マンション管理士日記

地域を守る:マンションと地域の融合

道具

2016年05月30日 | 喜働
ちょっぴり増えた道具。
書道の話です。
当初はすべて家人の道具を使っていました。
それも彼女が中学校時代のモノ。


買い換えたのは硯。
追加で買ったのは筆、墨バサミと筆置き(実は小さな文鎮)。
今朝も心静かに墨を磨りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七年

2016年05月29日 | 家族
義父の突然の逝去から丸七年が経過。
命日の前日、お義母さん達とお墓参りに行きました。
前回のお墓参りから約2ヶ月。
ここで!
2基ある燈籠の一つが、4月の地震で倒れているのです。


揺れの大きさを、あらためて実感しました。
この燈籠以外には損傷は見当たりません。
お義父さんが何かを知らせてくださっているのかも。

筑後市下妻には変わらない静かな時間が流れていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高鍋

2016年05月27日 | 喜働
法人レクチャラーとして高鍋に派遣されました。
今回はJRで往復。
分かっていたことですが、やはり遠いですね
ソニックで大分まで1時間半。
にちりんに乗り換えてから 約3時間。
到着した会場ではとっても明るい方々が役員会をされていました。
しっかり話させて頂いた二日間。
また良い経験をいたしました。
が、帰路はにちりんが雨で遅れ、予定のソニックに乗れず…
5時間超掛かってしまいました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習は必ず(墨を磨る)

2016年05月26日 | 喜働
この2ヶ月ほど、練習では必ず墨を磨っています。
『万人幸福の栞』を音読し『書道箴言』を一人斉唱して。
静かに磨ります。
いまは小学生が初めて書道に接しているようなもの。
だから、自分を上手く見せようなどという心境は皆無です。
生活の上でも、己をえらく見せようなどという心を追い払う。
その修業の時間。
無心に純情(すなお)に磨っています。
書道を通して『万人幸福の栞』を学び師と出会っています。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

練習は必ず(時間をうみだす)

2016年05月25日 | 喜働
とは言え『日に一度』の実践は容易ではありません。
褒められる喜びと丸山創設者の手本に近づく喜び。
これが今の私の原動力です。
創設者は著書『書道芸術』で次のように述べています。
   「暇がないという人もあります。それは暇がないのではなく、暇をつくらぬ
   のです。忙しい世の中に自然にできてくる暇などは1分だってありません。
   つくれば必ず、趣味に遊び心を養う暇はできてきます。いや是非こうした
   あそびの時間をつくらねばなりません」
   「毎日僅かの時間をうみだすために、かえって心は緊張し、仕事の段取りは
   すき間なく行われ、生活は活気が横溢し、うるおいに満ちてくるものです」
今日まで140日余り練習は欠かしていません。
まだまだ『心を養う』には至っておりませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加