カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

『ばらの聖女 ヴィテルボの聖ローザ』企画:デルコル神父、文:江藤きみえ

2017-05-03 23:09:53 | ヴィテルボの聖ローザ
『ばらの聖女 ヴィテルボの聖ローザ』企画:デルコル神父、文:江藤きみえ

 わたしの魂は、主をあがめ、わたしの精神は、救い主である神により、よろこびおどりました。主が、いやしいはしためにおん目をとめられたからです。これからのち代々の人々は、わたしをさいわいなひとと呼ぶことでしょう。  ルカ 1:46-48

 聖女ローザは、いま天国で、マリアのことばをくりかえし、感謝と愛にみちて、神をほめたたえます。

◆ ヴィテルボの聖女ローザ

 750年も遠い昔のこと、中央イタリアのヴィテルボの町に、信仰ぶかい夫婦が住んでいました。貧乏でも、心は神への感謝でいっぱい、とても豊かな日々でした。ただ、子どものいないのが悲しくて、朝夕、神に長い祈りをささげました、「ああ、天のおとうさま、わたしたちに子を与えてくださいませ」

 祈りは、ついに聞きいられて、1235年3月6日、玉のような女の子が生まれ、家には、天国のよろこびがあふれます。それは、日曜日、当時の典礼ではばらの主日といわれるその日曜日に、子どもに洗礼をさずけてもらい、ローザ「ばら」とその名を叫びました。

 なんと、かわいくて、やさしい子どもでしょう! 娘は両親のなぐさめ、小さな鳩も、2つか3つの幼ないローザと遊びます。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霊魂が体を得るとき   聖... | トップ | 聖十字架発見の記念  Festu... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヴィテルボの聖ローザ」カテゴリの最新記事