3次元紀行

手ぶらで地球にやって来ました。生きていくのはたいへん。そんな日々を標本にしてみました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さよならゲンガク

2009-01-13 12:34:17 | ほら、ホラーだよ

ほら、ホラーだよpart.45

 ママが家を建て替えるのをやめると言い出した。原因のひとつと思われるのは、雑誌社の取材があって、うちのオールドスタイルの日本家屋が評判になったことだ。あの後テレビ局もきて、それは日本家屋の取材というよりホラースポットばかりを編集したワイドショーのひとつとして“神無月ひかるのお化け屋敷”という観点から取材された。どこからどういう話がもれたか、花鳥風月の掛け軸が座敷オヤジの掛け軸に変化するというところに目をつけたのだ。そこで問題の掛け軸に24時間のビデオカメラを設置したが、この時はなんの変化もおこらなかった。
 「なんで出なかったのよ。有名になりたかったんじゃないの?」
 おばさんが座敷オヤジに問いただした。
 座敷オヤジはすました顔で鼻毛なんぞを抜きながら、あごの先で部屋のまわりをしゃくった。
 「有名になりたいのはこいつらよ」
 部屋の周りにはあいかわらずオキビキをはじめ、三つ目入道などがごろごろところがっている。
 「わしはやせてもかれても家神じゃ。ワイドショーごとき見世物なんぞに出やせん」
 「雑誌には出たじゃない」
 「ふふふふ、ちょいといたずらをした。わしゃ、人が待ち構えているところに出て行くというのはどうも好かん。その手には乗らんのじゃ。ま、ちょいと気が向いて、人が油断しているときに出るというのが愉快じゃな」
 「だけどみんなあたしが雰囲気を出すために取り替えたと思ってるよ」
 「まあ、なにをやっても、そんなもんじゃ。結局は疑われる」
 「そういえば小学生でさえOHPじゃないかって言ってたよねえ」
 「ああ、そうじゃなあ。わしに言わせれば、わしらの世界には何の不思議もない。ただ普通の人間の目では見えないし聞こえないというだけのことじゃ。それよりむしろ現代の科学技術のほうがよっぽど不思議に満ちておる。やっぱりわしらは消え去るしかないのかのう」
 そういえばそうかもしれない。科学技術は人間の生身の体だけでは不可能なことを可能にしている。毎日ぼくらは当たり前のようにして使っているけれど、遠く離れた人と話がしたいと思えば話せるし、映像を送ることもできる。人間が走るよりもずっと早いスピードで、雨風に打たれもせず移動することも出来る。過去にあった光景を保存して現在も未来も見ることもできるし、肉眼では見えない宇宙のはるかかなたの様子や、ナノの世界をのぞくこともできる。
それらをつくったのは生きている人間たちの力なんだ。
 ・・・ぼくも、勉強をしたら、そんな不思議に満ちた世界をつくることができるのだろうか・・・?

 ところでテレビ局としてはなんの収穫もなかったので“神無月ひかるのお化け屋敷”の放映はやめるのかと思ったら、何をためらうことも無く番組に組み入れた。番組の間中、今にも見せるようなことを言いながら視聴者を最後まで引っ張っていって結局、
 「今日は残念ながら変化が現れませんでしたねえ」で締めくくった。
でも、ママもおばさんもおおいに気に入ったらしく、DVD取りして自分が出てくるところを何度も出してはよろこんでいた。
 ママは「この暗いお化け屋敷から出てきたのはなんと美しい女性!」というナレーションが気に入ったみたいだし、おばさんは昔おばあちゃんが着たという銘仙の着物をひっぱり出して着たのを、女性レポーターから「レトロで香り高い文学のロマンを感じます」などほめられたのがよほど嬉しかったらしい。
建築雑誌からの取材もあった。こちらの方は純粋に日本家屋の構造的な美しさを取り上げていた。
 和室とリビングのあいだにある欄間の透かし彫りや、雪見窓の細工、床の間の床柱、間仕切りのあいだにある大黒柱、洗面所にいたるまでの廊下にはめられた北側のガラス戸、そして和風の家屋に、とってつけたような六角形を連想させる洋風の書斎。
 建築評論家という人もいっしょに来て、ママの案内で見回りながらさかんに家を褒めちぎっていった。
建て直すと聞いて、その人は一瞬立ち止まり絶句した。そして名残惜しそうに大黒柱をなでると、「この木なんかもね、、解体するときは木材チップなどにせず、ちゃんと売りなさい。お願いしますよ。これだけのものは今日、なかなか出ません」などと言った。
 その人が智恵を授けていったものかどうか、
 ママは「建て替えするのをやめて、外装に防水処置をほどこし、柱や床下に防腐剤を塗るなどして、キッチンとかリビング、二階の部屋の内装だけ今風に手直ししようかしら。それでもけっこうお金がかかるそうだけど」と言い出したのだ。
 「えっ?」
 おばさんは少し慌てた。
 「私の“座敷わらしをイケメンに育ててルームメイトにしよう計画”はどうなるんだろう?座敷オヤジに花道を、と思ってマスコミ報道を計画したんだけどさ、やりすぎたかな」

 一月も終わり、いよいよ中学受験の日が近づいた。
 「先生!中学受験しない子はその日お休みになるんですか?」
ヤッチンが聞いた。
 「なるもんか。普通に学校はあるよ。しかし、その日学校に来るのは・・・なんだ、矢島とヨシヒコとフミコだけか?3人か?」
フミちゃんは飼育係をしている子で、少しテンポの遅いまったりした子だ。ぼくも、どちらかというと反応が鈍く内向的なタイプ。ついこのあいだまでは成績もドンジリに近かった。ヤッチンは成績はいいけれど、きょうだいが多くて中学受験にお金を使ってはいられないんだそうだ。この3人だけが中学受験をしない。それ以外の子、クラスのほとんどが中学受験をする。
 「よーし、中学受験の日は、特別授業だな。楽しみにしていなさい」
 先生はそう言った。クラス中「え?何やるんですか?」「教えてください」などとざわついたが、先生はニヤニヤしてなにも言わない。
 「その日時間割はどうなるんですか?何を持ってくればいいんですか?」
 またヤッチンが聞いた。
 「そうだな。筆記用具と、連絡帳と・・・あと、自分が勉強したい教科の教科書くらいでいいかな」
 ぼくは連絡帳を見てみた。あと2~3ページほどしか残っていなかった。
 もうすぐ小学校は終わるけれど、これから卒業に向けていろいろな行事があり、書き込まなければならないことが増えてくるだろう。新しい連絡帳を買わなきゃ駄目かな・・・しかし、新しく買ったら大部分が使われずに残ってしまう。中学でも連絡帳って使うのかな?でも中学に行ったら、新しい連絡帳を使いたいなあ。そんなことを考えながら連絡帳の最終ページをめくったら、いつぞや書いた文字が目に入った。
 「ゲンガクはぼくのシモベにつき入校を許可する」
 そういえばこんなこと書いたっけな。ゲンガクが書け書けってうるさかったから。そのくせ、あの満月の夜依頼、あまりぼくのところによりつかなくなった。まあぼくは付き合ってもあんまりおもしろい人間じゃなから・・・この「ゲンガクは・・・」を消して、なるべく字を小さく書いて、小学校の間、この連絡帳を持たせるか。
 ぼくは「ゲンガクはぼくのシモベにつき入校を許可する」を消しゴムで消した。

翌日、登校時にゲンガクがどこからともなくやってきた。
 「おう」
 オハヨ
ゲンガクはぼくにくっついて歩きながらしみじみと言った。
 「しかし、おまえんちで一番強いのかあちゃんだな」
 ママが?なんで?
 「だって家を取り壊すのも、建て替えるのも、それをやめるのも、決めているのかあちゃんじゃないか」
 なるほど。
「あーあ、生きているのっていいな。生きてさえいれば何でもできる。おれはさ、お前さえやらせてくれればできるんだよ。おれはなんでもできるんだ。体さえあればさ。出来るかできないかは要するに気持ちの問題だからな、実は。だけど本当!おまえってやる気ないよなあ」
 待てよ、それは失礼じゃないか。
 ぼくは立ち止まった。
 全くやる気がないわけじゃないよ。ゲンガクがやりたいことをやりたくないだけだよ。やりたいことは自分で決めるんだ。わかった?
ぼくはきっぱりと言い渡した。
 「・・・わかったよ・・・」
ゲンガクはしぶしぶ答えた。
 学校に着いた。ぼくは校門をくぐった。
 ゲンガクも続いて校門をくぐろうとした。
 学校座敷オヤジが箒を片手にやってきた。
 「おまえは入っちゃいかん」
 ゲンガクはたちまちいきり立ち胸のポケットから札を出して学校座敷オヤジに突きつけた。
 「何度言ったらわかるんだ。頭の悪いやつめ!おれはこうして入校許可証を持ってるんだぞ!」
 いつぞやの学校座敷オヤジはこれでうっとつまって引き下がった。
ところが今日の学校座敷オヤジは違った。
 「この札のどこらへんが入校許可証なんだ?」
 「何だって!?ここにちゃんと、ゲンガクは・・・え、え、え?」
 ゲンガクの持っている札にはもうぼくが書いた下手くそな字は書かれていなかった。
 学校座敷オヤジに箒で追い払われているゲンガクを尻目に、ぼくは教室へと急いだ。
ジャンル:
小説
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初詣 | トップ | 卒業式 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オニギリ ジョー)
2009-01-14 05:49:24
更新が早すぎるでぇ><
ついて行けん!
今度の連休にでも読み漁るとしようw
おほほほほ (catmouse)
2009-01-14 08:09:57
いやー、これでも一日UPが遅れたのよ。だって一閑人がきてしまったのでパソコンをとられていたのよ。
もう1~2話で「ほら、ホラーだよ」は完結します。
そしたらメルヘンチックなのをあの小説FC2で始めようかな。

しかし、ほんとうはこんなことしていないで、お部屋の片付けをしなければ。一階の梟おじさんのいた部屋の荷物の整理。それから、ともかく納戸に突っ込んだ荷物の整理。

夏は蚊が出るからとさぼり、冬は寒いからとさぼっているcatmouseであります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
あらりちゃんのおさらい会 (新・3次元紀行)
2009年1月11日 松井康司先生、東井美佳先生の門下生たちによるおさらい会に行った。 出場した門下生は25名。このうち1名は既にプロとして活動を...