カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、23

2016-10-31 01:58:35 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、23

***

 この16名の殉教者は、マニラで教皇ヨハネ・パウロ2世によって、列福式がおこなわれ、今度は長崎において・教皇の司式される荘厳なミサをもって祝われることになりました。こうして、かれらは日本の教会だけでなく、全世界に、すばらしいまことの英雄として紹介されるのです。どうぞ、しはし、心の耳をすましてください。

 かれら殉教者の血は、いまの信者にも、こうよびかけています、

「これからも、たとえどんな恐ろしい苦しみを耐えしのばねばならなくなっても、キリストさまのため、けっしていのちを惜しんではなりません」と。

 もしかしたら、その苦しみは、外だけでなく、心のなかに生じるかもわかりません。人の目に見えなくても、この苦しみは、あるばあいは、水のごうもん、火のごうもんにもまさるかもしれません。だから、キリスト者であるかぎり、いつも愛のために勇ましく戦うことをやめてはならないのです。

「わたしは、世に勝った」とキリストさまがおおせられました。キリストさまのためにいのちをささげる人も、キリストさまのこの勝利にあずかるようになります。

 この16名の殉教者の典礼祝日は、聖トマス西と15殉教者という名義で9月28日、祝日としておこなうことになりました。ミサ典礼文は、週日ミサの友の下巻(1308-1315ページ)にあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の国土   (聖フラン... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。