CB250エクスポート

CBのファーストデリバリー車の詳細を紹介します。

CB250エクスポート フラッシャーのアースの断線を路上で修理する

2017-07-13 22:36:49 | 修理


アース線は、なんと贅沢な組みひものような線を使用している。
しかもそれを、U字型の爪にくっ付けるというややっこしい手を使っ
ている。
写真下のプラスネジ部分を、よく見ていただきたい。爪との接点から
ポキンと折れてしまったのだ。
とりあえず、爪の下に差し込んで、ちょっとだけキツーク締めたらう
まくいった。
帰ったら、ハンダ付けをしようと思ったが、この方がいいかも。
振動しないように思える。

以前、知り合いのカワサキW1のフラッシャーも、全く同じ壊れ方を
していた。アルミダイキャストに、じかにハンダ付けしようとしたら
難しいこと。

ということで、このままで完了と言うことにした。
49年間振動しているんだから、いつ壊れても不思議ではない。
あと3個ある。
細いプラスドライバーを持っていてよかった。
フラッシャーレンズを外すのに、必携の工具ですよ。
なにしろ1分で直っちゃったんだから。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CB250エクスポート フロント... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む