カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

(ボネ神父伝17)悪霊のわざ

2017-06-19 02:41:22 | ボネ神父様
江藤きみえ『島々の宣教師 ボネ神父』、17

第1部 選ばれた一粒のたね ある宣教師の生いたちと布教

◆4-8、最初の布教地・奄美大島

 このように悪魔もやはり神の権力のしたにあるので、かれらがいかにじゃまをするつもりでも、かえってそれが神のご計画の道具となってしまいます。こうして悪魔までも、その意志とは反対に、救いに利用されているという事実が、ボネ神父さまの宣教のなかには、まだいくつでも伝わっています。その一つとして、かれと仲のよかったある神父さまが、つぎのような話をしてくださいました。

 大島には、ボネ神父さまのほかになお数人の宣教師がおとずれて、熱心に布教をしていましたが、ボネ神父さまの特に親しい友人としてF神父さまが、山一つへだてた向こうの教会で働くこととなりました。

 あるとき、宣教師仲間のJ司祭が過労のため急に病にたおれたので、ボネ神父さまは、F神父さまと交代でかれにご聖体をさずけに行っていました。かれの番だったある金曜日の朝、神父さまは、山の上でひょっこりF神父さまに出あったのです。F神父さまは、いつものようにまっすぐかれをみませんでしたが、たった今、自分がJ司祭にご聖体をさずけてきたところだ、といいました。そしてずるそうなほほえみを浮べると、暑いから帰っていっしょにビールでも飲もうではないか、と誘ったのです。

 しかし、心のやさしいボネ神父さまは、「せっかくここまできたから」といって断り、こんどは病人をなぐさめるために、汗をふきふき山をおりてJ司祭の家にゆきました。しかし不思議なことに、J神父さまは、だれも、司祭はたずねてこなかったといったのです。このときボネ神父さまは、ハッと気がついて、山の上で出あったF神父さまは、悪魔のしわざだったとさとりました。

 この事件によって、みえない世界の現実を、まざまざと感じたかれの心は、火のように燃えあがり、宣教への熱望はいっそう高まってゆくばかりでした。

 また、ある時は、家のなかに始終小石がふってきて悩まされるからと、未信者の家から祈りを頼まれたこともありました。神父さまがその家に行ってみると、さすがにそのときは悪魔もいたずらをしませんでしたが、どこからともなく降ってくるというその石は、たくさん家のなかにおちていました。神父さまは、この家に十字架を置いて帰りましたが、それきり、この不思議な現象はとまり、その家族みな、まことの神を信ずるようになりました。

 しかし、まだボネ神父さまの前には、大きな問題がのこっています。それは、迷信と、まことの信仰との区別をあきらかにすることです。



是非、フェイスブックのカトリックグループにもお越しください。当該グループには、このブログの少なくとも倍の良質な定期投稿があります。ここと異なり、連載が途切れることもありません。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖ロムアルド大修道院長  ... | トップ | 御聖体のありがたさ   聖ジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。