まちみちふうけい

四角い枠に切り取られた風景は一瞬のもの、そんな一瞬を追い求めてこれからも相棒と走り続ける・・・

No.609 平城京巡りシリーズ・二条大路

2016-11-08 08:53:55 | チョイ走
おはようございます。


一昨日(6日、日曜日)の話、ああ~うるさい、何なんだ?さっきから表でビュンビュンと空から轟音が響いている、ああ~うるせぇ!!!と言うことで窓を開けてみると、空を全速力で飛行機が飛び去って行った。時間は午前11時半過ぎ、普段はジェット機が飛んでいてもそんなに音は気にならないのに、今回はあまりにもうるさい、しかも何機も飛び交っているらしく、その音は途切れることなく響いている。しかしあんなに全速力で飛び去って行く飛行機を見ると何か起こったのかと思ってしまった、もしかしたら戦争・・・?がミサイルを撃ち込んできたのか?と思ってネットで調べてみると、こんな事があったとか、詳しくはこちら。自分(一人称)はあれほど平城宮跡には行っているのにこのことは全く知らなかった、知ってたら見に行ってたのに・・・悔しいなあ・・・




自分(一人称)が窓から見たのはほんの0.数秒の姿だけ、何かめっさ悔しい気分がしてならないのですが、今回はそのイベントが行われた平城宮跡から走り始めとしましょうか。











平城宮祉内、朱雀門前から近鉄の線路沿いに東へと真っ直ぐに伸びている道が二条大路、本来ならこの道は更に西へと通じていたはずなのですが、今は朱雀門のある場所で途切れてそこから先はなくなっています。今回はこの二条大路をたどって行こうと言うことですが、まずはいつものこの地図から↓↓↓



道は矢印にあるように平城宮の南のへりを通っています。さっきも書いたようにここを境に地図では左側にある道は、今はその跡を探すのも難しいほど痕跡がなくなっています、と言うことで二条大路のたどり走りはここから東へと進んで行ってみようと思います。









この道を真っ直ぐ進むと国道24号線の高架に突き当たり、下の道は線路の手前でUターンする形になっていて高架の下には写真1枚目にある二条大路南1丁目バス停がある。最後の写真には二条大路南5丁目とあるが、ここに並べた写真は黄道24号線を境にして西は県道1号線、阪奈道路に通ずる道、東側は国道369号線、通称大宮通と言う道ですが、ここ1丁目から5丁目まではすべてバス停名は「二条大路南×丁目」となっている。自分(一人称)はこの大きな道が二条大路だと思っていたが、確かに朱雀門からある道はこの道と直結しない、となると元の二条大路は大宮通から一本北に通っている道と言うことになる、そんな道があるのだろうか・・・。
写真2枚目、3枚目はイトーヨーカ堂の前にある長屋王の邸宅がここにあったと言う表示、上の地図にも長屋王邸とあるのですがイトーヨーカ堂自体は大宮通沿いにあるので場所的にはここは一番南のヘリになる場所だったのではないだろうか。二条大路は線路が少し南へと傾いているので線路の北側に移っていると思う、多分人通りが少ない奈良年金事務所の裏にある道がそうなのだろう・・・と仮定して、その道を東へと進んで行ってみることにします。ちなみに写真4枚目にあるのは奈良市役所、気に隠れて分かりにくいがここにもリニア新幹線を、と言う垂れ幕が掛かっている、多分自分(一人称)が生きているうちには見ることはできないと思うので、別にどこを通ってくだっさっても構わないです。幕の両側にあるキャラクターはリニア招き鹿と言うことで、JR奈良駅前のテレビでよく踊っています、奈良市民にはお馴染みなのですが関西全体では知名度はまだまだで『なるみ岡村』では笑いのネタにされていました、何か悔しいな・・・










そんなわけでこの辺りは芝辻町、その界隈の民家が建ち並ぶ細い道を通り抜けて行くと、写真1枚目にあるJR関西本線の高架下へとたどり着く。道はJR奈良駅高架工事に合わせて付近の道も只今整備中と言うことで、この道も昔の線路が地上にあって踏切があった頃に比べると随分すっきりとした風景となった。まだまだ付近は工事中の所もあってまだまだ変わって行くところだろう。この高架を過ぎると少し上りになって写真2枚目にある道標が立つ船橋商店街との交差点、自分(一人称)が思うにはこの道が東四坊大路に当たる道だと思っている。と言うことはここまで東二坊、三坊の通りも過ぎてきたはずだが、それぞれ多分この道だろうと言う目途はつけているので、また別の機会にて走ってみることにしましょう。二条大路は大通りから外れた古い民家が建ち並ぶ中を通り抜けて、高天通との交差点、奈良女子大の横、NHK奈良局前を通り過ぎて東大寺境内の一番西側を通る国道369号線へと突き当たる、この道が上の地図で東七条大路に当たる道のはずで、ここが平城京の一番東端になる所、全速力で走っても15分くらいで走り切ることができる道を、いろいろと昔の雰囲気を感じるつもりで二条大路を走って来ました。
さて、平城京巡りは更に続けていくこととなるのですが、×条大路となる道はこのもうひとつ南にある三条大路が多分今の三条通と思うのですが、それより先ははっきりとこの道が大路だと言うことが示されてないので、あとは地図と勘を頼りにして行くしかないんですよねえ。前にも書きましたがすべてが自分(一人称)の勝手な思い込みでの道たどりとなるので、そのことだけはどうぞご了承ください、今回もお付き合いのほど、どうもありがとうございました。       まちみち
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.608 秋の終わりの斑鳩の... | トップ | No.610 登録有形文化財巡り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

チョイ走」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。