他人事だったベーチェット病になってみて

あきらめたくないような、病気のせいにすれば、あきらめられそうな。

ベーチェット発症から丸5年

2016年10月13日 | 日記

2016年10月、ベーチェット病発症から丸5年経過しました。

 

寒くなって来たせいか、右眼に症状が出てきました。

 

文字を読む時の、中心の文字以外がぼやけます。

 

(写真のように、軽度浮腫の場合、見えるところとぼやけるところがある。

浮腫が大きいと、文字が欠損します。そうなると、かなりショックを受けます。)

 

また黄斑浮腫だと思います。

 

21日が定期診察なのでOCT撮ってもらおうか。

 

少量の浮腫ならば、またリンデロン点眼で治るだろうか。

 

5年経っても眼症状は継続するようだ。

眼・口・皮膚・外陰部の炎症をくり返す―ベーチェット病難病と「いっしょに生きる」ための検査・治療・暮らし方ガイドクリエーター情報なし保健同人社

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケナログと口内炎 | トップ | リンデロン0.1%で黄斑浮腫改... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む