オメガ時計コピー

オメガ時計コピー スピードマスター シーマスター デヴィル オメガコンステレーション ミュージアムコレクション

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オメガスピードマスター時計コピー 311.30.42.30.01.005

2017-06-30 16:19:44 | オメガスピードマスター時計コピー
オメガスピードマスター時計コピー 311.30.42.30.01.005 ステンレススチール ブラック 50m防水 サファイヤクリスタル風防 6針(2夜光針) 手巻き
ザ・ムーンウォッチ「スピードマスター プロフェッショナル」。
1996年よりRef.3570-50で親しまれたプラスチック風防のスピードマスターですが、この度「Ref.311.30.42.30.005」に変更となりました。防水性能が30mから50mにアップしており、さらに専用の“特製ムーンウォッチボックス”が付いています。
ボックスの中には、NATOベルト・ベルクロストラップ・ベルト交換ツール・スピードマスターブックレットが付属しており、ブレスレットをストラップに交換してお使いになれます。

カテゴリ オメガ スピードマスター(新品)
型番 311.30.42.30.01.005
機械 手巻き
材質名 ステンレス
ブレス ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
外装特徴 タキメーターベゼル
ケースサイズ 42.0mm
機能 クロノグラフ

今回は定番中の定番。「ムーンウォッチ」オメガ スピードマスター プロフェッショナルをピックアップし、先代6thモデル3570-50から現行311.30.42.30.01.005の進化について注目していきたいと思います。

まずはじめにオメガ スピードマスター プロフェッショナル 3570-50について
さかのぼること1997年から17年間変わらずに定番のスピードマスターとして愛されてきたモデル。数あるスピードマスターの中でも「手巻き」「強化プラスチック風防」のNASA公認3570-50は僕が初めてオメガという時計を知るきっかけになった時計です。皆さまの中にも初めて手にした機械式時計が3570-50という方も多いのではないでしょうか。

そして2014年モデルチェンジ。スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ311.30.42.30.01.005へと変わります。
さて、ここから相違点に入ります。

まず外観!!相違ないですね、、、、

誕生から50年以上の歴史を誇るスピードマスターの本流がムーンウォッチです。大きな意匠はほぼ変わらず、ブラック文字盤、クロノグラフ、タキメータースケールという組み合わせは継承しつつ、防水性能が30メートルから50メートル防水に、ブレスレットの駒がピンからネジのタイプに変更されています。針、インデックスはスーパールミノヴァが装備され、暗闇においても視認に優れます。ムーブメントは安定した精度を誇る、Cal.1861手巻きクロノグラフムーブメントとなります。

NASAの6度にわたる月面着陸プロジェクトすべてに携帯された時計として、オメガを代表的するモデル“スピードマスター”を入荷致しました。搭載している手巻き・Cal.1861は、月面着陸時に着用されていた手巻きムーブメントと同じ機構です。箱は特製ムーンウォッチボックス仕様となっており、NATOストラップとベルクロストラップの2タイプの替ベルトが付属します。パワーリザーブ48時間。50m防水。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | オメガシーマスター時計コピ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。