あずましい日々・・・その後

あずましい(ゆったりすること・満足のいくこと)出来事、旅行・写真・バイクツーリング・グルメ・ランチ・北海道の話題を!

小樽市  「ホテル ノイシュロス小樽」

2017年06月14日 | 宿泊施設
今回も「ホテル ノイシュロス小樽」に行ってきました。







何時もの「ホームページ限定【50%OFF】ジュニアスイートルーム特別プラン」なのですが、
毎回ホテルのご厚意で「オーシャンビュースイート」にグレードアップしていただきうれしいです。





サービスのウェルカムドリンクとフルーツを頂いていると、窓の外に新日本海フェリーがゆっくりと動いているではないですか。
出港する時間でないし、そのまま見ていると停船しました。小樽市港湾使用料金の関係なのか、
明日の午前出港まで、港内から出て待機しているんでしょう。





さて、楽しみな夕食です。

スイートルーム特別コース「プレジール」

♦♦♦4月16日~6月30日♦♦♦

*本マグロとペルノ香るウドとのハーモニー

*道産炙りイカのゆず胡椒風味 軽い黄身酢,道産平目のエスカベッシュを添えて

*祝津産蝦蛄の炙り焼き

*ホテル特製ホッコク甘海老のビスク、ミント・香草・カイエンペッパーでアレンジ

*道産のアイナメポワレ春の味覚で、エストラゴン入りバターソース

*エゾアワビの炙り焼き

*お口直しのソルベ

*蝦夷鹿肉のステーキとフォワグラのポワレ
又は和牛フィレ肉のステーキ クルミ風味

*フロマージュ

*黒いフレンチトースト イチゴのマセレ 酸味と和のコントラスト


焼き立てパン 又は 仁木町 寒河江さんの減農薬米
有機コーヒー 又は紅茶


ソムリエさんに、白ワインの辛めをお願いしました。









もう毎回言葉に出ない美味しさは、日常から離れてしまいそうです。





この時期は、夕日がとてもきれいにレストランを包み、雰囲気最高。
ホテルで海に沈む夕日はなかなか見られませんが、今回は最高の夕日でした。











料理は進みメインですが、自分は蝦夷鹿肉のステーキとフォワグラのポワレを注文ですが、
相棒はお肉をやめて、オマールエビを用意していただきました。



フロマージュはお腹一杯なので、いつもキャンセル。
デザート、うれしいことに前回同様にアイスフラワーを用意してくれました。











前夜、あれだけお腹一杯だったのに、朝になるとお腹空いています(笑)。
レストラン中央には、セルフコーナーがあり、
3種のジュースが運ばれてきます。





何時もの和食を注文、あれ、器が変わりました。
カツオ出汁でのお茶漬けは最高に美味しいなぁ。

帰りフロントで、偶然支配人であるシェフといつもお世話になっている副支配人にご挨拶出来良かったでした。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倶知安町 旬彩 | トップ | 第4弾 ツーリングの旅録が、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (pooh)
2017-06-14 08:26:28
眺めが良くて素敵なホテルですね!
お料理もとっても美味しそうだし
お部屋もすごい!
こんなホテルでのんびり、良いですね~
羨ましい!!!
>poohさん (@管理人)
2017-06-14 09:49:25
このホテルは、各部屋にお風呂が付いているので、
ゆっくりは入れていいですよ。
一人で来ているお客さんも、たまに見かけます。
いつもありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL