カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父 江藤きみえ訳『十六のかんむり 長崎十六殉教者』

2016-10-31 03:00:59 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父 江藤きみえ訳『十六のかんむり 長崎十六殉教者』

 そのころは、まだ日本が外国とゆききしていました。もちろん小さな船ですが、それでも、ちゃんと手紙はとどいたものです。

 ある日、マニラのドミニコ会という修道会の管区長さまのもとに日本から手紙がつきました、日本文字の巻紙式の手紙をさっそくほんやくすると、「管区長さま、いま、わたしたちは、たいへんな迫害のあらしのなかにいます。どうぞ、バテレン(=神父さま)を送ってください。自分のカだけでは、信仰を守れるかどうかあやぶまれ、とても危険です。なにとぞ、お力ぞえのほどねがい申しあげます」と書いてよこしたのです。これは、日本の信者が必死の思いでかいて、こっそりと、たいへんな苦労をかさねて送った手紙だったのです。

 管区長さまのまえに3人の神父さまが、ひざまずいています。死を覚悟した人の真剣な表情で管区長さまのことばをきいています。聖トマス学院の院長アントニオ神父さま(スペイン人)、おなじ学院の教授トマス神父さま(フランス人)、ミゲル神父きま(スペイン人)です。

 もちろん管区長さまは、あの手紙にかかれた日本の信者のねがいに答えるために呼んだのです。手紙をみせてから管区長さまは、目に涙をうかべてただひとこと、「行ってくれ.ますか」とだけいいました。でも、この3人の神父さまがよろこんで承知することをちゃんと知っていました。なぜなら、この3人は、日本の宣教師になるためにこそ、このフィリッピンに来ていたからです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父 ... | トップ | 聖トマス小崎の遺書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事