地球へ…「星に潜むもの」

キースはマツカたちを伴いジルベスター星系へ向かってます。乗組員は経験なさそうな子ばっかり。「優秀な諸君なら絶対にできる」って、キース、本当は優秀なんて思ってないだろ(笑)。褒めて気持ちよく仕事をしてもらうなんてことを覚えたんだなぁ。まあ、自分ひとりで出来ることなんて限られているだろうし、うまく部下を動かさないとな。それも上官としての能力のひとつってことで。

それにしても、あまりにもダメダメな子たちです。惑星への着陸訓練も受けてないなんて。というか、経験がない以前に、逃げ腰姿勢ってのがね。キースを置いて帰っちゃいましたよ。あれだけダメそうだったマツカが優秀に見えてきました。本当に人材不足なのか、あえてこんな子ばっかりをあてがったのか…。

キースとジョミーが対面だ!「この感じ、誰かに似ている」とジョミーが言っていましたが、誰と似ているというのだろうか? キースはジョミーの思念波を受けてるので、ジョミーのことを知っててもおかしくないですけど。このふたり、実際に顔を会わすのは初めてなんですね。「捕まえたぞ、おまえの隅々まで知り尽くしてやる!」というジョミーのセリフになぜか笑ってしまったワタシです…。

フィシスが見たキースの記憶ってなんだったんだろう? 地球のビジョンだったみたいですが…。なぜ同じビジョンが見えたのだろうか。キースはもちろん謎なんですが、フィシスも謎なんだよなぁ。

ミュウたちはキースを捉えて記憶を読もうとするけど、見えるのは作られた記憶のみ。フィシスが見たキースのビジョンとは違うのかな? でも、歌は同じなんですよね? フィシスのビジョンというのも、もしかしたら作られたものだったりする??

ジョミーはあいかわらず感情的ですね。ソルジャーになった今も、昔とほとんど変わらないです。それがジョミーのいいところでもあるんでしょうけど。

マツカ単独ではキース探索に向かう。なんでそんなにキースに一生懸命なんだろう。「少佐、僕は、あなたを…」って、その続きは何だ? うっかり穿った見方をしてしまいそうです(笑)。

クレイブはやっぱり遠回しにキースを殺そうとしていましたね。そばに美女をはべらせて、絵に描いたような小悪党っぷりですよ。あまりにお約束すぎるセリフが並んでいます。えーと、ここは笑うところなんでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・ルナ

ルナ。さくらんぼはあんまり好きじゃないです。けど、美味しいものを食べたことがないだけかもしれません。「桐箱に入ったさくらんぼはすごい美味しいよ」と言われたけど、そんな高級品を食べる機会はきっとないです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

DEATH NOTE DVD Vol.7

DEATH NOTE Vol.7が届きました。パッケージ絵は Lです。でかいパフェを食そうとしています。初回特典は夜神総一郎フィギュア。この地味さ加減は素晴らしい(笑)。そもそもキャラのデザイン自体も地味なのに、ポーズもただ突っ立ってるだけという…。銃を構えるくらいしてくれれば良かったのに。おまけだからあんまり凝るわけにはいかないのかな。でも、顔の造形は良く出来ていると思う。

やっぱり Lがいいね! 見るたびに思うよ。Lがいないと物足りないなぁ。そして、白ライト君には大笑いです

第20話「姑息」からオープニングとエンディングが変更になりました。オープニング「What's up, people?!」、エンディング「絶望ビリー」で、両方ともマキシマム ザ ホルモンです。オープニングの方は、最初きいたときは、ぶっちゃけ「なんだこれ?!」と思ったものですが、今はこれもアリかなと思っています。歌詞はなに言っているのかさっぱりわかりませんが(笑)、ノリ的にはけっこう好きだし。映像の方、ものすごく頑張っていますね。あの曲に合わせて、ここまでやってくれるとはすごい。見てると楽しくなってきます。

しかし、なんでこの曲がデスノートの主題歌に選ばれたのか、さっぱりわからなかったのですが、デスメタルってことで「デス」つながりなんですかね…? それとも単なる大人の事情?(笑)。

▼DEATH NOTE アニメ感想等
DEATH NOTE@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

BLOOD+ 01 ファーストキス

BLOOD+ 01 ファーストキスを読み終わりました。アニメのノベライズです。1巻ではベトナム編まで収録です。

ちょっと硬めの凝った文章ですね。難しめの単語がけっこう出てきます…。小説を読み馴れていない人にはちょっと難しいかも。私も最初はかなりとまどいがありました。読んでいくうちに馴れてはきましたけど。

内容はほぼアニメのとおり。文章で説明されているので、補完という意味ではよいかも。個人的にはやっぱりソロモンが…(笑)。リセのダンスパーティのところはもうね、やっぱりすげぇよソロモン。文章で麗しさをこれでもかと説明されるとですね、また違った恥ずかしさに襲われるんですよ。そのうち悶え死ぬかもしれません(笑)。

アニメとの大きな違いは以下のとおり。

ムイに脚がある…脚がないという記述はなかったんですよ。体が弱い少女という設定のようです。そのため、ムイ関連のエピソードがけっこう削られていました。家族とか、金属探知機とか。

カールのイカれ具合…アニメほどではなかったです。「レッツダンス!」とは言ってなかったし。「舞え」とは言っていたけど。

アンナマリーが美少女…あれ? ワタシ、ひどいこと言ってます?(汗)。アニメでは勘違いお嬢様という感じだったのですが、小説ではプライドは高いけど気高い美少女、みたいな印象です。美少女とはっきり断言してましたしね。

▼BLOOD+ アニメ感想等
BLOOD+@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アンジェリカ

アンジェリカ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 3

コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 3

届きました。今回も黒のギアスでした。まあ、金なんて出るわけないと思ってます。ジャケット絵は、私服シャーリーとメガネルル。メガネ男子萌えな女子へのサービスですか? 値札ついてるけど(笑)。

■01 キャラクターソング「晴れのち夏の雨」

vocal: シャーリー(折笠 富美子)

スローテンポな曲です。乙女の恋心ってな感じですかね。シャーリーにはもうちょっと元気な感じ、もしくは思いっきり切ない感じの方が良かったかなと思いました。

■02 短編ドラマ STAGE 11.351「拘束衣の女」

脚本:加藤 新太

基本はコメディなんですが、意外といい話でした。「自由がないなら勝ち取ればいい」…ルルーシュのそんな強い思いが垣間見えました。

C.C.は針仕事なんて出来るんだ。それがいちばんビックリだよ。たとえ出来ても、そんな面倒なことをするとは思えなかったのに。なんだかんだ言っても、実は拘束衣がお気に入りだったのではないでしょうかねぇ。

「お取り込み中」のやりとりがおかしかったです。「お」をつけるところに悪意を感じる…ってのは、確かに! とものすごく納得してしまいました。わかってて誤解を招く発言を繰り返す C.C.は、面白がっているだけなんでしょうか…。

ナナリーはいったいどう思ってるんでしょうね、C.C.のこと。そうとう誤解されているような…。ルルーシュの部屋で一緒に住んでいるということも、いいかげん勘づいてもよさそうな。

というわけで、C.C.の私服はルルーシュの見立てによるものでした。どんな服かはわからないんですが、たぶん、例のゴスロリ系の服だったんじゃないかと…ルルーシュの趣味だったのか…。

■03 短編ドラマ STAGE 15.447「他人ごっこ」

脚本:野村 祐一

ミレイとリヴァルの他人ごっこがメイン。でも、他人ごっこというよりお見合いだな(笑)。リヴァル的にはお見合いごっこでもオイシイとは思うけど。お見合い百戦錬磨のミレイの返答はすごいですね。すっかり準備されています。立て板に水です。でも、ミレイのお見合いがあんなに大人しいとは思えない…。最初だけはいちおう大人しくしていて、あとでぶち壊しにかかるのかな?

実は、ミレイはルルーシュのことが好きだったりするのかなぁ? 違うような気もするけど、ちょこっと引っかかる部分があったり。たとえそうだとしても、ミレイはそういうのはあきらめているのかな。お見合いして結婚しなければならないから。考えてみるとせつないんだよなぁ、ミレイ。そういうのを見せないで、明るく振る舞っているのが彼女らしいけど。

スザクが空気を読んだ! 空気というか、リヴァルの執念を感じとったのでしょうか(笑)。

一生懸命なリヴァルが可愛かったです。ミレイらしいセリフの数々も良かったです! 素敵な思い出はなんだったんだろう。気になって仕方ない~。

■04 連続ドラマ「戻らない夏の日」 STAGE 0.522「秘密基地の唄」

脚本:大河内 一楼

C.C.が出てきた! ルルーシュは会ってたのに覚えてなかったのか。「様子を見てきてくれと頼まれた」って誰に? やっぱりマリアンヌですかねぇ。

ナナリーは無事でした。スザクの秘密基地に落ちて気を失っていただけ。こんなところに秘密基地を掘るなんて大迷惑だな! って、まあ、枢木の敷地内なので、どこに穴を掘ろうが勝手なんでしょうけど。

ナナリーはスザクによって笑顔を取り戻す。ルルーシュは一生懸命になりすぎたせいで、笑顔を忘れてたんですね。でも、だからって負けってわけでもないと思うけど。

ナナリーによって、スザクのルルーシュに対する誤解が解かれました。やっぱりきちんと話をしないと、わかりあえないですよね。悪いと思ったら素直に謝るところがスザクのいいところです。

スザクとルルーシュは、ナナリーがいたからこそ仲良くなれたのかな。ふたりだけだったら、ずっと意地をはりまくって、誤解しあったままだったかもしれない。

ゲンブとナナリーの婚約話に進展はなし。ここがいちばん気になっていたのに。

▼コードギアス 反逆のルルーシュ アニメ感想等
コードギアス 反逆のルルーシュ@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

DEATH NOTE「殺意」

模木さんはすっかり海砂の子守り係ですね(笑)。まあ、やることないんでしょうけど…。

ニアと月たちが会うことになりました。おお、緊張するなぁ。お互いに、相手の考えが読めると思っているようです。さて、どちらが上なのでしょうか。

メロが高田さんを拉致。高田さんってそんなにVIPだったんだ。お固いニュースでまで「高田様」と呼んでたり、ごっつい警備が山のようについてたり。扱いはまるで皇族です。キラの代弁者だからですかね。

高田さんはブラの中にデスノートを仕込んでた。ブラの中とは…。こうなることを予知していたわけではないでしょうけど、誰かに命を狙われる可能性もあるからってことでしょうか。用意周到。もしかしたら、月が具体的に指示をしてたんだろうか…ブラの中と…あ、ありえるよね…。

こういうときの行動は月からあらかじめ指示を受けていた様子。メロを殺しちゃいました。しかし、やっぱり神経が細い感じです。たったひとりでこのザマだ。使えなさそう…。

と思ってたら、高田さん、月に始末されてしまいました…ああ…。最初から利用するだけのつもりとはわかってましたけど、予想以上にあっけなかったので、ちょっと驚いてしまいました。海砂はなんだかんだいってしぶといよな…。

▼DEATH NOTE アニメ感想等
DEATH NOTE@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・レイチェル

レイチェル。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・アルティナ

アルティナ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名探偵コナン「元太の必殺シュート(前編)」

外人さん。日本語は上手いけど、英語はあんまり上手くないなぁ…と思ったらドイツ人でした。そういえば、名前がドイツっぽかったなぁ。3階を second floor と言っていたのでイギリス人かと思いましたよ。別れた妻がイギリス人ってことだったんですね。日本で使うとしたら日本語か母国語だと思ったんだけど。たまにごっちゃになるのかな??

元太は東京スピリッツが負けたので、チーズケーキを食べないなんて意地はってます。引っ込みがつかなくなりましたね。あれはちょっと可哀想だ。もうちょっとなだめて誘ってやればよかったのに。元太はそれほど強情じゃないし、その方が良かったかなと。だいたい、小さな子をこんなところにひとり置き去りにするってのはどうなのか…。

コナンの蹴りは機械の力に頼ったインチキ…うん、まあ確かにそうなんだけど(笑)。灰原の冷静な指摘は、あいかわらずキツいです。特にコナンに対しては。言えるときはここぞとばかりに容赦ないことを言いますよね。そういうところが好きなんですけど!

元太と「エル」が犯人の手がかりのようですが…。ルトガーさんがスポーツメーカーの社員ってのも関係あるんだろうか。あと、イギリスも。いろいろ考えたけど、ぜんぜん繋がらない。これというのが思い浮かばないです。ルトガーさんは犯人を見ているみたいですし、言語障害が治ったあとで直接聞けば万事解決だ(オイ)。

ところで本当に金目当ての犯行だったのかな。今回は被害者の関係者らしき人が出てきてないので、やっぱり金目当てなのだろうか。

▼名探偵コナン アニメ感想等
名探偵コナン@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

結界師「良守がいない夜」

黒芒楼では会議中。組織には「総務部」もあるのか…。妙に会社くさいぞ。本当に人間のをお手本にしちゃったんですね…。

良守はプールに突っ込んで風邪をひいてしまいました。妖退治に気をとられすぎて、自分がどんな状態か忘れちゃうなんて…やっぱりバカ?

バカなのに風邪をひく。百合奈ちゃんまで言うか。からかってる感じじゃないのが、よけいにひどい(笑)。時音が良守の姉ではないと、ようやく理解してくれましたね。「何なんですか?」なんて詰め寄ってるのは、少しは良守のことを気にかけてるから? …というふうには見えなかったけど。この子の場合は単純に疑問に思ったってだけのような気がする。

時音がうろたえたのが意外でした。家が隣なだけ! とか一蹴するかと思ったのに。「仕事仲間?」と疑問形で答えてましたねぇ。それもなんかちょっとしっくりいってない感じ? 幼なじみでも足りないっていってましたね。意外と大きな存在なんだろうか。

良守が時音のことを好きだって、時音も気づいてないわけじゃないよね。いくらなんでも。ただ、ガキ扱いしているだけで(笑)。ガキに好かれても意識しようもない。でも、良守もいつまでもガキじゃない。まだまだガキだしバカだと思うけど(酷)、だいぶ成長してきているとは思う。

すごいのが来た! 繁守が来るとはなぁ。ガキみたいにはしゃぎすぎだよ。と思ったら、けっこう食えない男だ。ギックリ腰をよそおって、時音たちだけにやらせようなんて。

良守は風邪をひいてても、時音より断然強いんじゃないの? 不意をついたとはいえ、一発でやっつけちゃったし。時音の苦労はなんだったんだろう。ちょっと悲しいな…。

繁守を見てて思った。良守もきっとあんなふうに年をとっていくんだなと(笑)。まあ、やるべきことをきちんとやるなら、多少ガキっぽいところがあってもいいんですけどね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

らくがき・万由里

万由里。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「遠くの光に踵を上げて」第87話 涙

「嘘だ!!」
 ジークは自分の叫び声で目が覚めた。直前まで何かの夢を見ていたはずだが、目を覚ました瞬間、すっと闇に沈み込むように記憶ごと消え去った。嫌な夢だったという感覚だけは残っているが、その内容は思い出せない。
 起き上がろうとして、体が動かないことに気がついた。手足が固定されているようだ。右腕にはギプス、左腕には固定器具らしきもの、シーツの下で見えないが、脚にも何かが取り付けられているような感触がある。あたりは妙に消毒くさい。病院なのか? 首を動かしてあたりを窺おうとする。
「気分はどうだい?」
 突然、降ってきたその声に、ビクリと体がすくんだ。おそるおそる声の方に振り向く。
 そこにいたのはサイファだった。パイプ椅子に腰掛け、にこやかな微笑みをたたえている。
「怯えなくても、もう君を殺そうなんて思っていない。その理由がなくなったからね」
 ジークは少しずつ記憶が蘇ってきた。道場でサイファと戦ったこと、手も足も出なかったこと、殺される寸前でラウルに助けられたこと、そして――。
 あれは夢でも幻聴でもない。
 信じがたい内容だったが、その確信はあった。あのとき、確かに自分の意識はあった。確かにこの耳で聞いた。それが事実なのかはわからない。確かめる術はひとつしかない。しかし――。
 ジークはもの言いたげな視線をサイファに送った。
「両手両足とも骨折だよ。当分は入院になるが、完治するそうだ」
 サイファはまっすぐに彼を見据えたまま、落ち着いた声で言った。
「そうですか、よかった」
 ジークはうわの空だった。だが、自分の声を耳にし、その冷たさに驚いた。取り繕うように、慌てて付け足す。
「レイチェルさんは無事だったんですか」
「ああ……」
 サイファの返事は歯切れが悪かった。表情も暗く沈んでいる。あまり無事だったようには思えない。だが、彼女に何かあったのならば、もっと取り乱しているだろう。
 ジークは気になったが、何も尋ねられなかった。

「サイファ」
 半開きの戸口から、ラウルが姿を見せた。相変わらずの無表情だった。腕を組んだまま、目で呼びつけている。
「眠ってて」
 サイファはジークの頬に軽く触れて微笑んだ。その微笑みを残しつつ立ち上がり、颯爽とした足どりで外に出ると、後ろ手で扉を閉めた。
 その途端、彼の顔つきは険しくなった。目線を上げ、声をひそめてラウルに尋ねる。
「被害状況は?」
「死者3名、重傷者8名、軽傷者21名」
「そうか……」
 サイファは重々しくそれだけを口にした。すぐには二の句が継げなかった。
 ラウルは淡々と報告を続ける。
「長老たちの証言によれば、暴発が起こったとき、アルフォンスは自らの結界を張らず、ルーファスの結界を解除したらしい」
「そうだろうな。直撃を受けたとしても、あのふたりが結界を張っていれば、助からないはずがない。アルフォンスは計算ずくでレイチェルに魔導増幅器を渡したのだろう」
 サイファは難しい顔で腕を組んだ。
「しかし、なぜそこまで……私がジークを殺せないと思っていたということか……」
 考え込みながらつぶやく彼を、ラウルはじっと見つめた。
 サイファはその視線に気づき、訝しげに顔を上げた。
「何だ?」
 ラウルは一拍おいてから、静かに答える。
「レイチェルは、どのみち処刑される予定だったらしい」
 サイファは息を呑んで、大きく目を見開いた。
「……そうだな、確かに彼らにとっては邪魔な存在だ。処刑する理由はあっても、生かす理由はない。私との約束を破ったところで、彼らに何ら不利益はない。そんなことさえ気づかずに、私は彼らの思うままに行動してしまったというわけか」
 うつむきながらそう吐き捨てると、自嘲の薄笑いを浮かべた。
「少し休め」
 ラウルは無表情で言いつけた。
「心配してくれているのか」
「医者としての命令だ」
 サイファは目を伏せ、ふっと息を漏らした。
「何かをしていないと、よけいにおかしくなるよ」
「……勝手にしろ」
 ラウルはひと睨みすると、腹立たしげにため息をついた。
 サイファはそんな彼を見て、にっこりと微笑んだ。
 しかし、それはすぐに真面目な表情へと変わった。隣の病室に険しい目を向ける。扉は閉まっていた。
「レイチェルは?」
 声を落として質問する。
「さっき見たときはまだ眠っていた」
 ラウルは無愛想に答えた。
 サイファは音を立てないように扉を開け、中へ入っていった。部屋は薄暗かった。灯りは消されており、窓にはクリーム色のカーテンが引かれている。そして、中央にはパイプベッドがひとつ置かれていた。
「死者3名、重傷者8名、軽傷者21名」
 力のない小さな声が聞こえた。そのベッドに横たわるレイチェルの口から発せられたものだった。
 サイファはドキリと心臓が縮み上がった。同時に歩みも止まった。
「起きていたのか」
 平静を装って返事をすると、何事もなかったかのように再び足を進めた。だが、心の中では、自分の軽率さに舌打ちをしていた。部屋の前でする話ではなかった。もう少し配慮すべきだった。彼女にはまだ告げるつもりはなかったのだ。今は受け入れられる状態ではないはずだ。大丈夫だろうか――ベッドの横に跪き、不安そうに様子を窺う。
 彼女は天井を向いたままだった。目を開けてはいたが、焦点は定まっていないように見えた。白い肌は、いつもよりさらに白く、まるで血の気がなかった。小さな唇にだけ、微かな赤みが差している。
 サイファは柔らかな頬にそっと触れた。ほとんど温かさを感じられない。
「お父さまは?」
 レイチェルは彼に目を向けずに尋ねた。
 サイファは、一瞬、言葉に詰まった。しかし、すぐに真剣な顔になった。ここまで知られてしまった以上、ごまかすことが良策とは思えない。ゆっくりと語りかけるように口を切った。
「レイチェル、落ち着いて聞いて。アルフォンスは……」
「亡くなったのね」
 レイチェルは先回りをしてぽつりと言った。
 サイファは眉根を寄せ、うつむいた。
「私の力が足りないばかりにこんなことになってしまった。申しわけない」
 噛みしめるように、詫びの言葉を口にする。
 レイチェルは首を横に振った。目からは大粒の涙が溢れ出した。
「すべて私のせい。私がお父さまを殺してしまった。たくさんの人を傷つけてしまった」
「違う! 君は悪くない! 悪いのは処刑しようとしていた奴らの方だ。それに君の意思じゃない。魔導増幅器のせいで力が暴走してしまっただけだ。君も被害者じゃないか!」
 サイファは必死に擁護した。思いつく限りのことを捲し立てる。しかし、彼女を納得させることは出来なかった。むしろ、過敏になっている神経を刺激しただけだった。
「違うの! 私さえいなければこんなことにならなかった! すべての原因は私にあるの! サイファだって知ってるじゃない!!」
 激しく感情を昂らせ、震える声で泣き叫ぶ。
「レイチェル、聞いて」
 サイファは上から彼女の両肩を押さえるようにして覗き込んだ。
「私がいけないの!!」
 レイチェルは切り裂くような悲痛な叫びを上げた。右腕で目を覆い、何度も首を横に振った。流れる涙は止まらない。苦しそうに嗚咽を続ける。
「レイチェル……」
 サイファは途方に暮れた。
 彼女から否定の言葉を聞いたのは、今日が初めてだった。彼女はいつだって前向きだった。逃げることなくすべてを受け止めてきた。だが、今回のことはあまりに大きすぎた。いや、本当はずっと無理をしていたのかもしれない。そして、その無理を強いたのは自分だったのではないか――。
「ごめんね……」
 弱々しく紡がれた謝罪。彼女には届いていないかもしれない。だが、そんなことはどうでもよかった。ただ、口にせずにはいられなかった。温もりを求めるように、彼女の肩に頭を埋めた。

…続きは「遠くの光に踵を上げて」でご覧ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らくがき・梨子

梨子。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ