今週末は何を観よう?-PLAstica.のミュージアム案内

今週末行ける、オススメの展覧会やアートイベントをご紹介しています。
(関東地方・現代アート中心です。)

最新VR施設で アニメ・ゲームの世界に入り込む! ーVR ZONE SHINJUKU

2017年08月10日 | Weblog
 
 
新宿にオープンしたVR ZONE SHINJUKU
実際に行ってみるまでわからなかったことなどもあったので、気になったことを記録しておきます。
 
 
■チケットの購入

・前売りは「1day4チケットセット」のみ。(2017年8月現在)
現在のところ、前売りチケットは「入場+アトラクション4種」ので¥4,400のセット券のみのようです。当日券には”入場チケットのみ ¥800”もあるようですが、予約で埋まってしまうと、当日券の販売はないようです。
 
 
・紙チケットでもアプリでも購入可。
アプリを使わずに購入した場合、メールに添付のQRコードを見せて会場で紙のチケットに交換してもらいます。紙でも特に不自由はありませんでしたが、全部で5枚のチケットを受け取るのでアプリのほうが便利そうでした。
 
・時間指定制だが、入れ替え制ではない。
前売りチケットの購入時に1時間刻みの入場時刻を指定します。お台場のVR ZONEは入れ替え制でしたが、新宿は入場時刻の指定のみ。一度入場すれば一日いてもOKなようです。
 
 
・カフェ・物販は入場者のみ利用可。
VR ZONE SHINJUKUはカフェなども魅力的ですが、会場に入場しないと利用できないようです。お昼を食べたりしたい場合などの時間も考慮してチケットをとったほうが良さそうです。
 
・午後になるほど行列も長くなる…
あとで書きますが、アトラクションによっては結構並びます。入れ替え制ではないので、午後の遅い時間の方が待ち時間は伸びてきたように思います。
 
→ 予約はなるべく早めの時間で指定した方が良いかもです。
 
 
■入場します!
 
・指定時刻の15分前から入場可能。
チケット引き換えのカウンターで、予約画面を提示してチケットと引き換えます。予約制ということもあり、行列もなく快適に入場できました。
ここで、 VRアトラクションに必要なニンジャマスクももらえます。
 
 
・アトラクションの待ち時間はディスプレイに表示。
会場内のディスプレイにはアトラクションごとの待ち時間が表示されています。0分〜120分まで、アトラクションによって差がありますね。30分刻みの様子で、実際に待つ時間は、表示よりはすこし短いイメージでした。
 
 
・一部、デフォルトチケットでしか体験できないアトラクションも!
はじめに4種類の体験チケットを購入しますが、追加料金でそれ以上のアトラクションも体験できます。ただし、一部のアトラクション(待ち時間の長いもの?)は当日券購入不可のようです。どれを優先するか計画を立てておいたほうがよさそうです。
 
 
■いざ、アクティビティにチャレンジ!
 
 
・4つのチケットで体験できるアクティビティは以下の通り。
 
◯YELLOW Ticket
・マリオカート アーケードグランプリVR


はじめにこれを体験される方が多いそうですが、1度に4人体験できるので回転率は良いです。やっぱり、馴染みあるゲームの中に入り込めるのは楽しいです!(これは、外から見ていても楽しい…)
 
 
・極限度胸試し 高所恐怖SHOW
以前に体験したので今回は体験しませんでしたが、これは本当に傑作!!ただの板切れ一枚の上を歩くだけなのに、本当に怖くて歩けなくなります。ぜひぜひ体験して欲しいアクティビティ。
 
 
・装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎
 
◯RED Ticket
・極限度胸試し ハネチャリ
映像がきれいです。ずっと漕ぎ続けるわけではないので、体力に自身がなくても大丈夫でした(^_^; (ほぼ滑空機かよ!って思わずツッコミ入れたくなりますが…)でもやっぱり高い所から飛び降りるスリルはあるので、高所恐怖症の方にはオススメしません〜
 
 
・ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)
・恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル
 
◯BLUE Ticket
・エヴァンゲリオンVR The 魂の座
一番待ち時間の長いアトラクションでした。(120分)美しくてリアリティのあるVRの映像世界に感動します!シューティングゲームのようなゲーム要素もあります。
 
 
・ガンダムVR ダイバ強襲
・ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波
 
◯GREEN Ticket
・急滑降体感機 スキーロデオ
・VRシネマティック アトラクション アーガイルシフト
・釣りVR GIJIESTA
 
◯どのチケットでも可
「VR ZONE」ですが、VRじゃないアクティビティもあります。1Fの隅にひっそりとありますが、意外に(?)こちらも楽しかったです!
 
・パニックキューブ
小さな部屋の中での謎解きゲーム。制限時間内にクリアできないと巨大風船が破裂します。テレビの罰ゲームみたいですね。背後のリアル風船がどんどん大きくなっていくのはなかなかの恐怖でした。
 
 
・トラップクライミング
プロジェクションされたり、エアーが出てきたりする壁面でボルダリング体験ができるので、ボルダリング初体験してきました。制限時間は7分間ですが、その後2日間筋肉痛になりました…難易度別のコースがあるので、初心者でも楽しめました。
 
 
・ナイアガラドロップ
こちらは体験しませんでしたが、高さ約7mから垂直落下するアクティビティ!見ているだけでもかなりのスリル!!
 
 
また、一部のゾーンは無料で楽しめます。
プロジェクションのビーチや
 
 
 
ミニボルダリング体験
 
 
NAKEDによるインスタレーションなども面白かったです。
 
 
 
■VR ZONE SHINJUKU まとめ。
 
・時間指定入場だけど入れ替え制ではない。
・指定時刻の15分前から入場可能。
・人気のあるアトラクションは結構並ぶ。30分〜120分待ちのものも。
(でも屋内だし、スッタッフさんの解説などが楽しいので意外に苦にならない。)
・入場後でないと、物販・レストランも利用できない。
→ 早めの時間のチケットの方が快適に楽しめそうです。 
 
一方、夜は夜で、建物にNAKEDによるプロジェクションなども行われる様子ですので、こちらも楽しそうですね。
VRも、VR以外のアクティビティも楽しめるVR ZONE。オススメです! 
 
******************
 
■VR ZONE SHINJUKU
 
 

超現実エンターテインメントEXPO 「VR ZONE SHINJUKU」
場所:東京都新宿区歌舞伎町1-29-1
期間:2017年7月14日(金)~ 期間限定
時間:10:00~22:00 ※最終入場時間21:00

・飲食ラストオーダー
フード21:00/ドリンク21:45(持ち帰りは22:00まで販売)
・各アクティビティ
受付 21:30頃 ※各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり。

休業日 年中無休

「これはヤバイ!夢が叶う!」「怖すぎて足が震える!」「めっっっちゃ楽しい!!」

2016年、東京お台場。
「最先端のVR技術」と「独自の体感マシン」で未だかつてない圧倒的な没入感と現実感を生み出し、3万7千人の体験者を驚愕と熱狂の渦に巻き込んだ、VRエンターテインメント施設「VR ZONE Project i Can」が、ついに復活です!

今度の会場は、新宿ど真ん中の巨大専用施設「VR ZONE SHINJUKU」。
アナタの夢や好奇心を叶える「驚愕のホンモノ体験」を新たにタップリ用意して、いくつもいくつも詰め込みました。

思わず身体が反応し、びっくりするほど大きな叫び声や歓声を上げてしまう。
そんな非日常体験で気の合う仲間と思いっきり羽目を外してみませんか?

待っているのは、全てが一生に一度クラスのレア体験。心の準備はいいですか?

 
ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末行ける展覧会・イベン... | トップ | 個性をつないで”星座”をつく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL