カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、6

2016-10-31 02:50:19 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、6

 信者たちが、こっそりと集まって、ミサにあずかり、告白をし、ご聖体のなかに、いつくしみあふれるイエズスをいただいているそのときでした、このはなれ島の小さなバラック建ての聖堂のなかに、いきなり土足でふみこんできたものがいます。やりや、かたなや、あらなわを持った役人たちです。

 息つくひまもありません。たちまち、6名がしばりあげられてしまいました。

 そのなかの3人は、長崎に連行されると、奉行所の白州のうえに、ひきすえられ、ただちに尋問がはじまります。

役人「なぜ日本にきたのか?」」

宣教師「わたしたちが日本にきたのは、ただ、人類の救いキリストを日本人に知らせるためだけです」

役人「おまえたちは、禁令が出ているのを知らないのか?来てはならぬ。来るものは、ようしゃなく死刑にすると、かたく申しわたしておいたはずだぞ」

宣教師「おことばをかえすようですが、わたしたちは人間の命令よりも、神の命令に従います。神のおん子キリストが、地のはてまで行って、救いの道である福音をすべての人にのべよと、お命じになったのです」

******

 キリストは、天におのぼりになるとき、はっきりと宣言されました、「わたしには、天と地とのいっさいの権力があたえられている。だから、あなたたちは、すべての国にでしをつくりにいき、父と子と聖霊のみ名によって洗礼をさずけ、わたしがあなたたちに命じたことを、すべて守るように教えよ。わたしは、世のおわりまであなたたちとともにいる」(マタイによる福音書26・18-20)と。したがって、キリストのこの命令の実現をさまたげるなら、いかなる権力者いえども、神の権利にそむく大犯罪を犯すことになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事