カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、4

2016-10-31 02:53:42 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、4

 中国人を父に、フィリッピン人を母にもつロレンソ・ルイスは、熱心な信者でしたが、スペイン人からけいべつされていました。そうしたある日、ふとしたことから、身分の高いスペイン人との、いざこざがあって、身の危険を感じました。こうなったら、外国に逃亡するしか道はありません。かれは、妻にいいました、

 「ねえ、おねがいだから、覚悟しておくれ。わたしは、日本に行く、さびしいだろうが、つらいだろうが、マリアさまもおん子イエズスと別れねばならなかったのだよ」

 「ああ、どうして、あなたのいらっしゃらない日々を過ごせましょう。どうぞ、わたしたちもお連れください。どんな、ひどいこともがまんします」

 「とんでもない、そんなことをしたら、人目について、すぐつかまってしまうよ」そういって、かれは、涙をふりはらって家を出ると、宣教師のところにかけつけました。ちょうど日本行きの船にのりこもうとしていたそのときに。

 「わたしは、スペイン人に追われています。ここにいたら、みつけ出されしだい殺されてしまいます。どうぞ、わたしを下男として、おともに加えてください」

 かれの願いは、すぐききいれられ、ついに1636年6月10日、小さな商船にのりこむことができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事