まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.671 各駅巡り・JR和歌山線(5)

2017-02-09 11:39:36 | 鉄道
おはようございます。











2枠続けてタイトルに「和歌山」が入ってしまったのですが今回は和歌山とは全く関係なし、今回はJR和歌山線各駅巡り、奈良県パートの一応最終回をお送りしていこうと思います。前回は大和新庄駅までお伝えしました、本来なら次は高田駅となるところですがここは前に万葉まほろば線の時に寄っているので、今回はスルーさせてもらって次の駅へと向かいます。
その次の駅はJR五位堂駅、五位堂と言うと近鉄は急行も停まる大きな駅で、そちらは国道165号線をたどれば簡単に行くことができるが、JRの方は国道から遠く離れた分かりにくい所にある。高田駅からは位置的に北西方向にあるが、ここは大和高田の市街地を西へと進みその後北へと折れる遠回りの行程で行くしかない、土地勘がない所で地図でも分かりにくいほどの道を感覚で進んで行くとJR線の踏切が見え、その向こう側にホームが見えた。しかし踏切を越えても町中の入り組んだ細い道をカクカクと進んで行かなければならず、やっと駅にたどり着いてもそちらは裏口に当たる方で駅舎があるのは反対側、近くの踏切を渡ってやっとのことでJR五位堂駅の駅舎前へとたどり着く。後で地図を確認したところでは右折する道を1本間違えたようだったが、土地勘がない所なので仕方ない、なぜそんな辺鄙な所に駅があるのかと言うと、この駅は元は五位堂信号場、香芝~高田間の距離が長くて、ここで列車が交換していたのが駅に昇格となった、しかし近鉄の五位堂駅とは結構離れていて場所も寂しい所なのであまりお客さんもいない感じである。ここから真っ直ぐ細い道を北へ進むと近鉄五位堂駅前、さすがに急行が停まる駅だけあってこちらは人も車も多くて賑やかな所、同じ駅名なのにJRの駅とはまるで違った風景が繰り広げられている。













香芝市の中心地へと入って香芝駅、近鉄大阪線の下田駅とはそんなに離れていないが急行が停まらない駅なので、大阪に向かうにはこちらの方が利がありそうだ。自分(一人称)は昔一度だけこの駅で下りたことがあるが、その時客車列車が待避線に停まっているのを見てここは大きな駅と言うイメージがあった。そんなローカル線の駅も大阪方面への直通運転の快速電車が走り始めて、この区間も通勤路線へと変貌した今となっては、五位堂では差がついていた感じの近鉄とJRとの格差も、JRの巻き返しでいい勝負になってきたと言うところだろう。まあそのおかげで奈良~王寺間の本数が減ってしまったと言うデメリットもあるわけだが。
この先は国道168号線を北に進んで志都美駅、畠田駅と通り過ぎて行く。昔はローカル線の寂しい感じの駅だったが志都美駅は写真4枚目、5枚目にあるように味気ない感じの橋上駅と生まれ変わった、次の畠田駅はホーム1面だけの駅だが、周辺は住宅民家が建ち並び乗降客が多い駅となっている。線路の横を沿う国道は道幅が狭く王寺町の中心に近い所なので車の渋滞が結構ひどい、ここは写真にある飛び出し坊やが活躍しなければならないとでも言ったところか。









おやおや、歩道に犬の足跡が残っています、その足跡は王寺駅の南側の国道25号線と国道168号線が分かれる交差点から、その南側にある達磨寺まで続いている、その足跡をたどる道は「雪丸ロード」と名付けられている。「雪丸」と言うのは聖徳太子が飼っていた犬の名前で、人間の言うことを理解し言葉も喋ったとか、まるで『さるとびえっちゃん』に出てくる犬みたいだ。雪丸はここ王寺町のマスコットキャラクターでちょっと不気味な着ぐるみ人形もいろいろなイベントで活躍中である。さっきまで狭くて渋滞が酷かった道もここに来ると広くなって快適に走ることができる区間、国道が分かれる交差点から過ぎて大和川に架かる橋を渡るともう王寺駅はすぐそこ、ここは一旦跨線橋を渡って駅の北側へ廻った所で相棒を寝床につかせることにしよう。







今回は明日香村で案山子を見た後からの続きで掖上駅から各駅巡りとして走ったものだったが、それもここ王寺駅で終わり、JR王寺駅の北側西出口、近鉄生駒線の改札前で相棒をたたむことにする。この辺りは昔は商店街の入り組んだ雑然とした所だったが、再開発されてロータリーも出来てバスも乗り入れるようになった。王寺駅はJRの駅の中では奈良県内では一番大きな駅、乗降客も奈良駅より多いとのこと、ここは王寺町で市域ではないが、町にある駅では日本で一番の乗降客数だとどこかで見たことがある、真偽のほどはどうだかわからないがもしそれが本当なら結構光栄なことではないか、と言うか王寺町はいつまで町で居続けるのか?隣の斑鳩町も市への合併を嫌がっているから市への移行が実現しないままになっているのだが、そのおかげで得た栄光なんか何の自慢にはならないとも思うんですけどねえ・・・と言うことでJR和歌山線奈良県パート各駅巡りは今回で終了、またいずれは和歌山県パートも走ってここでお伝えしようと思っています、そんなわけで次回もお付き合いよろしくお願いします。         まちみち

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.670 和歌山の旅(1)・プ... | トップ | No.672 登録有形文化財巡り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。