カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

聖ハインリッヒ皇帝    St. Henry 

2017-07-14 23:25:56 | 聖人伝
聖ハインリッヒ皇帝    St. Henry       記念日 7月13日


 ハインリッヒはドイツのレーゲンスブルク市で、972年に生まれ、幼い時から同市の司教、聖ウォルフガングから王侯の義務、権限、謙遜、神への畏敬などを学んだ。

 1002年、いとこのドイツ皇帝オットー3世のあとを継いで皇帝となり、教会の改革に力を尽くした。
 教会法を守らせるために、司教会議を召集したり、ドイツ全土のあちらこちらに聖堂や修道院を建て、多数の聖堂に多大の寄付をした。また、大きな仕事の一つは、ストラスブール、ヒルデスハイム、マグデブルグ、メールスブルクなどに司教区を再興したことであった。
 ミアスブルグの司教区はスラブの侵入者たちにひどく荒らされたが、ハインリッヒは彼等に聖なる戦いをいどみ、各兵士に戦争に行く前に御聖体拝領をするように勧めた。その戦いは勝利を得て、教区は元通りになった。
 後に、ハンベルクの新教区に立派なカテドラルを建てて、1024年にドイツのゲッティゲンの近くで帰天した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11-2 ストーンヘンジの謎 | トップ | 聖カミロ・レリス司祭   ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。