カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父 江藤きみえ訳『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、2

2016-10-31 03:00:12 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父 江藤きみえ訳『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、2

 3人は、もうすでに日本語の勉強をはじめていました。でも、話して通じるのは、まだミゲル神父さまひとりだけです。

 さいわい、マニラには、ただひとりだけ日本人の神父さまがいました。長崎生まれのかれが、どうしてここにいたかを、まず話しましょう。

 この神父さまのひじょうに信仰心のあつい両親は、7名の子どもの末っ子として生まれたかれを、神にささげました。かしこいかれは、11才で浦上のセミナリオ(小神学校)に入学し、のちにマカオに留学しました。でも日本に帰ったときは、迫害のまっさいちゅうです。かれは、やっと役人の手をのがれて、マニラににげ帰ると、ここで神父さまになりました。

 学問にひいでていたかれは、そのとき、日本人神学校で教えていたのでした。この日本人神学生たちは、日本に帰ったら死ぬ運命にあります。なんときびしい道でしょう。それで、かれのはげましは、とても貴重でした。

 そんなかれに、あの3人の宣教師がさそいをかけました、「いのちが危険にさらされるのですから、とてもいいにくいが、もしあなたが、いっしょに日本にきてくださるなら,どんなに助かるかわかりません」と。かれは、そのとき静かに画をかいていました。血なまぐさし、日本にくらべるなら、ここは、なんと平和でしょう。

 でも、筆をおくと、かれは、にっこりほおえんで、明るい声で答えました。

 「よろこんで、おともします。もちろん、天国にもですよ」と。

 まず第一にかれがしたことは、イエズス会からドミニコ合にうつったことです。ルイス(=アロイジオ)塩塚とよばれるこの人は、修道名をこのときから、クルスのヴィセンテ(十字架のヴィンセンシオ)と名のりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。