CB250エクスポート

CBのファーストデリバリー車の詳細を紹介します。

CB250エクスポート フロントフォークのオイル噴き出しの原因が究明された。

2017-07-12 22:33:16 | 修理


フロントフォーク左側から、かなりの量のオイルが噴き出した。
恐ろしいことに、オイルシールからだ。
シールを交換してから約35年、2万キロ走行した。仕方がないことな
んだけど。でも、メンドクサイ。何が原因なんだろうか。

原因が判明した。多分だが。
ハスラーのスペアーのホークにエアバルブが付いている。当時は高級
なパーツだった。これをヒントに、オイル交換の時にホークを浮かした
ままにして、空気をたっぷり入れてから、トップのボルトを締めた。
空気がたっぷり入ったホークの乗り心地は最高だった。

だからメインスタンドを立てて保管していると、ホーク内は常に圧力
がかかった状態になっている。
冬に入れられた、冷えた密度の高い空気が、夏になり高温になって、
更に圧力が増した。そこで噴き出した、と言うメカニズムに違いない。
と推測した。

そこで、もう一度200㏄注入して、今度は普通にメインスタンドを立
てて、前輪が接地した状態でトップのボルトを締めた。

推測は当たっていた。この猛暑の中、ガレージ内はかなりの高温にな
っているが、にじみは全くない。
いいアイデアだったんだけどなー。マンホールを踏んづけるのが楽し
いくらい、良く動いたんですよ。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CB250エクスポート 布製バッ... | トップ | CB250エクスポート フラッシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む