スペシャリスト

2016年1月14日
スペシャリスト。第1話を見ました。京都府警の特別捜査係が解散したあと宅間はどうするのかなと思っていたら、警視庁に異動(?)したもよう。何かしら警察庁長官の思惑があるみたい。新相棒の我妻さんは姉小路さんほどうるさくなくていい感じ。宅間には敵わないけど基本的には優秀な人みたいですね。優等生タイプ。しかしですね、初回はご挨拶代わりに軽く事件を解いちゃう感じかな…と思ってたのに、宅間が殺人事件の容疑者として逮捕されて懲役20年という判決まで出ちゃってびっくり。さらに10か月たったとかオイ! もちろん本当に殺したなんて思ってなかったけどさ、すべてわかったうえの罪滅ぼしだったとは…。10年入ってましたから、という決めゼリフが変わっちゃわないか心配…してたら姉小路さんにつっこまれてた(笑)。姉小路さんが登場するとは思ってなかったけどレギュラーなんですね。他の特別捜査係のメンバーとともに警視庁・総合事犯対応係(仮)に引き抜いたと。初回からどんでん返しの連続、予想外の展開など、いろいろ盛りだくさんで面白かったです。これまでのスペシャルでいろいろ謎が残ってるけど、そのへんもこれから絡んでくるっぽいですね。楽しみ。

2016年3月17日
スペシャリスト。最終回でした。ちょっと憎らしいけど憎めない宅間のキャラが良かったし、純粋にストーリーも面白かったです。どうなるかわからなくて最後までハラハラ。いくらなんでもそれは無理だろうってこともあったけどね。宅間が逃亡中に短時間で凝ったサイトを作ったりとか。でもそこはまあフィクションとして。決めゼリフがどうなるか初回に心配したけど、すっかり「10年10か月」が定着しちゃいましたね。もうこれ以上増えないことを祈る(笑)。最終回はいろいろ驚いた。野方?! ええええ、おまえかよ! とっぽい顔してそんな大それたことをしてたんだ…そんな危険思想を持ちながらあんな平凡な雰囲気だったんだ…。ソージ係まわりはみんなこの事件の関係者だったってことね。我妻さんはいろいろ複雑だろうけど、すこしはほっとしたかな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 刑事バレリーノ 科捜研の女 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。