相棒 season15 第4話「出来心」

悩み相談の団体をよそおった詐欺師の話。

青木は特命係に入りびたってるなぁ。仕事はあると思うけどしてるの? コネで入ったからやりたい放題? すっかり右京さんのチェスのお相手ですよね。どういうつもりで右京さんと仲良くしてるんだろう。良い感情を持ってなかったと思うんだけど。何か企んでるのだろうか。

美人局にひっかかる人って多いのかな。ひっかかる人はそんなのいないけど、ひっかかった人からとことん搾り取るのかな。弱みを握られて脅されたら、気の弱い人なら払い続けちゃうよね。

しかし、この美人局の女はあからさまに芝居がかっててあやしいんだけど。お色気っぽい表情を作って、耳元でささやいて、いやらしく触れれば陥落すると思っている感じ。こんなのにひっかかるのってよっぽど見る目のない男なんじゃ。

刑事は疑り深い嫌な目をしている…ってイタミンじゃん!(笑)。

青木っていろいろこじらせてるなぁ。バカと自惚れた女と警察は嫌いだと。理屈っぽくて物事を斜めに見ている彼が、こんなあからさまなのにひっかかるわけないじゃん、と思ったのにめっちゃひっかかってる…え、さすがに芝居だよね? と思ったけどマジだったのか。女に免疫なさすぎなのかな。

若い女性を殺したのは詐欺師のところに相談に来ていた若い男。うーん、自分のことしか考えられないひとって怖いですね。こういうことをしたら相手がどう思うかとか考えられないんだろうな。どこか頭おかしい。

右京さんが神様が出来心で助けたとか言ってたけど、なんかもにょる。どういうつもりで言ったんだろう。詐欺師に更正してほしかったから?

▼相棒 感想等
相棒@SKY BLUE
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« らくがき・サ... らくがき・七海 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
相棒15第4話「出来心」 (森の中の一本の木)
山形弁で思わず水にぬれて気持ち悪い時は「やばちぃ」と言うのですね。 ひったくりの現場に遭遇して「警察の仕事だから」と無視しようとしても、故郷の言葉に反応して体を張って......