まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.770 各駅巡り・養老鉄道(4)

2017-07-01 08:28:35 | みち
おはようございます。

















いきなりの写真連貼りとなりました、各駅巡り養老鉄道編は前回、この路線の中心となる養老駅までやって来たわけですが、ここからは旧街道の雰囲気が漂う道を進んで行っています。前以て地図で下調べしておいたのですが、県道56号線を通るよりもこちらの方が次の駅にも行きやすく走るのにも何か興味をひかれそうな道、写真にある風景を見ると確かにその通りです。特にこれと言った見所、名所、旧跡があるわけではないが、何気ない家の並び、緩やかにカーブした道、常夜燈や火の見櫓がいい雰囲気を演出してくれている。ただ、この区間駅間が長くてなかなか次の駅にたどり着かない、町並を見て走るには飽きないが各駅巡りの目印となる線路が見えなくなるとホントにこの道で合っているのか心配にもなってくる。










道は次の駅にたどり着く前にいつの間にか海津市に入る、あまり馴染みのない名前の市だが2005年に町が合併してできた比較的新しい市らしい。道は写真1枚目~3枚目にある寺院で次の駅名に含まれる津屋と言う地名を見かける、そろそろ駅が近いと言うことか、やがて駅が近そうな雰囲気の町の中へと入り養老駅を出て4キロちょっと、やっとと言う感じで次の美濃津屋駅へとたどり着く。駅は写真にあるように行き違いのできる広い構内の無人駅、でーたによるとこの駅の乗降客数は養老線内では下から2番目の少なさ、それでも両隣駅との距離が長いのでここで行き違いをしなければならないのか。そう言えば甲子園の方は終盤に差し掛かっていて8回裏に至学館が追加点で2点差となった、これで勝負ありだろう、次の試合は履正社vs日大三、楽しみはこちらの方だからこのまますんなり行ってくれるとありがたいのだが、これがそうには行かなかったんだな・・・。










今回の各駅巡りはどうやら美濃津屋駅だけとなってしまいそうです、とにかくこの両隣の駅までの距離が長いのでそれは仕方ないところ。あらかじめ予習はしてきたものの次の駅まではどの経路をたどればいいのか、いざ本番となると真っ直ぐ行くか曲がるかで迷ってしまう、携帯の地図サイトを見てもいいのだが止まっている時間がもったいないし電池の残量も気になる所、それに味気なさそうな県道よりは旧街道の雰囲気を感じることができる道の方を通って行きたい。この道で合っているのかわからないままとりあえず感覚で進んで行くと線路沿いの展望が開けた所へと出た、電車を撮影しようと待っている人がいるのでそう言う場所なのかも知れない。ちょうど踏切が鳴ったので自分(一人称)もカメラを構えて電車を待ち受ける。各駅巡りと銘打ってながら電車の写真がないのも何か、何かな~なのでここで1枚、単一色のシンプルな電車が春の穏やかな田園風景の中をの~んびりと通り過ぎて行きました。今回は一駅だけの養老鉄道各駅巡りもまだまだ半分まで来た所、先は長い、次の駅へと急ぐことにしましょう、次回もお付き合い願えたらありがたいことです、今回はここまでとしておきましょう。         まちみち

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.769 当尾の里、石仏巡り | トップ | No.771 登録有形文化財巡り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

みち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。