ブログはじめました!(since2012,feb)

花を求めて山歩き!!!

和名倉山1)

2016年10月17日 | 関東百名山

10月15~16日とⓂaitabiで和名倉山(関東百・日本二百)を登ってきた。

◇10月15日

10:05 中央線塩山駅集合、10:20 で「将監峠登山口」へ向う。

ガイドはH岡さん他2名、久しぶりの再会だった。

現地集合、現地解散のツアーです)

天です。

11:15 (屈なに揺られ)将監峠登山口

カラマツ林を登って・・・  

12:15 ①牛王院平~西御殿岩と②将監小屋への分岐、食です。

変化のないロケーション「牛王院平」へ

   

:苔のテーブル        :

13:30 牛王院平、リュックをデポして西御殿岩へ

明日登る和名倉山より標高は高いし、眺望は抜群との情報

西御殿岩、北西にトラバースしながら登ります。

13:45 山の神土(しんど)明日はここをへ向かいます

崩落地がいくつかあり、足を止めます

14:15 分岐、左へ行くと唐松尾山~笠取山へ続く縦走路

結構きつい登りでした(鹿の食害で笹が多い)

一部紅葉もはじまっています。

あと一息。。。

14:45 西御殿岩2075m、360度の眺望です。

 (北西側に雲がありました)

山座同定は、H岡さん、石の見識でした。

   

:雲取山            :飛龍山

   

   

:明日の縦走路      :和名倉山              

富士山は雲に隠れていました。  明日に期待

16:15 将監峠、(直下に将監小屋)

東の空(飛龍山方面)

16:20 将監小屋着、ツアー客以外に一人先客がいました。

スペースはゆったり

山小屋のカレー、本来の「小屋らしい」食事でした。

明日はヒトケタに下がるとの予報、就寝中ストーブが焚かれていた。

  

■Blowin’ In The Wind  (風に吹かれて・抜粋)  

How many roads must a man walk down 

どれだけ道を歩けばいいのか? 

Before you call him a man?  

一人前の男と呼ばれるまでに。

Yes, ’n’ how many seas must a white dove sail   

いくつの海を白い鳩は渡らなければならないのか?

Before she sleeps in the sand?  

砂浜でやすらぐまでに。  

Yes, ’n’ how many times must the cannonballs fly  

     Before they’re forever banned? 

何回砲弾が飛ばねばならないのか?  武器が永久に禁じられるまでに。  

                                                                    The answer, my friend, is blowin’ in the wind   

その答えは、友よ、風に舞っている。

The answer is blowin’ in the wind                    

答えは風に舞っている                       (訳・湯浅学

 ボブから回答がないという。

素直に喜ぶのか? 

「らしい」スタンスで構えているのか?

いずれにしても「違和感」を感じているのかもしれない。

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菜畑山(なばたけうら) | トップ | 和名倉山2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL