まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.641 平城宮跡、晦日夕日に近鉄電車

2016-12-31 21:10:58 | 写真
おはようございます。
















前回、一本の電話によってメガトン級の不幸に見舞われ和歌山の旅を途中で断念した話をしましたが、その話はまだ続いていて年を越してしまいそうです。今年はホントにろくでもないこと続きの一年、それもいろいろな人の助けもあってやっと元に戻りつつあり、本来なら今日大晦日は鳥取方面を走る予定でしたがその切符は昨日にキャンセル、今日は午前中その件で走り回っていたのですが少し余裕ができたので午後は断念した旅の埋め合わせな感じで近辺を走って来ました。今回貼り付けた写真は撮って出し、平城宮跡を駆け抜ける近鉄電車の写真、晦日夕日をバックに撮りました。








ここでもまるで何度も愚痴のように書きましたが、遠出ができない状態は今も続いているのですが、それは少しづつ良くなりつつあるところでした。これまで12月30日、31日はしまなみ、しまなみ、湘南+富士と3年連続で宿泊で行っていたのですがそれは無理と言うことで、日帰りで鳥取方面、若桜鉄道、智頭方面で登録有形文化財巡りを予定していたのですが、結局無理となってしまいせっかく取った切符もキャンセルをせざるを得なくなってしまいました。これまでの件も今回の件も自分自身のことではないだけに腹立たしくもあり、悲しくもあり、・・・もうそうは言っても仕方ないんですけどね。メガトン級の不幸なんて書き方は不謹慎なのかも知れないのですが、今はその結果を待っているところでどうやら年を越してしまいそう、正月休みもぶっ飛んでしまいそうです。今はその中でのほんの一息ついたところ、家で紅白を見ているのですが、相葉君の司会ぶりはどうもダメだな・・・。













人に振り回された一年でしたが自分的にはさほど変わったことはなく順調な感じでした。春の甲子園では智辯学園が優勝、久しぶりの奈良県勢優勝でここでは勝手に盛り上がってしまいました。3月には34年ぶり2度目の骨折、5月には上野樹里さんが結婚と言う嬉しくもなく悲しいばかりのニュース、それでもこれからも変わらなく応援していきますよ、新婚ボケしてないでそろそろ次の映画の話も聞きたいところです、そう言えば旦那のオカン、最近よくテレビで見るのですが強烈なキャラですね、この前のNHKの生放送の時なんかぶっ飛んでましたもんね。
このブログに関することでは、春にあるテレビ番組の関係の方から自分(一人称)が以前にお送りした箱根の写真を番組で使いたい候補に入ったとのメールがありました。結局使われなかったのですが、自分(一人称)のへったくそな写真をテレビ番組で使いたいと言ってくれたことはとても励みになりました。その他にもJR西日本のとあるページにも尾道の写真が使われたりして嬉しい限りです、あの~、転載、無断使用全然かまいませんので、もし良かったらいろいろな場所で日の目を見せてあげてやってください。


今年は去年よりは更新のペースが鈍りましたが約290本のネタをお送りしてきました。大体が旅の話でたまに智辯学園やNHKの朝ドラや上野樹里や長澤まさみが出てきたりといろいろあったのですが、その中で大筋を為したのが登録有形文化財巡り、平城京巡り、各駅巡り辺り、この辺りは来年も引き続きお送りしていきたいと思っています。最後に手前味噌ですが自分(一人称)が一番印象に残っているネタがこちら↓↓↓

No.505 「庚申」って何?

この時は漠然によく聞く「庚申」と言う言葉が何なのかをいっちょかみのカジリのように調べてそれなりに文章にまとめてお送りさせていただきました。干支についてはこの後もいろいろと調べてみたのですがこれがなかなか奥が深くて、それが平城京巡りにつながってくることもありました、その辺りはまた追々ここでお送りしていく予定です。もしかしたらこのネタがこのブログに新しい風を吹き込んで来てくれたのかも知れません。そんなわけでまた来年もお付き合いよろしくお願いします。        まちみち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.640 登録有形文化財巡り... | トップ | No.642 滋賀の旅初夏編・最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。