カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

ドンボスコ式勉強法

2016-12-31 07:20:39 | 格言・みことば
勉強に成功するための九つの方法   (一八六四年十一月~十二月のドン・ボスコのボナノッテより)

一、(十一月二十四日) 良く勉強できる第一の方法は、神を恐れ敬うことである。なぜかというと、知恵は神の知恵からくるものだからである。欲望で心が乱れていて、どうして勉強に対する興味がおこるだろうか。神の助けなしでは、勉強から生じる困難に打ち勝つことは出来ない。

二、(十一月二十五日) 良く勉強できる第二の方法は、時間を無駄にしないことである。学習中または授業中には、その科目に関係のない本や雑誌を読まないこと。また想像力にブレーキをかけること。例えば、教科書に夢中になっていると見える生徒がいるとしよう。勉強しているように見えるが、残念ながらその人の頭は全然違うところにいっていることがある。みてごらん、にこっと笑っているではないか。今、彼の頭の中は遊びに夢中になっている。今は、こま遊びだ。今は、友達に勝ったのだ。今は、ごちそうの事を考えている・・・。これでは勉強にならないのはあたりまえである。

三、(十一月二十六日) 勉強に成功するための第三の方法は、理解しないうちに先に進まないことである。これはどんな科目についても、どんな法則や定理についても言えることである。一つの課題が終わらないままに、他の課題に移ってはならない。

四、(十一月二十七日) 勉強が良く出来る第四のことは、規則正しく食事をとることである。授業または自習の時に、胃があまり重くなっている人は、頭も重くなり、調子がくずれ、やる気を失い、ねむくなってしまう。結局集中できなくて、わかることも出来ず、すべては無駄になる。

五、(十一月二十八日) 勉強が出来る第五の方法は、良く勉強する友達と交わることである。無駄話やつまらないおしゃべりは、何も役立たないだけでなく、集中力を失わせ、やる気をなくしてしまう。賢者が言うように、「知恵者になりたいなら、知恵者に交わりなさい」と言うことである。

六、(十二月一日) 第六は、適切なレクリェーション(運動その他)をとることである。なぜかというと、レクリェーションをとることによって、勉強が出来るための力が回復するからである・・・。ただ度を過ごしたり、行き過ぎたレクリェーションをとったりすることをさけよう。なお、レクリェーションの時につまらない話をしたりして過ごす人がいるが、こういう人は神を恐れていないので、勉強においても進歩が出来ないであろう。

七、(十二月四日) 良く勉強出来るための第七の方法は、語学の著作(古典、現代国語、外国語)の勉強の時に出合う困難を乗り越えることである。中途半端は一番いけない。

八、(十二月五日) 勉強に効果をあげるための第八の方法は、勉強に専念することである。ある若者はたくさん本を読むが、かえって頭の中は混乱するばかりである。勿論私は、読書の大切さとその利益を否定するつもりはない。だが読書においては、次の規則を守ってほしい。

一、学校の務めが終わるまで、他の本は読まないこと。
二、読む本については、先生あるいは、判断出来る他の人の意見を聞くこと。これは、読んでも無駄になる本や、また言語からみて文章がすぐれていない、あるいは心をまどわす考え方のある本をさけるためである。

九、(十二月十八日) 最後に勉強をする方法の中で、一番大事なものを教えよう。それはマリア様のご保護を願うことである。マリア様は、「上知の座」といわれる。だから授業や自習の前に、マリア様に対して、例えば「めでたしの祈り」その他を唱えることを忘れないようにしよう。

聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) "Memorie Biografiche 7" p.817
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖シルベストロ1世教皇証聖者  St.Silvester P. P.

2016-12-31 07:05:39 | 聖人伝
聖シルベストロ1世教皇証聖者  St.Silvester P. P.   記念日 12月31日

 ローマのコンスタンチノ大帝がマクセンシオと戦った時のことである、敵方は味方よりも遙かに優勢であったが、大帝は突然空に光り輝く十字架が現れ、その上に「この印に依りて勝利を得べし」と記されてあるのを見、試みに十字架を描いた軍旗を作って陣頭に押し立てた所、果たしてローマ門外の戦いに大勝利を得、天下を掌握することが出来た。それは紀元312年10月28日のことであったが、彼はここに於いてキリスト教こそ真の宗教であると悟り、之をローマ帝国の国教と定めるに至った。かくてそれまで300年の長きにわたり行われた同国のキリスト教迫害も、全くそのあとを断つようになったから、時の教皇メルキアデスを始め、全聖会の喜びは筆舌に尽くせぬものがあった。
 やがてメルキアデスが崩御になると、代わってペトロの聖座に即いたのは、迫害中聖会の為多大の功労があった聖シルベストロであった。この人はローマ名門貴族の令息で、信心深い母ユスタに仕込まれて敬虔に生い立ち、更に学徳すぐれたカリノという一司祭に神学その他を学んで聖職者の列に加わった。
 するとちょうどその頃、ディオクレチアノ及びマクシミアノ両皇帝の、最後にして最も残酷な迫害が始まったが、シルベストロは天佑の然らしめる所か、不思議に厳しい官憲の目を免れ、捕縛拘引の憂き目を見なかった。で、彼はそれを幸いに潜伏の場所から窃かに囚われの信徒や処刑される兄弟姉妹を見舞い、御聖体を授け、或いは慰め或いは励まし、彼等の殉教の覚悟を堅めた。その熱心、その篤信、それを一般に認められたればこそ、彼はやがて教皇にも選挙されたのである。
 外部からの迫害が終息してほっとする間もなく、今度は聖会内部からの異端邪説に、シルベストロは心を痛めねばならなかった。当時殊に人心を惑わしていたのは、聖寵を有せぬ聖職者の授けた秘蹟は無効であると主張するドナト派と、聖子は最高の被造物であって天主ではないと言うアリオ派の異端とであった。故にシルベストロは先ずフランスのアルルに宗教会議を開いてドナトの邪説を奉ずる人々を破門し、次いで325年に小アジアにニケアにあの有名な公会議を召集してアリオ説を斥け、以て聖教を純粋に保つ事に成功した。それは彼の最大の功績として銘記せねばならぬ事である。但しシルベストロははニケアの公会議には自ら臨席しなかった。それはニケアに赴くべく、あまりに齢老いていたからである。
 彼は名代としてコルドヴァの司教ホシオを、又その介添え役としてヴィト及びヴィンセンシオというローマの司祭達を遣った。そしてアリオの異説に対し、救い主の天主性を更に明確に規定させた。曰く「我は唯一の主イエズス・キリストを信ず。天主の独り子にして凡ての世紀の前に父より生まれ、天主よりの天主、光よりの光、真の天主にして在し、創造られずして生まれ、聖父と一体にして万物これに依りて創造られ」云々。これがニケアの信経と呼ばれて、今もミサ聖祭の間に誦えられていることは読者もご存じの通りである。
 シルベストロに破門された異端者共は自分の非を認める代わりに、却って彼を逆恨みし、あられもない讒侮中傷を試みて彼の評判を損なおうとし、その外にもさまざまの方法で彼を苦しめたが、聖会の為には喜んで一命を献げる決意をさえ有する聖教皇には、そうした試練は物の数でもなかった。
 従来は長い迫害時代の悲しさに、御ミサの聖い祭も主としてカタコンブなどで窃かに行われたが、シルベストロはキリスト教信奉の自由を許したコンスタンチノ大帝の援助を得て、公に祭式を行う為諸々方々に立派な聖堂を建立した。世界に名高いあの聖ペトロ大聖堂や聖パウロ大聖堂もその最初のものは彼の御代に出来たのである。なおシルベストロは貧民救済などの博愛事業にも大いに力を尽くした。かように聖会の為幾多の功績を立てたシルベストロが、その報酬を戴く為天父の御許に招かれたのは335年12月31日のことであった。

教訓

 聖シルベストロは、迫害時代天主の御加護に由って無事なるを得た御恩をいつまでも忘れず、教皇となってからも人々の信仰を堅める為大いなる働きをした。我等も今この一年を終わるに当たり、回顧すれば天主から蒙った聖寵の数々あるのに感謝の情の油然と湧くを覚えるであろう。さらばその報恩の為我等もシルベストロに倣い、来るべき年には一層の熱心を以て一人でも多くの未信者を天父の御許に導くよう努めようではないか。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボコ・ハラム壊滅 ロザリオの勝利!

2016-12-30 17:15:28 | 時事
2015年のイエズス様の予言通り、ボコ・ハラムは壊滅した。ナイジェリアのダシェ司教にイエズス様は現れて、ボコハラムの消滅とそのためのロザリオの祈りを促された。司教と教区民がその通りにすると、先週、クリスマスの前日に彼らの最後の拠点が陥落し、ボコ・ハラムは完全に駆逐された。

==

困難のさなかにあるナイジェリア司教に主イエスが現れ、ロザリオを祈るよう促される

【2015年4月21日(CNA / EWTN)】

オリバー・ダシェ・ドミエ司教「昨年(2014年)末に、ご聖体の前でロザリオを祈っていると、突然、主が私にお現れになりました」とオリバー・ダシェ・ドミエ司教はCNA の取材に答えました。

ダシェ司教によると、イエスは、最初は何も仰らず、司教に剣を差し出しました。司教は差し出された剣に手を伸ばしました。

司教は語ります。
「私が剣を受け取るとすぐにそれはロザリオになりました。そしてイエスは、『ボコ・ハラムは消滅する』と3回仰いました。ロザリオによって、私たちは過激派組織ボコ・ハラムを一掃することができることが明らかになりました。」

当初、司教はこの出来事を誰にも話したいとは思いませんでしたが、「聖霊が私に話すよう促していることを感じました」と語っています。

彼は教区の司祭を手始めに話し始めました。そして今年の4月にマドリードで、スペインのシスターのグループが主催する大会の参加者に語りました。大会では、キリスト者が迫害されている国での対策が話し合われていました。

ダシェ司教はナイジェリア北東のボルノ州で、マイドゥグリ教区を司牧しています。ボルノ州では、昨年、学校から約300名の女子生徒が誘拐される事件が起こっています。

ダシェ司教は、赦しと継続的な信仰を促すために「慰めの訪問」を行っています。人びとを助け、ロザリオへの献身を広めることをイエスによって頼まれたと考えています。
「それが、主イエスが私に現れた理由です」と司教は語りました。

ダシェ司教は「私はマリア様が私たちと一緒にここにおられると知っています」とイエスの母マリアへの強い献身を表しました。ナイジェリアの司教会議は、近年2度にわたって、聖母マリアに国を奉献しています。

ダシェ司教はいつの日か、彼の教区が完全に回復し、聖母マリアの執り成しで成長すると考えています。

「テロリストは、私たちの建物や教会を燃やすことによって、キリスト教を破壊していると思っていますが、それは大きな間違いです」とダシェ司教はマドリードの大会で話しました。

ダシェ司教はCNAの取材に、「祈り、特にロザリオの祈りは、この悪魔、テロという悪魔の爪から私たちを守るものです」と語っています。

イエス、ナイジェリアの司教にロザリオを祈るよう示される 2015 5/17

ナイジェリア軍、過激派ボコ・ハラムの「最後の拠点」制圧 CNN
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人に命令をするときは   聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ)

2016-12-30 17:14:47 | 格言・みことば
三、命令するときのため

一、本人の能力を越えることを命令しないようにしなさい。また本人がいやがる命令を与えないように。むしろ任務をまかせるとき、できるだけその人の好みに応じるようにしなさい。

二、健康を害したり、必要な睡眠を妨げたり、他の任務に相反したり、あるいは他の目上の命令を無視することを命じないで下さい。

三、命令する時、態度と言葉が愛徳と柔和にあふれるように。威し、怒り、暴力を言葉と態度から遠ざけよ。

四、むずかしい事、またはいやな事を命令せざるを得ない場合、例えば次の言葉でたのめば良い「こういう事をお願い出来ますか」または、「大事なことがあります。むずかしいから無理させたくはないのですが、あなたでなければ出来る人がいませんので、どうでしょうか、時間とか健康とか他の任務の関係で無理がないでしょうか。」

私の経験ではこういう方法を使えば非常に効果的である。

聖ヨハネ・ボスコ(ドンボスコ) "Memorie Biografiche 10" 1041 (院長の手引きより)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖アニシアおとめ殉教者 

2016-12-30 17:12:55 | 聖人伝
聖アニシアおとめ殉教者         記念日 12月30日


 テサロニケで4世紀の初めに生まれたアニシアは、両親の残した財産を貧しい人々のために使いながら、祈りの生活をしていた。
 ある日信者達の集まりに出かける途中一人の軍人が話しかけてきた。彼はアニシアが信者だということを見抜いて、彼女を強引に異教の神殿へ連れて行き、供え物をさせようとした。しかしアニシアがかぶっていたヴェールをはぎ取ろうとしたが、彼女はそれも拒んだ。彼は非常に怒り、剣を抜いてアニシアをその場で殺してしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加