格安CDエクスプローラー

<100円からのCD批評>
~主に中古CDを漁り歩いて幾年月/好きなジャズ、ラテン音楽を中心に勝手・気ままな音楽批評

ドライビングミュージックのお供になるアルバム

2017年07月11日 | ポップス


Various Artist
 [Feeling Groovy10 / Raimbow ]     (Wea/1995)      日本盤  108円   星3つ

 

~70年代フュージョンのトップヒットアルバムに集録されていた楽曲の中で、有名アーティストによるコンピレーションの『Feeling Groovy』なるシリーズ第10作目。これは、タイトルの比較的メロディアスで、親しみやすい曲想の作品に焦点を当てた<レインボー>なるイメージで、優しく美しいBGMフュージョンで、今風のスムースジャズという部分とも合致するものが多い。カールトン、フォープレイ、J.デューク、B.ジェイムス、スタッフなどメジャーで人気者のスターたちの。全くベタな企画だが、カーステレオにてかけてドライブしてみると非常に居心地も良く、最近のお出かけタイムにヘビーロー・テンションしているのでした。それ以上でもそれ以下でもなし、特別な思い入れも発生しないコンビニ100円CDである。


Various Artist
 [Streets Of Fashion / Via Conditti Roma ]     (H.Squared / 2006)      イタリア盤  108円   星3つ

 

~何だかわからねど、オシャレなイタリア系シティミュージックのコンピもの。そもそもジャケ買いであって、クラウディオ・カルディナ―レらしい女性の写真有りきの正に「Streets Of Fashion」だから、そもそもBGMとしての活用が主たる目的なCDとして、ドライビング中のカーライフにピッタシだと思う。イタリアのオシャレな今風音楽や日本人の渋谷系らしき音源(もっとも『日本語とわかる』ような歌い声はあまり存在せず)、やさしい女性ボーカルに打ち込みのリズムとシンプルなリフドラムがつながり、軽くスムーズなドライブに最適である。現代に音楽に求められる環境に中で、主張せず心地よい雰囲気を醸すという点で、こうしたCD形式のコンピレーションこそが低迷する音楽市場でのCDアルバムの使命だと思わざるを得ない位、どうも正価では買う必要性など微塵も感じないが、ある部分正解だろうと言えるスタイリッシュなアルバムだ。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 主張の濃いブラック女性ミュ... | トップ | 鉄板AORの名手の新旧アルバム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL