CB250エクスポート

CBのファーストデリバリー車の詳細を紹介します。

CB250エクスポート カブの燃料タンクキャップを楽に回す工夫

2017-03-28 06:50:01 | 修理


1963年のC105のタンクキャップです。このキャップには、コルクのパッキン
が付いていました。ガソリンがにじむので、新品のゴムパッキンに換えました。
ところが、このパッキンがほんの少し厚みがあり過ぎです。
グローブをしたままだと、つるつるとすべって開きません。素手でも同じです。
直径が小さすぎですよね。しかも薄くてタンクにへばりついているので、指先で
つまむようにしか握れませんので、力が入らないのです。


そこで両面テープを巻きつけて、カバーを外してしまいます。
もう絶対に滑りませんよ。簡単に開けられます。
これはビンの蓋にも使えますよ。

 

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CB250エクスポート ツーリー... | トップ | CB250エクスポート シックネ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

修理」カテゴリの最新記事