カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

聖ソゾン殉教者

2017-09-08 04:54:59 | 聖人伝
聖ソゾン殉教者         記念日 9月7日


 4世紀の初め頃、タラシオという羊飼いの少年がシチリアに住んでいた。当時は迫害の時代で、信者達の生活は危険であったが、彼は洗礼を受けて名前をソゾンと変えた。ある日、野原で寝ていると、イエズスが夢の中に現れて、信仰の為に死ぬ覚悟をするために、彼が常に羊を守るために使っている武器を捨てて、ただ羊飼いの杖だけ持つように命じられた。
 ソゾンはすぐに町の神殿に行って、その中の黄金の偶像を羊飼いの杖でこなみじんに砕いてしまった。そして、偶像の金の手の一つを細かく分けて貧しい人々に与えた。ちょうどその時、あるキリスト信者たちが捕らえられ、偶像をこわしたと訴えられた。ソゾンは、自分が壊したことを自ら名乗り出た。役人達はソゾンの靴の裏から釘を打ち込んで、そのまま円戯場まで無理に歩かせた。ソゾンの勇気に感心した役人達は、彼を赦してやりたいと思って、群衆のために笛を吹けば釈放すると言った。しかしソゾンは、自分は羊のためには笛を吹いたことはあるが、今は神のためにしか吹きたくないと言って断った。そのため、彼は火あぶりになって殉教した。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖母マリアの御誕生の祝日 ... | トップ | 悪魔が強力になるとき、無力... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖人伝」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。