まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.761 今年もAKB選抜総選挙について語る

2017-06-19 11:48:14 | 日記
おはようございます。


AKB48選抜総選挙、今年もいろいろとありました。指原の3年連続はまあしゃ~ないな~、と言う感じ、2位に10万票近くも差をつけての優勝となるとさすがに飽きたし興醒めにもなるし、速報で3位になった時に何かバックが本気を出し始めたとでも言ったところでしょうか。一方2年連続2位の渡辺麻友は総選挙前の一連の騒動に苦言を呈していたが、なるほどそう言うことだったのかと納得しました、本来なら多くの観客の前で発表してワ~ッとなるところだったし、しかもわけの分からない結婚発表の後となるとインパクトも程々ですしね~。ただこの子の場合は卒業後はどうだろうねえ、最近は川栄李奈、島崎遥香、松井玲奈辺りが女優として頑張っているが、果たしてその位置にたどり着くことができるのか?いまいちインパクトがないんだよなあ~渡辺麻友って。











今回のシンデレラガールとなったのは5位にランクインした荻野由佳、速報1位でいろんなメディアで誰や?と騒がれましたが5位に残ったのは立派なことでしょう、去年悔しい思いをしていることもあってスピーチの方は結構来るものがありました。この子を含めてNGT48からは80位までに10人がランクイン、まあ自分的には北原里英が速報92位から自己最高位の10位まで上り詰めたのが嬉しかったですね。一時期は順位も落ち込み他のメンバーに埋もれていた頃もありましたが新潟に行ったことで変わったんでしょう、もしかしたら『48SHOW』の説教部屋のコーナーで現状を憂いで泣いたことがきっかけになったんではなかったのでしょうか。今回が最後の総選挙で自己最高位、有終の美を飾ったと言うことでしたが卒業はもう少し置いといてまだまだNGTの支えとして頑張って行ってほしいところです。今回はNGTも躍進と言ったところですが、この辺りは地元の力が働いたのかな、と言う感じもします、全国的には知名度は低くても地元で根付いた活躍が彼女たちを後押ししたことだと思います。上位にSKEメンバーが多いのは全国的な知名度もついてきてのことだと思いますがそれも元はと言えば地道な活動があってだからこそ、こういった頑張りはこれからの活躍となるSTUにも励みとなっていくのではないと思うのですが、それに引き替えNMBはと言えば・・・









実は自分(一人称)は去年の総選挙が終わった後で指原の3年連続はない、と思っていました、多分来年は山本彩が天下を獲るだろうと。現に紅白の人気投票では1位だったし実力についてはもう十分すぎると言ったところ、楽しみにしていたのですがそれが今回は不出馬、後進に道を譲るとのことみたいですが、あり過ぎる実力はNMBではもったいない感じもするので一線を引こうとしているのかなとも、どちらにしても残念な話でした。そして後進となるはずのメンバーも10位までには一人も入らず、16位までに2人が入っただけ、32位まででも合わせて4人だけ、奈良県出身の太田夢莉が入ってくれたのはまあ良かったわけですが・・・何なんでしょうねえ、20位に入った子は、今回の総選挙のブラックシンデレラになってしまいました。マスコミの方ではスキャンダルが用意されていたとのことでそれに対応するかのような手段での結婚発表、もう捨て身の自爆テロとでも言ったところでしょうか。まあ賛否両論はあるでしょうがあまりにも時と場をわきまえないような宣言にはちょっと呆れてしまいました。














ここまでAKB選抜総選挙の話をしてきましたが、全然関係のない写真をずっと貼り付けています。実は自分(一人称)の持ってるデジカメですが、最近望遠機能を使って撮るのが面白くて、いろいろと撮ってきた写真をズラリ並べてみました。買った時に説明書も読まずに使ってきたから望遠で撮れることは知ってても今までは使ってこなかったわけですが、いざこれをやり始めると面白くて面白くて・・・と言うことで意味のあるものもないものも関係なしに撮りまくっているわけで、これはもうあたらしいおもちゃを与えられた子供と同じレベルです。まあそれぞれの写真について説明するとキリがないのですが、中にはこれは何や?と言うのもあると思います、望遠機能を使うとこんなものまでクッキリと見えるんですねえ、やあ~、奥が深いわ~。これからは望遠機能で撮った写真も織り交ぜて、またここで紹介していくことになります、ご覧いただけたらありがたいことです。と言うことで次回もお付き合いよろしくお願いします。         まちみち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.760 葛城山麓の旅(6)・... | トップ | No.762 紀ノ川に沿って(1)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。