コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN 25 『Re;』

最終回でした。いろいろ書きたいことがあるけれど、言葉が出てこないし、まとまらないです。今までは時間がないとき以外、だいたい2回見ていたんですが、最終回はしばらく見られそうもありません。DVDが出たら、またじっくりと見ます。ショックだとかそういうことじゃないんだよ。胸がいっぱいっていうのかな。感動というのもちょっと違う気がするし。とにかく、最後まで見て良かったなと思いました。

ルルーシュが死なないことには終わらないとは思っていました。が、こういうことだとは思わなかった。ゼロレクイエムってこれだったんだ。ルルーシュの前に出てきたゼロを見たときに、ようやくわかりました(遅)。皇帝ルルーシュの行動は、憎しみを集めるための行動だったんだな。ナナリーにギアスをかけてまでダモクレスの鍵を奪った理由もわかりました。しかし、そこまでの覚悟が持てるとは…。撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけ…ですね。死ぬ覚悟だけだったら、他に持っている人もいたけれど、全世界の憎しみを受ける覚悟というのはルルーシュだけですよね。こっちの方が、死ぬより大変なことだと思うんだ。

スザクがルルーシュと手を組んだ理由も、ゼロレクイエムが明らかになって、ようやくしっくりきました。これだったら、憎んでいたはずのルルーシュと手を組むに値する理由になります。ユーフェミアが求めていたことだもんな。彼女だったらその方法には賛成しないだろうけれど。ここまで託せるのは親友だからこそ…というか、親友という言葉では軽すぎますね。C.C.とルルーシュは共犯者ということだったけれど、スザクとルルーシュも共犯者だといえるんじゃないかな。ルルーシュもスザクも、自分たちで決めたこととはいえ、どちらもつらい運命です。生きていかなければならない方が大変かも。

ナナリーがすごかった。というか、名塚さんが凄いと思った。今まで優しい声しか聞いてなかっただけに、今回の覚悟を持った強い声や罵り、絶叫なんかはものすごい威力でした。ギアスを掛けられたときに、優しい声に戻るところも良かった。最後の絶叫には泣かされました。ルルーシュはナナリーの願いを(完全にではないけれど)叶えたことになりますが、ナナリーとしてはルルーシュとささやかな幸せを求めながら生きていきたかったんだろうな。しかし、ナナリーはまだ歩けないんですね…。シャルルのギアスを破ったから、目を開いたと同時に歩けるようになったのかと思ってました。

ナナリーやカレンが最後にルルーシュを理解してくれたのが、せめてもの救いでした。世界からは憎まれても、やっぱり身近な大切な人たちにはわかってほしかったから。リヴァルやミレイはどうなんだろう。

ジェレミアが本当にオレンジ畑でオレンジを収穫していたのには笑った。なぜアーニャが一緒だったのだろう…。玉城がバー(?)を開店していたのには驚き。その資金はどこから…。黒の騎士団の資金をくすねて貯金していたんじゃ…と思ってしまった私を許して(汗)。扇とヴィレッタは幸せそうで良かった。

▼コードギアス 反逆のルルーシュ アニメ感想等
コードギアス 反逆のルルーシュ@SKY BLUE

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )
« らくがき・ア... アマゾン顛末... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
【最終話】コードギアス反逆のルルーシュR2 turn25「Re」【感想】【ゼロレクイエム】 (失われた何か)
「王の力は人を孤独にする」 コードギアス、ついに最終回。 ゼロレクイエムは世界統一し、世界の憎悪を向けられたルルーシュに対して ゼロ...
 
 
 
ギアスの感想を書くのはコレで最後になるのか? (【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 この人を探しています。  一応声も当てられてるっぽいんで出てくるとは思うんですがね、それでも中の人が咲世子さんと掛け持ちなので...
 
 
 
コードギアスR2第25話『Re;』の感想レビュー(最終回) (gurimoeの内輪ネタ日記(準備中))
『ギアスという名の王の力は人を孤独にする。ふふっ・・・。少しだけ違っていたか?なあ、ルルーシュ?』 C.C.の呟きは空に向かって放たれたものでしょうか? 「ゼロレクイエム」の正体とは? 世界の運命は? ルルーシュが最後に使ったギアスとは? 2期にわたって紡が...