でぇごんさんの大子日和♪

旧名「大子のでぇごん」。でぇごんさんの茨城県の大子町での日々つれづれ。
旧ブログ記事は「旧記事」カテゴリからどうぞ。

厳冬期ならではの奥久慈大子の風景

2017年01月25日 | 日々つれづれ♪

冬来たりて年が変わり…春近し…といえど寒し!な茨城県の大子町からです

1月25日の朝は、マイナス8.8℃!
数日前から寒さは続いていましたので、この時期ならではの神秘的な光景が見られました。



大子の商店街を流れる久慈川で、「しが」です。
「しが」とは、川の流氷現象で、北海道の一部と、ここ大子町~福島県矢祭町あたりの久慈川でしか見られない光景です。
寒ければ流れるものではなく、数日間の寒さが続く、久慈川の水量が少なめでキレイなことなどいくつもの条件が揃って初めてシガは流れます。
まだまだ謎も多い、だからこその神秘的な現象です。



このあたりは地面が強固な岩盤で、冷やされた岩の周りに氷結がみられます。
どうやら凍り付いたものが剥がれてながれたものとは違う、シャーベット状の固まりなので謎ですね。



シガの流れる風景で有名な、袋田にある南田気の地獄橋です。
ここまで流れるのは3年ぶり。
去年一昨年は暖冬でしたね。ここは。



大子の商店街から北側、矢田地区ではこんな大量のシガ。
午前10時頃まで流れていましたが、ここより南では日当たりも良くなる流域のため消滅していました。

寒いならではの、絶妙な条件で見られる「しが」。
奥久慈大子の宝物です

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥久慈大子に冬来たる。 | トップ | 第10回 大子町 百段階段でひ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
氷華(シガ)! (田植え機に乗ったサラりーマン)
2017-01-25 16:40:12
 懐かしいですねぇ、シガ!
「大寒」が過ぎてから寒さが一段と厳しくなりましたよね、これ以上寒さが厳しくなると川が凍結してしまいますのでこの現象は自然の微妙なバランスの上で成り立っている現象のようですね。
シャーベット状の氷の固まりが朝陽にキラキラ輝いて川面を流れて行くの初めて見た時すごく感動したのを覚えています、もうずいぶんと前になっちゃいましたが。

そうですかぁマイナス8.8度ですかぁ、シガが1週間ぐらい連日流れ続けるとひょっとして「袋田の滝」の全面凍結の期待も……、しばらくぶりに完全凍結の氷瀑も見てみたいですねぇ、期待が高まっちゃいます。
ではでは。
ご無沙汰のシガです。 (でぇごん)
2017-01-25 22:57:14
田植え機に乗ったサラリーマンさんへ、3年ぶりですから、ご無沙汰ですね。
ちょうど今頃が寒さの厳しい頃、節分までは厳冬期です。
かつては対岸まで氷結しスケートできたくらいというので、今はそこまで凍ることなくシガの観察ができる環境と思います。おそらく先は温暖化で見られなくなるかもしれませんが…。
翌26日も可能性はあるかもしれません。よかったら早朝に、ぜひ。

コメントを投稿

日々つれづれ♪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。