マンション管理士日記

地域を守る:マンションと地域の融合

四世紀に思いを馳せる

2017年05月20日 | 喜働
司馬遼太郎さんの初期の短編集。
『兜率天の巡礼』に「貞観十二年」の場面がありました。
偶然にも、この文字を練習している時だったのです。


お手本は秋津竹陵先生の臨書です。
四世紀に生きた“王羲之”。
唐の時代に、王羲之の墨跡から集字したのが『集字聖教序』。
竹陵先生は、この教序にから繰り返し臨書されています。
貞観年間。
それは遣唐使の時代です。
『兜率天の巡礼』を読んで盛唐時代の長安を。
そして竹陵先生の臨書には四世紀に思いを馳せました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんたく ’17(続き) | トップ | 5月27日に向けて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。