぽい雰囲気を残したまんまですね。きれいというか中性的というか。しかし紗南ちゃんズバッと訊くなぁ。そして直澄くんもズバッと答えるなぁ。紗南ちゃんにだけならわかるんだけど、まわりに人がいっぱいいるのにいいのか? と心配になってしまいました。でも、これ、彼は隠す気がないということなんだよね。悪いことをしているわけでないと、後ろめたいことは何もないと。

直澄くんには幸せになってほしいな。紗南への想いが叶うことはないとしても、自分で幸せだと思える人生を歩んでほしい。紗南もそう願ってるもんね。

携帯素材のDL、PCでもとりあえずFlashのダウンロードはできました! カレンダー・時計は動かないけど…。イラストが見られて良かった。イラストは何種類かあるみたいですね。自分は3種類見たけど…他にあるのかないのか…。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・七海

七海。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ルナ&ラウル

ルナ&ラウル。えらい失敗したけど、どう直してもどうにもならなかった…。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「河童が見た夢(後編)」

へっぽこは揺るぎなくへっぽこです。よっぽど警部になったのが嬉しいらしい(笑)。しかし、山村警部に報告してた部下(?)の方がよっぽどまともに見えるんだけどなぁ。彼も、なんで山村刑事が警部になったのか、納得いかない気持ちでいっぱいなんじゃないかと推測。

蘭の見た河童を描いた絵を見た山村警部の反応が、予想の斜め上を行くへっぽこぶり。宇宙人って…! 地球外生命体って…! 超機密ファイルXって…!! 蘭が怖がりながらのっちゃってるのは可愛いけど(笑)。

まあ、この場合はこのへっぽこを眠らせるしかないよなぁ。しかし、コナンはのりすぎだぜ。「カッパー! とひらめいた」とか「群馬県警捜査一課警部の名にかけて」とか。楽しんでないか?(笑)。

あの絵描きの行動はあからさまに怪しかったもんなぁ。トリックはわからなかったけど、たぶん犯人はこの人なんだろうとは思ってました。しかし、コナンはカラーインクについても詳しいんですね。使ったことがなければ水で薄めて使うとかあまり知らないんじゃないかと思うんだけど。

お父さん、いい人だったんだなぁ。誤解で殺されてしまったなんて…。まあ、彼があえて誤解を招くような態度をとっていたんだけども。しかし、犯人はそこまで亡くなった子に思い入れがあったのかなぁ。復讐で殺してしまうってよっぽどだと思うんだけど。でも、復讐する前に父親に事実関係を質すとか、親友の子に相談してみるとか、何か方法はなかったんだろうか。推測だけで決めつけて殺人計画を立てちゃうなんてなぁ。まあ、これだけ思い込みの激しい人だから、殺人までやっちゃうんだろうな。

蘭が見た河童。カメラマンだったんですね。蘭たちより前に出てあとに帰ってきたという人か。コナンの言うように、怖い怖いと思っていたら余計にそういうふうに見えちゃうものだし、仕方ないよなぁ。とは思うものの、大きいリュックにマスクに…わざと似せてたんじゃないだろうな(笑)。私は山村警部ではないかと思ってたんですよねぇ。顔がちょっと河童っぽいですし…(笑)。

来週もへっぽこなのか? 年末年始がへっぽこ祭りなんて…。嫌いじゃないんですけども!

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

らくがき・澪

澪。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

24 - TWENTY FOUR - ファイナルシーズン(シーズン8)

24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン。どう感想を書こうか悩んでいたのですが、何を書いてもネタバレになってしまうので、全部ネタバレありでいきますね。

ジャックは引退して平和に過ごしていた様子。しかし、私の頭の中にはハテナがいっぱい。たしか、シーズン7で死にかけてましたよね? もう助からないとかじゃなかったっけ? なのに、どうやって助かったのか特に説明もなく…。「治療が終わった」とか言っていたので、手術が間に合って治療したのだとは思うんですけど…。どういう経緯で助かったのか気になるなぁ。

最初の方、ジャックは本当に関わるのを嫌がってましたよね。なのに、いろんな人に説得されたりして、だんだん深く関わってしまうんだなぁ。キムまで何を言っちゃってるの! 結局、ジャックがこんなことになって、キムが自分を責めていなければいいんだけど…ってか、キムの身も心配ですよ。CTUが警護するといっても、相手が大きすぎますもの。

ヘイスティングスは良くも悪くも普通の人でした。たぶん、いい人なんだろうと思うけど、CTUの支部長としては普通すぎたんじゃないかと。無能というわけではないけど、こういうとんでもない事態のときには力不足というか。まあ、でも普通の人だから普通に話も通じたし、ある意味やりやすいとは思ったけど。しかし、解任されてから、あとで再登場して助けてくれるんじゃないかと期待してたんだけどなぁ。あれっきりとは…さすが普通の人ですね…。

デーナ・ウォルシュ。偽名でCTUに就職できたってどういうことだ?! CTUは身元調査もしないのか?! と思ったんだけど、それにもきちんと理由があったんですね。ロシアのスパイともなれば、そこらへんを完璧に偽装できるってことか。しかし、デーナが裏切り者だとわかっても、序盤の昔の男がらみでの手際の悪さと、中盤以降のしたたかさが、まるで別人みたいで不思議だったんですよ。彼女が本気になれば、あんな男ども早々にどうとでもできたんじゃないかと。だから、もしかしたら、コールと結婚したいというのは本心だったんじゃないかな、結婚して普通に幸せになろうとしてたんじゃないかな…と考えていたら、そういう映像が出てきて。あれは本当の気持ちだったんだろうと信じたいです。

ところで、沈めた男たちと殺した保護観察官はどうなった? いずれ見つかりますよねぇ? デーナは死んでしまったけど、コールはどうするんだろうか。このまましらをきり通すなんて彼にできないような気がするな。根は悪い人じゃない、というかむしろ正義感の強い人みたいだし。

テイラー大統領は、道は間違ってしまったけど、それは国を思うがゆえの行動でした…。最後の最後で目を覚ましましてくれて、かなり遅いけど、それでもほっとしましたよ。しかし、これではテイラー大統領が命を狙われかねないような…大丈夫ですかね…。

一方、相変わらずのクズっぷりを見せつけてくれたのが、ローガン元大統領。もうこいつは本当に自分のことしか考えてないんだもんな。こんなのが大統領に選ばれたなんて…アメリカは大丈夫なのか(笑)。外面が良いから騙せてたんだろうとは思うけど。

CTUでクロエによく手を貸してくれた分析官(?)の男性、名前忘れたけど(酷)何気に好きでした。途中まで裏切り者ではないかと疑ってたんですけど(笑)。クロエとも良いコンビだったなぁ。

ルネには序盤からビックリさせられっぱなしでした。無表情で腕を電動ノコギリで切るあたりは、もう「ひーっ!!!」と思いましたよ。ジャックじゃなくてもあれはやばいと思う。でも、ジャックなら同じようなことをやりかねないよな(笑)。その後も潜入中はヒヤヒヤさせられっぱなし。以前から女ジャックバウアーだと思ってたけど、ますますヤバさを増していました。どこか壊れてる感じ。そういうところもジャックとますます似てきたなと。

しかし、まさかジャックがルネを好きになってたなんて。「目を見ればわかる」とかウラジミールに言われてたけど、生死を共にした仲間だから思い入れがあるだけだと私は思ってたんですよね。まさかウラジミールの方が正しかったなんて…なんか敗北気分(笑)。それにしても、案外ジャックは惚れっぽいというか懲りないんですね。私は真っ先に「ルネ死亡フラグ立った!」と思っちゃいましたもの。そしてその通りになってしまったわけですが…。

それにしてもジャックはさぁ…。ひどい拷問をうけて、銃弾を受けて、防弾チョッキを着ていたにしても肋骨が折れたかもしれないくらいに胸を圧迫されて、それから何時間も経ってないのに何をやっちゃって…さすが不死身の男と…っていうか、ルネもかなり大変な目に遭ってるんだから気遣ってあげればいいのに。まあ、ルネも相当タフらしく、楽しんでいたみたいだからいいんだけどさ…。でも、カーテンくらいは引こうぜ! 狙われているとか関係なく、普通はカーテンくらい引かないか? 直接見えるわけじゃないけど、あまりにも開けっぴろげすぎ。高層階だとそこらへん気にしなくなるのだろうか? それともアメリカではそういうもの? カーテンを引いてたら、そんなに簡単には撃たれなかったと思うんだけどなぁ。

復讐鬼と化したジャック。けど、私怨で人を撃つのはこれが初めてでもないんだよな。ジャックって昔からこういう面があったので特に驚きはしなかったです。ただ、ここまでやるかと怖かった…。まさに狂犬とでもいいましょうか…手負いの獣とかいわれてましたっけ。もう手がつけられないんじゃないかという状態で。

それを止めたのがクロエ。やっぱりクロエにしか止められないと思ったし、実際そうであってくれて本当に良かった。そしてラストのジャックとクロエの電話での会話…。泣けましたよ! クロエとジャックのこれまでの関係を見てきた人なら、多分ここはじんとくるんじゃないかなぁ。思えば、いちばんブレなかったのがクロエだったんじゃないかと。いつでもクロエはクロエだったし。ジャックとの関係も遠すぎず近すぎず、最後まで友達のままというのも良かったなと。クロエ大好きですよ。

そういえば今回は旦那は出てきませんでしたね。無職になったとか言っていたから、手伝いで来るのかと思ったのに。本当にただのヒモなんだなぁ…いや、専業主夫といっておきましょうか!

終わり方はいつもの24と何ら変わりない感じでしたね。普通に来年シーズン9が作られそうな雰囲気。でももうないんだよなぁ(映画は作られるんでしたっけ? 続きではないかもしれないけど)。ファイナルシーズンなんだからきちっと決着つけてくれるかと思ったのに。24のシリーズ全体としても決着のついてないことが結構あるような…。

▼24感想等
24@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・リック

リック。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

相棒 - 劇場版II - 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜

観てきました! 入場するときに神戸君のクリスマスカードをもらったよ(笑)。確かそのうち右京さんの年賀状に変わるはず。その後もシークレットがあるとか何とか映画系のニュースに出てました。

ストーリーはわりと淡々と進みますね。ストーリーとしての盛り上がりどころがよくわからないというか。ラストももやもやしたまま終わってしまいました。相棒らしいといえば相棒らしいんですが…。面白くないわけじゃないですけど、なんとなく物足りない感じがします。焦点が定まってないのかなぁ。

途中、ビックリするシーンはありました。ええ、そりゃあもう長年の相棒ファンだったら「?!!!」くらい驚愕すると思います。私も最後の最後まで信じられなかったですもの。

とりあえず、大河内さんに萌えまくりでした(笑)。特に序盤の神戸君とのシーンはおいしすぎるぜ!

以下、ネタバレありです。

とりあえず、大河内さんと神戸君ですよ。きのうのドラマ呼び出しは剣道のお稽古だったんですね。それだけで萌えてたんですが、まさかシャワーシーンまであるなんて…! 二人並んで(仕切りはあるけど)シャワーですよ。なにこのおいしいシチュエーション。このときの二人の会話にも萌える。大河内さん、神戸君以外にお友達いないんだ(笑)。ワインをもらう約束してたのもいいなぁ。そして、その後、神戸君が大河内さんに食ってかかるのもおいしいんだよ。車の前に飛び出したりさ。序盤のアレを見たからなおさらグッとくるんですね。……なんていうか、こんな感想でスミマセン(汗)(何を今さら)。

陣川君は出てきたことは出てきたけど、全然活躍していませんでした。それがちょっと残念。このときが神戸君と初対面だったみたいですね。いきなり先輩風ふかしていたのには笑わせていただきました!

右京さんはロープで降りていったところが一番の見せ場だったような(笑)。みんなの準備がままならないうちに、窓からするっと降りて行っちゃうんだもんな。慌てふためくみんなと、いたって冷静な右京さんの対比が面白い。会議室の窓の外にいきなり現れて普通にデジカメで撮影しちゃってるのは、なにかギャグマンガでも見ているような気持ちになりました(笑)。

その人質籠城事件ですが…そんなに簡単にできちゃっていいんですかね? あまりにセキュリティが甘くてビックリだ。上層部がごっそり集まって会議してるんだったら、その会議室の前に警備の一人くらいは置いておこうよ。この会議室で自爆テロでも起こされたら、上層部がみんないなくなって、頼りない中園参事官がトップになっちゃうじゃない(笑)。

小野田官房長にはマジでビックリでした…。せっかく回転寿司の皿を戻さなくなったというのに…。ああ、これが死亡フラグだったのか…。私、素直じゃないので、小野田さんが刺されたとき「うわ、こんなにざっくりいってたら普通は助からないよ。盛り上げたいんだろうけどやりすぎだって!」と思っていました。その後の血の海を見ても「これは生きていられる出血じゃないよ…それでも助かるんだろうけど…」と。だから葬送のシーンで本当に驚いてしまいましたよ。まさかこんな呆気なく…。右京さんになら殺されてもという覚悟は、多分本当にあっただろうけど、人生思うようにはいかないようですね。

方法の是非はともかく、小野田さんは本当に警察組織を良くしようという思いはあったはず。絶対的な正義があると思ってるの? 正義なんてものは立ち位置によって変わってくるんだ、という発言には頷くものがありますし。現実主義者の私としては、どちらかというと右京さんより小野田さんの考えに近いんですよね。それが正しいとも思ってないんだけど。

ラストは中途半端に終わった印象が強いです。エンドロール後に何かあるかと期待したけど何もなかったし。前回の劇場版ではそれなりのカタルシスがあったけど、今回はもやもやしたものを抱えたまま終わってしまいました。その後、どうなったのかなぁ。気になる…。

警察組織の上層部が糸を引いているような事件は、結局、特命係だけではどうすることもできないし、あまりきっちりとした解決をするわけにもいかないんだよな。テレビシリーズでも小野田さんが絡んでくるような事件はそういう終わり方のものが多いし。テレビシリーズならそれでいいけど、劇場版だとやっぱりそれなりに解決してくれないとと思ってしまうんだ。

あれですね、コナン劇場版の黒の組織と似た感じというか(爆)。

▼相棒 感想等
相棒@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ユールベル

ユールベル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青山剛昌先生が「相棒」元日スペシャルに登場

青山剛昌先生が「相棒」元日スペシャルに登場するらしい。この情報を見たときは我が目を疑いましたよ。本人役ではなく現場検証をする鑑識役だそう。たぶんチョイ役だとは思うけどマジでビックリ。これはいずれコナンに右京さんが出てくることになるのか?(笑)。アニメだと局が違うからコラボは難しいでしょうけど。

▼相棒 感想等
相棒@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『相棒 season 9』 第9話「予兆」

2010年夏――ってことは、劇場版とリンクしているのかな? と思ったらやっぱりそういうことですね。

神戸君、朝帰り中に女性の死体を発見。どう見てもジョギングの格好じゃなかったぞ(笑)。何をしてたんだろう。事件よりもそっちが気になって仕方なかったです。

神戸君は亡くなっていた女性に違和感を感じたとか。それは女性のコーディネイトに関することだったらしい。ファッションについても、ネックレスについても、化粧についても、女性の心理についても、やたら詳しいうえによく気付くというか…。女性のことなら何でもわかるんじゃないかくらいの勢いです。どこでそういう知識を身につけるんだろうな。米沢さんじゃないけど、私も全然わかりませんよ(笑)。

亡くなっていたのは警察庁の総務課の女性職員でした。シングルバーで男あさりだけでなく、警視庁刑務部のエリートと不倫までしていたことが判明。当然ながら上の方はあまり表沙汰にしたくないようです。でも、それだけではないようで…。

いつもテレビ番組表を持ち歩いてるの?! 神戸君だけ? みんなそうしてるの? 聞き込み中にテレビ番組表を取り出すなんて人は初めて見たよ。あとでそのときやってた番組のことを調べるというのはよくありますが…。

警察庁長官直々のお呼び出し。右京さんは警察庁にも名を知られているのか。さすが…。しかし、事件の方は、長官直々に出てきたりと、何やらきな臭くなってきました。

神戸君は特命係のきっかけとなった事件を知らなかったんだな。こういうときに呼び出して話を聞ける便利な知り合いがいていいですね(笑)。神戸君と大河内さんの関係がどうにも気になって仕方ない。

犯人は警視庁刑務部エリートの妻でした。はずみで殺してしまったのかな。探偵を使って夫の素行調査をして不倫を知り、相手のことを許せなく思って詰め寄ったらしい。浮気ではなく本気だったのが許せなかった? どうやらただの不倫ではなく機密文書漏洩もあったらしいですね。

警察庁と警視庁はピリピリですね。対立ムードこわいよ!

大河内さんが神戸君を呼び出しましたよ。なにこの俺様(笑)。ちょっとときめいてしまったじゃないか。うーん、もしかして神戸君の朝帰りは大河内さんに付き合わされたから、なんてことはないだろうな……妄想が止まらなくなりそうだよ! どうしてくれるんだ!(……)

あれ、陣川君まで出てきました。緊迫感のあるBGMにそぐわない感じで(笑)。劇場版でまた登場するってことかな?

▼相棒 感想等
相棒@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ