ちょっと頭に浮かぶ

はてさて、あれこれ考えているのは本当に私? それとも私ではない別の何かかしら? だったら、それはいったいどんな存在。!?

住み心地のいい世界

2016年09月19日 15時42分23秒 | 随想
結局すべてのことがそうなのだけれど、わかりやすいのは環境問題か。

環境問題は問題になっているのは環境のことであって自分のことではない。要するに他人事である。自分のことでないことに人は一生懸命にはならない。だからいつまでたっても環境は問題を抱えたままである。

だが環境は他人事なのか。自分のことではなのか。いやそうではあるまい。環境とは自分のことである。環境なくして自分の存在はあり得ない。ならば環境もまた自分である。

人は自分とそれ以外という区別をする。
それはそれで当然正しいのだが、反面、自分とそれ以外なんぞという区別は無意味でもある。というのは自分とそれ以外の存在は繋がっているからである。繋がっている以上、自分以外の存在は自分の延長線上の存在であるわけで、要するに自分である。すべては地続きである。断絶しているわけではない。

他人事だと考えているから世界は問題だらけである。ちっとも解決しない。
あれもそれも自分のことなのである。関係の濃いのもあれば薄いのもあるけれど、ともかくも自分と繋がっていないものはない。

話は飛躍するように聞こえるかもしれないけれど、要するに自分なんぞ存在しないとも言えるのである。エゴと言ったほうが通じやすいか。本来、エゴなんてあり得ない。自分とそれ以外と自ら分断することでエゴが発生する。すべては繋がっているのだから自分とそれ以外という分断を自らしさえしなければ、エゴは発生せず、世界そのものが自分である。

世界が自分であれば、当然あらゆることを他人事なんていってるいられない。環境はもちろん他者のことも。他者もまた自分なのだから。
そのように意識すれば接し方も変わろう。

分断された世界より繋がっている世界のほうが住み心地がいい。本来そうであるのに何が哀しくてわざわざ分断するのか。愚かしい。
そろそろエゴを捨てていい頃だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊穣な世界 | トップ | 元気でいられる行為 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。