まちみちふうけい

自転車で訪れたあの町この道泣ける風景、いろいろ紹介していきたいと思います。

No.594 赤と紫の協奏曲・斑鳩編

2016-10-18 08:35:32 | 
おはようございます。


朝ドラ『べっぴんさん』視聴率が思わしくないとのことですが、なんででしょうかねえ?前回の『とと姉ちゃん』よりもはるかにいいのにねえ。展開が早くて着いていけないから、主役が暗いから・・・まあ確かに芳根さんと言うと『表参道』では皆を率先していく明るいタイプのキャラが印象強かったから、そのイメージからすると今回の役はちょっと暗すぎるかな、と言う感じも。でもそんなことはどうでもいいんです、ネットでは視聴率が悪いだけでこのドラマは失敗だとか何だとか、記号でしか物を言えない人がうようよと湧いてきています、そんな声を吹き飛ばしてくれるような展開を期待しながらこれから先も見守っていきたいと思っています。今の大河ドラマなんか16パーセント辺りをうろうろしてても大成功だとか巷で好評だとか言ってるものだから、ステマもいい加減にしていただきたいと言ったところです。その大河『真田丸』についても、この前真田丸所縁の地を相棒を駆って巡ってきたので、近々取り上げてみたいと思っております。










秋に馬見丘陵公園に行った帰り、そのまま奈良に戻るのは味気ないので斑鳩町の方へ寄ってみようと思いハンドルを向けました。公園から斑鳩町へは県道を走ればサクッと行けるのですが、今回は曽我川沿いから河合町を経由して行くことにしました。所々でいろいろと写真のネタになるようなものがあれば・・・と思って走っていると趣のある石橋があって、その向こう側には写真1枚目にあるレンガ造りの煙突が工場、何の工場かは分からないが、煙突もいいしその手前ののこぎりの刃のように並んだ屋根の建物もまたいい見所だと思ってカメラを向けた。何気ない風景に過ぎないが、目に付いた途端これはブログのネタになるな、と思って写真に収めたわけでして、さて、どんな文章でこの風景を飾ろうか・・・と考えたが、結局あまり意味も内容もない文章でしか綴ることができませんでした。写真3枚目、4枚目はこれを見ただけではあまり分かりませんが、宙には結構たくさんの赤とんぼの大群が飛び交っています、馬見丘陵公園にいた時は青空も見えていたのだが、今は写真を見てもお分かりの通り、また分厚い灰色の雲が空を覆い始めてきている。はっきりしない天気予報の中を、途中で雨が降るのも覚悟して出てきたわけだが、ここまで来るとあともう少しはもってほしいと祈りたいところである。













写真1枚目、夏の太陽の下では嬉しそうに咲き誇っていた花も、夏の終わりを感じさせるような感じでガックリとうなだれています。さて、2枚目以降は斑鳩の里の風景をズラリと並べてみました、場所は法隆寺の裏手となる所、写真3枚目~5枚目の田んぼの向こうにあるのが法隆寺の五重塔、すみませんねえ、毎度毎度斑鳩には来ているのにこんなに小さくでしか紹介できなくて、間近で見るには1500円も拝観料取られるんですわ~、うちの1日の食費と同じくらい、もし寺の中に入るんなら御飯1日我慢せなアカン・・・とにかく拝観料が高すぎるわ!!でも田んぼにちょこんとニョキッと突き出た五重塔も絵になります、秋と言う季節は何気ない風景も劇的に見せてくれるいい季節です。
後半の4枚の写真は法輪寺近くの畑で撮ったもの、最後の写真は法輪寺の三重塔をバックに、本番はもう少し先と言った感じで謙虚に咲く秋桜。ここに来るまでも至る所で秋桜が咲いているのを見てきたが、やっぱりこの花を楽しむのなら斑鳩の風景が一番よく似合う、でも自分(一人称)が好きな場所はもう少し先にあるので、早速行ってみることとしましょう。その前に河合町から斑鳩町にかけて走った中で見かけた彼岸花の風景をフォトチャンネルにて、またまた変なタイトルでのご紹介、もし見ていただけたならありがたいことです↓↓↓

今年最後の赤の交響曲













斑鳩の里で秋桜と言えばやっぱり法起寺周辺、ただここもまだまだ謙虚な咲き具合です、彼岸花に遠慮しているんだろうか、ちょうどバトンの受け渡しの頃となるので、どちらも満足な気分になる咲き様ではないのが残念なところです。県道の裏手は法起寺を取り囲む様にある田んぼと畑、緑色に輝く稲穂、チラホラと白や紫の花は風にユラユラ揺らされて、三重塔をバックに撮ろうと思ってもなかなかうまくチャンスを与えてくれません。前にも書きましたが自分(一人称)は春の桜よりも秋の桜の方が好きです、今は10月の中旬と言うことで一番の見頃と言ったところでしょう、また機会を見つけてはいろいろな所を巡って秋桜を四角い枠の中に捕獲したいと思っています。最後にフォトチャンネルをもうひとつ、タイトルにある通りです、こちらもご覧いただけたらありがたいことです↓↓↓

秋桜と三重塔



今回もお付き合いのほど、どうもありがとうございました。        まちみち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.593 各駅巡り・南海高野... | トップ | No.595 登美いこいの道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。