まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.722 伝統的建造物群保存地区、大宇陀

2017-04-21 11:12:32 | まち
おはようございます。


さくら


いきなりフォトチャンネルから始めてしまいました。こないだ3回に渡ってお送りした花の写真をまとめてみようと思い久しぶりにフォトチャンネルを作成したわけですが、これまでのことがあったので冷や冷やしながら「作成する」をクリックすると・・・おっ、うまいこと行ったやないか。この前gooブログでメンテナンスがあったけど、その時に手直ししてくれたんやろか、何はともあれフォトチャンネルが作成出来たのはありがたいこと。と言うことでトップページの方では左の方の最新フォトチャンネルで先行公開していますが、改めてここに貼らせていただきました、何とかこの調子でこの先も行けたらいいんですけどねえ・・・さて、本文↓↓↓










名張から初瀬街道を走って来て前回は榛原の町並を紹介しました、榛原町が宇陀市になって久しいが市の代表的な町と言っても奈良盆地からは山を越えて行かなければならないので、宇陀市って何となく遠い存在に感じてしまうんだよなあ。そんな宇陀市にあって榛原と並んで市の代名詞となっているのが大宇陀、町名に「宇陀」と付いているからこちらが市の代表的な町を名乗ってもいいはずだが、電車が通っていないから分が悪いとでも言ったところ。地味ぃ~なイメージな町ですが、いざ走ってみるとなかなかな趣のある町並、まずは町の入口にある道標から入って行くこととしましょう。











と言うことでまずは町並の写真を並べてみました。町の中心部には前のゾーンの写真にある松山城址があって、その城跡を囲むようにして旧街道の雰囲気を感じる町並が展開されている。町の外れとなる西側には国道166号線、奈良盆地と大宇陀を結ぶ町の唯一の幹線で車がたくさん行き交っている道はその先で東へと折れて三重県の松坂へと通じている・・・と言うかさっき地図を見ていたら松阪市って奈良県と接していたんやなあ、意外って言うか初めて知ったわ。一方の北からは国道370号線、榛原方面から伸びて来た国道はそのまま南へ進んで吉野方面へ、以前はこの国道370号線が166号線と並行して大宇陀の古い町並を貫く道として表示されていたが、現在ではその道は国道を示す色が為されていない、と言うことはその古い町並が通る道は国道ではなくなったと言うことか、3桁国道の面白味がある区間だったが、国道の指定が外されてしまったのはちょっと淋しい気もする。まあでも町並の風景が変わってしまうわけではないので、ここは時間をかけてゆっくりと巡って行くことにしましょう。












大宇陀に来たのは何年ぶりかなあ、この町並は伝統的建造物群保存地区に指定されていて観光客もたくさん訪れるが、町並自体は特に観光に走っているわけでもなく素顔でお客さんを迎えてくれている感じ。行きたい行きたいと思っても、奈良盆地とこの町の間には結構難所な山があって輪行でしか行けない所、以前国道165号線を長谷寺から上ったことがあるがあまりの急さと長さで心が折れてしまったことがあった。今回は久しぶりの来訪だったが町の風景は前に来た時とほとんど変わっていなかった、まあ保存地区だから変わってたら大変なことなんですけどね。去年放送されていた『鶴瓶の家族に乾杯』では哀川翔がこの町を訪れていた、その時は田舎の町にありがちな年配の人たちにしか出会わなかったところで終わりかけたが、最後に女子高生の軍団がやって来てその後学校に連れて行かれて、クラブ活動の生徒たちに囲まれてなかなかいい兄貴っぷりを見せてくれていた。滅多に芸能人が来るような所ではないからあの高校生たちの反応はごく自然なもの、高校生に限らず町の人たちはみんな素朴なんですよねえ、だからこれはいつも言うことですが自分(一人称)を含めての観光客はその町のあり方を否定してはいけないしその風景を汚してはいけないのです。同時に町もその風景を汚してはいけない、むやみに観光に走ってほしくないと言うのはそのためです。自分(一人称)は着飾った町並よりもごく自然な顔を見せてくれる町並の方が好きです、今回の走りで訪れた名張、榛原、大宇陀はどこもそんな風景だったと思います、町並も見た目が100パーセント、と言うことです。


大宇陀の町並


今回貼り付けた写真も含めて大宇陀の町並の風景をフォトチャンネルでまとめてみました。機能が復活したからって早速調子に乗ってもうひとつ作成してしまいました。最後の立ち寄ったのは国道166号線と370号線の分岐点にある道の駅、ここは車も人もいっぱいで、まあこういう賑わいはいいと言ったところでしょう。ただ自分(一人称)は賑やかな所が苦手なのでその隣にあるコンビニで少し遅い昼食休憩、買ったパンを食べようと思ったら、おやおや、人懐っこそうなニャンコさんがいらっしゃいました。あかんで、あげへんからね・・・と言ってもそんな目で見られると弱いなあ、と言うことでパンの切れ端をあげたらその横でフライドポテトをあげている人がいて、みんなそっちに行ってしまった。寂しいなあ・・・パンの切れ端が風に吹き飛ばされてしまった、いかんいかん、町を汚してはいけない、すぐにその切れ端を拾ってすぐにゴミ箱に捨ててしまいましたとさ、次回もお付き合いよろしくお願いします。         まちみち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.721 各駅巡り・近鉄南大... | トップ | No.723 大阪城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。