カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、7

2016-10-31 02:47:46 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、7

 「へっへっへ!」とつぜん笑いだしたものがありました。

 「そんなばかなことがあるものか、もうちょっとりこうになりたいなら、そんなインチキのフィデス(=信仰)はすてたほうがよいぞ、でないと、いまにひどい目にあうからな」

 おや、ラテン語で話しかけたぞ?ミゲル神父さまは、きっと顔をあげて声の主をみました。ごうもんに負けて信仰をすてたトマス・アラキという神父です。ミゲル神父さまは、かれをま正面から射るようにみつめて、いいかえしました。

 「そのラテン語は正しい。だが、あなたが今いったのは、あくまのことばだ」

 うらぎりものは、はずかしげに顔をあからめて、目を伏せました。

◆ 水ぜめのごうもん

 3人は、あらあらしくひきたおされ、十重二十重となわをかけられました。役人は、かれらの口をこじあけ、大きなじょうごをさしこむと、ようしゃなく水を注ぎこんだのです。

「ぷうー こほん こほん……」

 せくやら むせるやら、もう息ができません。まっさおになって、気を失いかけているのをみると、こんなに、らく死なせてなるものかとばかりに、水をやめ、水でふくれたお腹のうえに板をのせました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。