カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

レビ記 5章

2016-10-14 08:27:27 | 聖書日英比較
聖書を読み進めるためのコーナーです。日英対訳の形にしたいと思います。日本語は新共同訳、英語箇所はNew American Bible(米国のカトリック聖書。教皇庁のサイトにも全文掲載)を使っています。問題点が指摘されている最近の改訂版ではありません。Douay Rheims Bibleを使うことも考えましたが、諸般の事情により、こちらの方がよさそうだと私は思いました。

また、日本語箇所に「口語訳」という表記が各行に出ていますが、掲載した文章は新共同訳です。聖書検索エンジンを使うと、新共同訳で検索しても口語訳へのリンクが自動で貼られます。数が多すぎて、削除するのが大変だったので、そのままにしています。



Leviticus

Chapter 5

1

"If any person refuses to give the information which, as a witness of something he has seen or learned, he has been adjured to give, and thus commits a sin and has guilt to bear;

2

or if someone, without being aware of it, touches any unclean thing, as the carcass of an unclean wild animal, or that of an unclean domestic animal, or that of an unclean swarming creature, and thus becomes unclean and guilty;

3

or if someone, without being aware of it, touches some human uncleanness, whatever kind of uncleanness this may be, and then recognizes his guilt;

4

or if someone, without being aware of it, rashly utters an oath to do good or evil, such as men are accustomed to utter rashly, and then recognizes that he is guilty of such an oath;

5

then whoever is guilty in any of these cases shall confess the sin he has incurred,

6

and as his sin offering for the sin he has committed he shall bring to the LORD a female animal from the flock, a ewe lamb or a she-goat. The priest shall then make atonement for his sin.

7

"If, however, he cannot afford an animal of the flock, he shall bring to the LORD as the sin offering for his sin two turtledoves or two pigeons, one for a sin offering and the other for a holocaust.

8

He shall bring them to the priest, who shall offer the one for the sin offering first. Snapping its head loose at the neck, yet without breaking it off completely,

9

he shall sprinkle some of the blood of the sin offering against the side of the altar. The rest of the blood shall be squeezed out against the base of the altar. Such is the offering for sin.

10

The other bird shall be offered as a holocaust in the usual way. Thus the priest shall make atonement for the sin the man committed, and it will be forgiven.

11

"If he is unable to afford even two turtledoves or two pigeons, he shall present as a sin offering for his sin one tenth of an ephah of fine flour. He shall not put oil or frankincense on it, because it is a sin offering.

12

When he has brought it to the priest, the latter shall take a handful of this flour as a token offering, and this he shall burn as a sin offering on the altar with the other oblations of the LORD.

13

Thus the priest shall make atonement for the sin that the man committed in any of the above cases, and it will be forgiven. The rest of the flour, like the cereal offerings, shall belong to the priest."

14

The LORD said to Moses,

15

1 "If someone commits a sin by inadvertently cheating in the LORD'S sacred dues, he shall bring to the LORD as his guilt offering an unblemished ram from the flock, valued at two silver shekels according to the standard of the sanctuary shekel.

16

He shall also restore what he has sinfully withheld from the sanctuary, adding to it a fifth of its value. This is to be given to the priest, who shall then make atonement for him with the guilt-offering ram, and he will be forgiven.

17

2 "If someone, without being aware of it, commits such a sin by doing one of the things which are forbidden by some commandment of the LORD, that he incurs guilt for which he must answer,

18

he shall bring as a guilt offering to the priest an unblemished ram of the flock of the established value. The priest shall then make atonement for the fault which was unwittingly committed, and it will be forgiven.

19

Such is the offering for guilt; the penalty of the guilt must be paid to the LORD."

20

The LORD said to Moses,

21

"If someone commits a sin of dishonesty against the LORD by denying his neighbor a deposit or a pledge for a stolen article, or by otherwise retaining his neighbor's goods unjustly,

22

or if, having found a lost article, he denies the fact and swears falsely about it with any of the sinful oaths that men make in such cases,

23

he shall therefore, since he has incurred guilt by his sin, restore the thing that was stolen or unjustly retained by him or the deposit left with him or the lost article he found

24

or whatever else he swore falsely about; on the day of his guilt offering he shall make full restitution of the thing itself, and in addition, give the owner one fifth of its value.

25

As his guilt offering he shall bring to the LORD an unblemished ram of the flock of the established value. When he has presented this as his guilt offering to the priest,

26

the latter shall make atonement for him before the LORD, and he will be forgiven whatever guilt he may have incurred."


1:レビ記/ 05章 01節
だれかが罪を犯すなら、すなわち、見たり、聞いたりした事実を証言しうるのに、呪いの声を聞きながらも、なおそれを告げずにいる者は、罰を負う。
口語訳
2:レビ記/ 05章 02節
汚れた野獣、家畜、爬虫類の死骸など汚れたものに気づかずに触れるならば、その人は汚れ、責めを負う。
口語訳
3:レビ記/ 05章 03節
いかなる種類の汚れであれ、人体から生じる汚れに気づかずに触れるならば、それを知るようになったとき、責めを負う。
口語訳
4:レビ記/ 05章 04節
悪いことについてであれ、善いことについてであれ、どのような事柄についてであっても、軽はずみな誓いが立てられるようなことに関して、軽はずみな誓いを立てたならば、それを知るようになったとき、責めを負う。以上のいずれかに関して、
口語訳
5:レビ記/ 05章 05節
責めを負うときには、彼はその罪を犯したことを告白し、
口語訳
6:レビ記/ 05章 06節
犯した罪の代償として、群れのうちから雌羊または雌山羊を取り、贖罪の献げ物として主にささげる。祭司は彼のためにその犯した罪を贖う儀式を行う。
口語訳
7:レビ記/ 05章 07節
貧しくて羊や山羊に手が届かない場合、犯した罪の代償として二羽の山鳩または二羽の家鳩、すなわち一羽を贖罪の献げ物として、もう一羽を焼き尽くす献げ物として、主にささげる。
口語訳
8:レビ記/ 05章 08節
彼がそれを祭司のもとに携えて行くと、祭司は初めに贖罪の献げ物の鳩を祭壇にささげる。まずその首をひねり、胴から離さずにおく。
口語訳
9:レビ記/ 05章 09節
次に、贖罪の献げ物の血を祭壇の側面に振りまき、残りの血を祭壇の基に絞り出す。これが贖罪の献げ物である。
口語訳
10:レビ記/ 05章 10節
次いで、もう一羽の鳩を焼き尽くす献げ物として規定に従ってささげる。祭司が、こうしてその人のために犯した罪を贖う儀式を行うと、彼の罪は赦される。
口語訳
11:レビ記/ 05章 11節
貧しくて二羽の山鳩にも二羽の家鳩にも手が届かない場合は、犯した罪のために献げ物として小麦粉十分の一エファを携えて行き、贖罪の献げ物とする。それにオリーブ油を注いだり、乳香を載せたりしてはならない。それは贖罪の献げ物だからである。
口語訳
12:レビ記/ 05章 12節
彼がそれを祭司のもとに携えて行くと、祭司はその中からしるしとして一つかみ取り、祭壇で燃やして主にささげる献げ物に載せて、燃やして煙にする。これが贖罪の献げ物である。
口語訳
13:レビ記/ 05章 13節
だれかが罪を犯した場合、以上のいずれかに従って、祭司が彼のために罪を贖う儀式を行うと、彼の罪は赦される。残りは穀物の献げ物の場合と同じく、祭司のものである。
口語訳
14:レビ記/ 05章 14節
主はモーセに仰せになった。
口語訳
15:レビ記/ 05章 15節
主にささげるべき奉納物のどれかを過ってささげず、主を欺いて罪を犯した場合、その償いとして、聖所で定められた支払額に相当する無傷の雄羊を群れから取って、主にささげ、賠償の献げ物とする。
口語訳
16:レビ記/ 05章 16節
彼はささげるのを怠った奉納物に五分の一の割り増し分を加えて祭司に渡す。祭司がその賠償の献げ物の雄羊をもって彼のために罪を贖う儀式を行うと、彼の罪は赦される。
口語訳
17:レビ記/ 05章 17節
過ちを犯し、禁じられている主の戒めを一つでも破った場合、それを知らなくても、責めを負い、罰を負う。
口語訳
18:レビ記/ 05章 18節
彼は、相当額の無傷の雄羊を群れから取り、祭司のところに引いて行き、賠償の献げ物とする。祭司が彼のために、彼が過って犯した過失を贖う儀式を行うと、彼の罪は赦される。
口語訳
19:レビ記/ 05章 19節
これが賠償の献げ物である。彼は主に対して賠償の責めを負っていたからである。
口語訳
20:レビ記/ 05章 20節
主はモーセに仰せになった。

21:レビ記/ 05章 21節
主を欺き、友人を偽る罪を犯した場合、すなわち預り物、共同出資品、盗品を着服または横領し、
口語訳
22:レビ記/ 05章 22節
あるいは紛失物を着服しておきながら、その事実を偽り、人たるものがそれをしたら罪となりうることの一つについて偽り誓うなら、
口語訳
23:レビ記/ 05章 23節
すなわちこのような罪を犯すならば、彼はその責めを負い、その盗品、横領品、共同出資品、紛失物、
口語訳
24:レビ記/ 05章 24節
あるいは、その他彼が偽り誓ったものが何であれ、すべて返さねばならない。彼はそれを完全に賠償し、おのおのの場合につき五分の一を追加する。責めを負うときは、一日も早く所有者に支払わねばならない。
口語訳
25:レビ記/ 05章 25節
それから彼は償いとして、相当額の無傷の雄羊を群れから取って、主にささげ賠償の献げ物とする。
口語訳
26:レビ記/ 05章 26節
祭司が彼のために主の御前で罪を贖う儀式を行うと、責めを負ったすべてのことに赦しが与えられる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レビ記 4章 | トップ |  秋田の聖母  1973年10月13日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。