カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、10

2016-10-31 02:45:30 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、10

 その後いく日かして、捕えられたあの3人も、長崎におくられてきました。アントニオ神父さまと、京都出身のラザロ、それに、フィリッピン人のルイスです。



 3人とも、”絶対に信仰をすてない”といったために、あのいまわしい水ぜめのごうもんがはじまりました。なんとあくま的なやりかたでしょう。かれら役人は、殺して殉教者をつくるより、ころばして(=信仰をすてさせて)自分たち悪人の仲間をつくりたかったのです。



 さいしょに水のごうもんをうけたのは、アントニオ神父さまとラザロでした。

 アントニオ神父さまのからだは、水ぶくれで、もうはちきれんばかりになりました。

 こうして、やっと口からあのじょうごがはずされると神父さまは、自由になったくちびるを動かして、もう賛美歌をうたいだします。



 しかし、ラザロのほうは、手をあげています。

「そうれみろ、がまんできないだろ、もうここへんで信仰をすてたほうが利口だぞ」と奉行が勝ちほこったようにいいました。でも、奉行はことばを終えることができませんでした。

「とりけし!とりけし!信仰は、ぜったいにすてません!」ラザロの大きな声がひびきました。

「こやつ、役人をなぶるのか!」かんかんに怒った奉行は、もっと、もっとひどくかれを苦しめるようにと命じたのです。



 つぎは、フィリッピン人のルイスの番です。

「わたしは宣教帥ではありません。ただ身の危険を感じるところがあって、追っ手をのがれるために日本にわたりました」とかれはいいました。役人は、ほっとしました。

「では、キリシタンでもないな」

「いいえ、キリスト信者です。わたしの国フィリッピンには、妻と、3人の子どもが待っています」とルイス。

「じゃ、会いたいだろ、妻子もひきとってやって、いっしょにくらせるようにしてやってもよいのだぞ、ただそのためには、信仰をすてねばならん」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。